近接覚センサーにより指先で考えるロボットハンドを実現、Thinkerが1.4億円をシリーズA追加調達——新型モデルの製品化を加速

SHARE:

近接覚センサー技術を用いたロボットハンドの開発を行う Thinker は28日、シリーズ A ラウンドで1.4億円を調達したと発表した。

このラウンドにはフューチャーベンチャーキャピタル、サンエイト インベストメント、京信ソーシャルキャピタル、りそなキャピタルが参加した。今回の調達を受けて、シリーズ A ラウンドとしては2023年9月の調達とあわせて総額3.7億円に達し、Thinker の累積調達額は4.7億円に達した。

Thinker は2022年8月に創業。大阪大学大学院基礎工学研究科の小山佳祐助教(同社取締役)が開発した「近接覚センサー」の販売や、同製品を活用したソリューション提案を行っている。

「近接覚センサー TK-01」は、カメラを用いることなく、非接触かつ高速に物体の位置と形を認知することができる技術。赤外線の拡散発光とそれを受光する仕組みを利用しており、従来の画像技術や光センサーでは困難だった物体の検知を可能にしている。鏡面や透明物質の取り扱いや、現場環境に応じた臨機応変なピックアップを可能にすることで、ロボットハンド活用領域の大幅な拡大を実現する。

また、ロボットティーチング(ロボットに作業を教え込む工程)の簡易化にも貢献し、現場作業員の運用作業負担を軽減する。

同社が開発を進める新型ロボットハンド「Think Hand F」は、この「近接覚センサーTK-01」と「フローティング機構」を搭載した次世代型のロボットハンドである。「フローティング機構」は、対象物とロボットハンドの縦方向、横方向の位置のギャップを埋めるために、ばねを介して力を吸収する機構のことで、これらの技術により、指の関節を柔軟に保ちながら、対象物に合わせて形を変えて掴むことが可能になるという。

今回の調達を受けて Thinker は、技術人材の採用と近接覚センサーの更なる性能向上に注力し、新型ロボットハンド「Think Hand F」の製品化と市場拡大を加速させるとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録