BRIDGE

タグ App Annie

過去10年のアプリ&ゲームトップ10ランキングを振り返る【App Annie調べ】

SHARE:

過去10年でモバイルアプリおよびゲーム部門は非常に大きく成長し、それと並行してモバイル市場データ分析企業「App Annie」はこうしたデータを幅広く収集してきた。 同社は10年で最もユーザー課金額の多いモバイルアプリとして「Netflix」、ゲーム部門では「Clash of Clans」を選出した。最もダウンロード数の多いモバイルアプリは「Facebook」で、ゲーム部門では「Subway Su…

clash-of-clans
Above: Mobile hit Clash of Clans.
Image Credit: Supercell

過去10年でモバイルアプリおよびゲーム部門は非常に大きく成長し、それと並行してモバイル市場データ分析企業「App Annie」はこうしたデータを幅広く収集してきた。

同社は10年で最もユーザー課金額の多いモバイルアプリとして「Netflix」、ゲーム部門では「Clash of Clans」を選出した。最もダウンロード数の多いモバイルアプリは「Facebook」で、ゲーム部門では「Subway Surfers」が選ばれた。

App AnnieのマーケットインサイトディレクターであるAmir Ghodrati氏は、GamesBeatのインタビューに対し、モバイルは過去10年間の私たちの行動と文化の変化の中心にあったとコメントする。

実際、2010年代を通じて、私たちは世界が変化するのを目の当たりにしてきたはずだ。 ホテルを予約する代わりに他の人の家を借りる「Airbnb」、様々なレストランの食事を配達する「Deliveroo」、外出中にコンソールタイプのゲームを遊べる「PUBG Mobile」が登場した。

モバイルはこうした変化の中心であり、ユーザーの手のひらにインターネットサービスへの幅広いアクセス権を提供してきたのだ。

この10年間で最もダウンロードされたアプリを見るとFacebookがダントツだ。ランキング上位を占める「Facebook」「Facebook Messenger」「WhatsApp」「Instagram」と、10年間で最もダウンロードされた4つのアプリを傘下に収めている。

app-annie-decade
Above: Top apps of the decade by download.
Image Credit: App Annie

やはりコミュニケーションおよびソーシャルメディア部門はユーザーのお気に入りだったようだ。この10年間でダウンロード数が上位10のアプリのうち7つを占めている。ユーザー課金額に関して、ビデオストリーミングおよび音楽アプリの上位5つの中には「Netflix」「Pandora Music」「Tencent Video」が入った。また「Tinder」はユーザー課金において過去10年で最も成功した出会い系アプリであり、「Netflix」に追随する形で総合ランキング2位に食い込んだ。

「ゲーミング以外のアプリの場合、これらは間違いなくサブスクリプションモデルで成長してきたものです」とGhodrati氏は指摘する。

「私たちはこうした成長をNetflixの実績に見てきました。ゲーム部門では、仮想グッズを販売するモデルに同じような動きが見られます。 無料で遊べるアプリは全てゲームのモデルとなりました。そして現在、ゲームはApple Arcadeのようなサブスクリプションモデルに徐々に移行しているのです。多くの場合、モバイルアプリとゲームは互いに競合していません。ゲームを遊びたい時もあれば、映画を見たり、音楽を聴きたい時もあるのです」。

app-annie-decade-2
Above: Top apps of the decade by consumer spend.
Image Credit: App Annie

なかでも「Subway Surfers」がインドでの人気を追い風に、過去10年間でダウンロード数の最も多いゲームにまで成長したのは驚きだ。これは、なんと全ダウンロード数の15%以上を占める(iOSとGoogle Playの合計)。

app-annie-decade-3
Above: Top games of the decade by download
Image Credit: App Annie

最もダウンロードされたゲームはそれぞれ異なる会社からリリースされており、成功要因は全く異なる。「 Clash of Clans」と「Candy Crush Saga」はダウンロード数とユーザー課金額リストの両方でトップアプリに表示される極めて稀な例となった。

