AI ガールフレンドの MyShell が目指す「生成 AI + トークン報酬モデル」ーー新たなクリエイター経済のゆくえ

SHARE:

テキストベースのチャットボットや「AI ガールフレンド」を作成できる生成 AI プラットフォームが1,600万ドル以上の価値があると考える投資家はいるだろうか。MyShell の投資家はそう考えているようだ。同社は、Dragonfly、Delphi Ventures、Bankless Ventures、Maven11 Capital、Nascent、Nomad Capital、OKX Ventures から1,100万ドルのプレシリーズ A ラウンドを発表したばかりだ。昨年の560万ドルのプレシードに続くもので、これまでの調達総額は1,660万ドルに達した。

シンガポールと東京にクリエイターを抱える MyShell は昨年ステルス状態から登場した。AI キャラクターとユーザー生成型ボット作成プラットフォームや、2024年初頭に発表されたオープンソースの音声クローンモデル OpenVoice で最もよく知られているかもしれない。 このプラットフォームはウェブでアクセスできるが、ユーザーは DiscordTelegram でも MyShell のチャットボットと対話できる。

ユーザーは、MyShell の開発者や他のユーザーが作成したボットとテキスト、音声、アニメーション動画でチャットすることも、自分でボットを作成し、対話の基盤となる AI モデルを選択することもできる。

VentureBeat とのビデオ通話インタビューで、MyShell の CEO 兼共同設立者の Ethan Sun (イーサン・サン) 氏は、「MyShell を始めたのは、様々な AI 基盤モデルのオープンな開発を本当に推進したいと考えたからだ」と述べた。

現在、MyShell は OpenAI の GPT-3.5/4を API 経由でサポートしている (ユーザーが OpenAI に支払うのではなく、MyShell が支払う)。また、独自の MyShell LLM または「ShellLLM」もサポートしている。同社によると、これは「小説、映画、アニメ、テレビ番組の膨大な非公開データを使用してトレーニングされ、ロールプレイ体験をより人間的なものにする」という。

ある意味、MyShell は Character AIOpenAI の GPT BuilderGPT Store に似ている。ユニークで独特の「パーソナリティ」、アイデンティティ、応答スタイル、専門分野を持つ AI チャットボットを構築するための自然言語による簡単な方法を提供し、チャットボットの作成者がチャットボットを世界と共有する方法と、ユーザーがそれらにアクセスして対話する方法を提供している。

内部で動作する暗号プレイ

他の AI ボット作成プラットフォームとは異なり、MyShell は独自のブロックチェーンベースの暗号通貨 Shell Coin と $SHELL トークンも発行している。将来的には、プレミアム機能へのアクセスや、ユーザー生成型 AI ボットの作成者への報酬として受け入れられる予定だ。

MyShell でボットや AI キャラクターを作成するには、https://app.myshell.ai/ でプラットフォームにサインアップし、「Workshop」タブをクリックして指示に従い、フォームやフィールドに入力してカスタム AI チャットボットを作成する。MyShell は、新しいチャットボットのクリエイターを奨励するためにトークンを報酬として提供している。

Sun 氏は、MyShell が最もエンゲージメントの高いボットのクリエイターに追加のトークンという形でインセンティブを提供する計画もあると述べた。これは、カスタム GPT のビルダーに収益分配プログラムを約束した OpenAI の GPT Store からヒントを得たものだが、その計画はまだ実現していない。

MyShell は、主に3つの収入源から収益を生み出す計画だ。クリエイターに MyShell 製チャットボットのプロモーションを主要ランディングページで行うために実際の法定通貨を請求すること、大量使用に対してユーザーにサブスクリプションを請求すること、人気の AI チャットボットに自身のトークンを投資したいユーザーに手数料を請求することだ。

AI ガールフレンド、著作権で保護されたキャラクター、生産性アプリ

これまでのところ、同社は「AI ガールフレンド」の作成を推奨しており、『ブレイキング・バッド』 のウォルター・ホワイトや 『リック・アンド・モーティ』 のリック・サンチェスなどの著作権で保護されたポップカルチャーのキャラクターをベースにしたユーザー生成チャットボットも多数ホストしている。これらのキャラクターは、テキスト、アニメーション動画、音声でユーザーとチャットできる。

実際、同社の創業者が作成した最初の MyShell AI チャットボットは「Samantha」と呼ばれ、チャットアプリケーション Telegram 用に設計されたもので、MyShell によると「2013年の映画 『Her』 の AI アシスタント Samantha に敬意を表している」という。

AI ガールフレンドやパートナーに焦点を当てていることや、そのようなプロモーションが多くのユーザーに性差別的または非人間的に読まれる可能性があることについて尋ねられた Sun 氏は、VentureBeat に対し、「キャラクターは、ユーザーがアクセスして構築できる一般的な AI アプリケーションのサブセットの1つに過ぎない」と述べ、同社がユーザーに NSFW トグルを提供して、プラットフォームでやり取りしても問題ないと感じるコンテンツを許可していると指摘した。

MyShell は、ウェブアプリでも、翻訳、心理療法、ロゴデザイン、履歴書の批評と執筆、コーディング、占いとタロット、その他多数のユーザー生成チャットボットを紹介している。

すでに MyShell は100万人以上の登録ユーザーと5万人の「クリエイター」(同社のプラットフォームで AI ボットを構築する人々) を抱えている。

新たな資金調達ラウンドにより、同社は「オープンソースの基盤モデルの開発にリソースを投入し、AI クリエイターの力を引き出し、真に民主的な AI クリエイタープラットフォームを育成し、オープンソースコミュニティをさらにサポートする」予定だと、VentureBeat に事前に送られたプレスリリースで述べている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録