ちなみに日本の「Monster Strike(モンスト)」「Puzzle&Dragons(パズドラ)」「Fate / Grand Order」は過去10年間のユーザー課金額の上位5つのアプリにランクインしている。これらの傾向からGhodrati氏は「ゲームはイノベーションの最前線にいる傾向がある」とも解説していた。

「パブリッシャー向けアプリを開発する企業は、新しいテクノロジーを多く活用しています。市場が大きくなり、ユーザーがダウンロードを多くし始めると、ゲームアプリはより多くのダウンロードを獲得する最初の領域になったのです。時間が経つにつれ、同じゲームアプリをプレイする市場が異なるという点で、遥かにスケール性が増してくる傾向がありました」。

app-annie-decade-5
Above: Top games of the decade by consumer spend.
Image Credit: App Annie

この10年間はモバイル経済にとって目覚しい成長の時代だった。2019年は前年比でダウンロード数が5%増加し、ユーザー課金額(サードパーティのAndroidを除く)は15%増加している。この成長は2020年も継続するだろう。

実は当初、ご紹介したようなランキングはモバイルアプリの勢いが増した、過去10年のなかでも後半期に登場したアプリによって独占されると考えていた。しかしGhodrati氏が言及したように「Facebook」や「Subway Surfers」のように、10年のうち比較的早い時期に登場したアプリやゲームアプリも多くランクインする結果となったのだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

新経済圏を作る世代“Gen Z”の攻略法とは?

SHARE:

※本記事は提携するVentureBeat「App Annie: How to go after Generation Z」の抄訳になります。原文はこちらから モバイルアプリ市場データ分析企業「App Annie」は29日、ジェネレーションZ世代向けの最適なマーケティング手法に関するレポートを公開した。同社ではジェネレーションZ世代を現段階で25歳以下のユーザーと定義し、同世代にリーチする手法は伝統…

app-annie

※本記事は提携するVentureBeat「App Annie: How to go after Generation Z」の抄訳になります。原文はこちらから

モバイルアプリ市場データ分析企業「App Annie」は29日、ジェネレーションZ世代向けの最適なマーケティング手法に関するレポートを公開した。同社ではジェネレーションZ世代を現段階で25歳以下のユーザーと定義し、同世代にリーチする手法は伝統的なメディアでは発見できないとしている。

企業におけるマーケティング担当者がまず理解すべきなのは、同世代がどのようなモバイル・スマホの利用をしているかという端的かつ統計的な観点だ。以下が、我々が発見したいくつかのジェネレーションZ世代におけるモバイル・スマホ利用における特徴の一部になる。

  • ジェネレーションZ世代は1日当たり3.7時間、いずれかのアプリを利用している(ゲームを除く)
  • “ジェネレーションZ世代”は一括りにできない。国・地域によってバラツキがある。例えば日本では、世界平均よりも2倍近くモバイルゲームに時間を消費する傾向にある

ジェネレーションZ世代は現在、世界で最も多くの割合を占めており、特にモバイルネイティブな世代であることは強調すべきだという。米国におけるデータを見るだけでも、16歳から22歳の人々は年間440億ドルを実費として費やし、おおよそ6,000億ドルの支出に影響を与えていることが判明している。

App Annie CEOのTed Krantz氏は調査レポートにて以下のように語る。

「Gen Zは世界で初めてモバイルネイティブな環境で育った世代です。彼らは既に米国だけでも6,000億ドルもの消費活動に影響を与える力を持っています。つまり、時代の中心がGen Zへと変化を遂げようとしており、彼らを中心に捉えたモバイルマーケティングが重要となってくることは確かでしょう」

先進的的なブランドはジェネレーションZ世代が経済の中心に添えられる契機を見据え、今その伏線を張っているといえる。しかし同世代は未だ多くが学生世代。アプローチする手段は少ないブルーオーシャン状態ともいえる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

アプリ市場データと分析ツールのApp Annie、シリーズEラウンドで6,300万米ドルを調達

SHARE:

本日(原文掲載日:1月14日)夜、情報分析スタートアップの App Annie は6,300万米ドルの新たな資金調達を明らかにした。これは同社にとって過去最大の調達である。 今回の資金は100%VC投資ではない。App Annie によると、「株式と債券のファイナンス」の混合ということが、その大部分はVC投資である。App Annie は、過去5年間で公開資金を総額1億5,700万米ドルも調達した…

appannie-bertrant-schmitt_at_techtemple
App Annie 共同創業者 Bertrand Schmitt 氏

本日(原文掲載日:1月14日)夜、情報分析スタートアップの App Annie は6,300万米ドルの新たな資金調達を明らかにした。これは同社にとって過去最大の調達である。

今回の資金は100%VC投資ではない。App Annie によると、「株式と債券のファイナンス」の混合ということが、その大部分はVC投資である。App Annie は、過去5年間で公開資金を総額1億5,700万米ドルも調達したことになる。今回のシリーズEラウンドは、新株主である Greenspring Associates がリードし、既存株主である e.Ventures、Greycroft Partners、Institutional Venture Partners(IVP)、Sequoia Capital も参加している。

App Annie は北京で誕生したスタートアップで、アプリ開発者に、アプリストアでの自社アプリに関する業績分析やインサイトデータを提供している。iOS と Mac対応の Apple AppStore、Google Play、Amazon Appstore、そして Windows Store を対象としている。加えて、新しくApple TV アプリにも対応している。

モバイルファースト

App Annie の共同設立者兼 CEO の Betrand Schmitt 氏は、数ヶ月前に Tech in Asia に次のように語っている。

18ヶ月ごとに、当社はまるで別会社になっていくような感じでした。チームの規模やオフィスの数が急速に成長したからです。

「アプリがウェブを侵食しているのは明らかです」と同氏は本日の声明で述べている。このような背景があるからこそ、同社は「なくてはならないデータとインサイト」を提供することによってグローバルなアプリ経済と共に成長している、と。

アジアのモバイルブームが世界を支配しようとしているのは明らかで、同社の世界規模ビジネスの1/3以上はアジア太平洋市場であると、代表者は Tech in Asia に話した。App Annie が昨年新たなアジア本社をシンガポールに設立したのはこのような理由からだ。その結果、App Annieのアジア拠点にいる従業員数は昨年倍増した。

同社は世界15ヶ所のオフィスに425名の従業員がいる。現在、モバイルアプリのトップパブリッシャー100社のうち94社が彼らのサービスを利用しているという。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

App AnnieがMobidiaを買収、Usage Intelligenceアプリのグローバル展開を加速

SHARE:

アプリ分析およびデータ企業App Annieが今日、モバイル調査の大手Mobidiaを買収したことを発表した。同社の声明によれば、この買収で、2社が持つ大規模なアプリ利用データが組み合わさることにより、App AnnieのUsage Intelligenceの国際的拡大が促進され、世界中にいる20億のスマートフォンユーザの動向が把握できるようになるという。 2004年に設立したMobidiaは、モ…

Usage_demo-only

アプリ分析およびデータ企業App Annieが今日、モバイル調査の大手Mobidiaを買収したことを発表した。同社の声明によれば、この買収で、2社が持つ大規模なアプリ利用データが組み合わさることにより、App AnnieのUsage Intelligenceの国際的拡大が促進され、世界中にいる20億のスマートフォンユーザの動向が把握できるようになるという。

2004年に設立したMobidiaは、モバイル分析や測定基準プラットフォームを提供しており、顧客はモバイルの利用傾向に対し独自の見解を持つことができ、アプリの発見やお勧め、モバイル広告の改善をも図ることができる。同スタートアップは過去6つの投資ラウンドで1610万米ドルを受け取っている。

今回の取引は現金と株式で数日前に完了したとTechNodeは把握している。30人から成るMobidiaのチームはApp Annieに加わり、Mobidiaのバンクーバー本社はApp Annieカナダとして12番目のグローバルオフィスになる予定だ。

「Mobidia利用者には今回の発表後eメールで買収に関する通知が届きます。その後数日から数週間で、App Annieは移行をスムーズに行うため、彼らと密接に連携していきます」とApp Annieの中国圏ディレクターBin Dai氏は語った。

本日のニュースと同時に、同社は、利用状況アプリUsage IntelligenceがiOS及びAndroidで60ヶ国で利用可能になることも発表した。「アジア太平洋地域の大部分で新たに利用できるようになります。データは中国、日本、韓国、インドそしてシンガポールやマレーシア、インドネシア、フィリピン、タイなどの一部の東南アジアをカバーします。BRIC諸国は依然として目覚ましい成長を遂げていますが、その他の新興成長市場においては、東南アジア、トルコ、ベトナム、メキシコが急成長しており、注目に値します。Usage Intelligenceはこれら全ての国々で利用可能です」とBin Dai氏は述べた。

App Annieは1月にAudience Intelligenceの一部としてUsage Intelligenceのベータ版をローンチし、アプリ開発者が競合相手の生きた統計データを探ることができるようになった。アクティブユーザ、アプリ使用にかける時間、使用頻度などのデータだ。「Usage Intelligenceのポテンシャル、利用価値が利用者によく認知されています」とBin Dai氏は語る。また、Usage Intelligenceが好評のため、というのがApp AnnieのMobidia買収の第一の理由だとも述べている。Mobidiaのもたらす10万以上のアプリの利用データと分析結果を合わせ、より多くの国でサービスを利用できるようにする目的だ。

「Mobidiaの買収によって、業界最大手の2大モバイルアプリ利用データを1つの製品にするという、類を見ない機会を得ました。モバイル業界で培われてきた、最も詳細で正確なアプリ利用状況を把握することができるようになります。これは利用者にとって価値のあるものになるでしょう」とBin Dai氏は述べた。

App Annieは、今やその利用者がアプリストア全体の収益の半数近くを生み出しており、ここ1年間で非常に急激な成長を遂げている。近年の注目すべき出来事としては、今年初めにシリーズD投資ラウンドにて5500万米ドルもの出資を受けたこと、また2014年5月に大手競合のDistimoを買収したことが挙げられる。迅速な海外進出により、App Annieは昨年社員を2倍の300名に増やし、収益を3倍に伸ばすことができた。

一方で、世界各地へ展開していくことでチームの統合やコミュニケーションの問題が生じるのではないだろうか。「企業を買収するときは、モバイルアプリへの情熱を共にし、革新的な考えを推し進め、モバイルでビッグなことを起こすことに力を入れられるようなチームを求めています。Mobidiaの買収では、App Annieの文化に合い、随一のモバイル技術を持ち寄ることのできるチームに出会うことができました」とBin Dai氏。

今後の買収計画について、Dai氏はこう述べた。「アプリで世界を変えようとしている人たちにとって必要不可欠な地域全てから、データを集めつなぐために投資していきます。全ての製品、買収がこのミッションを果たしているのです。」

【via Technode】 @technodechina
【原文】

アプリ分析サービス「App Annie」のiOSアプリがiPadに対応

SHARE:

今年の1月にリリースしていたアプリの利用状況を把握するツール「Usage Intelligence(ユーセージ・インテリジェンス)」の正式版をリリースし、モバイルデータ調査会社のMobidiaの買収を発表するなど勢いのあるアプリ分析サービス「App Annie」。 「App Annie」が提供していたiOS版アプリがiPadにも対応したことがProduct Huntで話題になっています。ウェブにア…

app annie

今年の1月にリリースしていたアプリの利用状況を把握するツール「Usage Intelligence(ユーセージ・インテリジェンス)」の正式版をリリースし、モバイルデータ調査会社のMobidiaの買収を発表するなど勢いのあるアプリ分析サービス「App Annie」。

「App Annie」が提供していたiOS版アプリがiPadにも対応したことがProduct Huntで話題になっています。ウェブにアクセスしてデータを閲覧するほうがより詳細にデータを知ることができるとはいえ、手元ですぐにチェックできる状態が整備されるのは良いですね。

アプリ分析への注目度は年々向上しています。ツールが充実し、チェックがしやすくなっていくと、この流れはさらに加速しそうですね。

App Annieが急成長する東南アジアのモバイルゲーム市場を分析したレポートを発表

SHARE:

東南アジアモバイルゲーム市場 2015 – 最新動向レポート 今年に入って、5,500万ドル調達し、アクティブ率が分かる新たな分析機能をリリースするなど、機能の充実を図っているアプリのデータベース「App Annie」が、無料レポート「急成長する東南アジア市場:モバイルゲームの新たなフロンティア」を公開しました。 このレポートでは、東南アジアにおいて、モバイルゲームの成長に寄与している…

00-Southeast-Asia-Gaming-Report-Banner

<ピックアップ>東南アジアモバイルゲーム市場 2015 – 最新動向レポート

今年に入って、5,500万ドル調達し、アクティブ率が分かる新たな分析機能をリリースするなど、機能の充実を図っているアプリのデータベース「App Annie」が、無料レポート「急成長する東南アジア市場:モバイルゲームの新たなフロンティア」を公開しました。

このレポートでは、東南アジアにおいて、モバイルゲームの成長に寄与している要因をまとめていることに加えて、次のフロンティアとして注目されているインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムといった昨年アプリダウンロードと収益が急成長した東南アジア各国の状況についても分析しています。

via App Annie Blog

アプリDBのApp Annieが5,500万ドル調達しアクティブ率が分かる新たな分析機能をリリース

SHARE:

<ピックアップ> App Annie Raises $55 Million Series D, Launches New Product For Tracking App Usage スマートフォンアプリのデータベースを開発するApp AnnieがシリーズDで5,500万ドルを調達しました。また、今回の調達と合わせて「Usage Intelligence」という新機能のリリースも発表し…

App_Annie_-_App_Ranking__Analytics__Market_Intelligence

<ピックアップ> App Annie Raises $55 Million Series D, Launches New Product For Tracking App Usage

スマートフォンアプリのデータベースを開発するApp AnnieがシリーズDで5,500万ドルを調達しました。また、今回の調達と合わせて「Usage Intelligence」という新機能のリリースも発表しています。この新機能ですが、推定ながら人気アプリの月・週・日毎のユニークユーザー数、アクティブユーザーのアプリ滞在時間や利用頻度等を分析することが可能で、競合アプリをベンチマークする企画者や開発者にとっては大きなインパクトのある機能となっています。

App Annieは2010年創業、スマートフォン市場の拡大と合わせ成長を続けてきており、現在は10つのオフィスをグローバルに抱え、300人の従業員を抱えているとのこと。今回の調達はさらなるグローバルでの成長とM&Aに活用されるようです。

via TechCrunch

アプリDBのApp Annieがキーワード検索の分析機能をリリース

SHARE:

<ピックアップ> Data company App Annie’s new tool can tell you which apps people are searching for スマートフォンアプリのランキング推移を教えてくれるApp Annieのお世話になっている開発者やマーケターの方は多いのではないでしょうか。そんなApp Annieからアプリの検索キーワード順位を教えてくれ…

App_Annieのアプリストアデータ___iOS_トップチャート_米国_-_全体_-_2014年5月13日

<ピックアップ> Data company App Annie’s new tool can tell you which apps people are searching for

スマートフォンアプリのランキング推移を教えてくれるApp Annieのお世話になっている開発者やマーケターの方は多いのではないでしょうか。そんなApp Annieからアプリの検索キーワード順位を教えてくれる新機能がリリースされました。例えば、日本でも人気のアプリ「Clash of Clans」であれば、App Storeで「clash」という検索では1番上に表示されるが「defense」では2位であるといったリストを一覧で見ることができます。

今のところ日本語キーワードには対応していないようですが、開発者にとってApp Annieはより便利なサービスになったのではないでしょうか。

via Gigaom【Google翻訳】