THE BRIDGE

タグ appliv

ナイルとフラーが提携、アプリ発見サービス「Appliv」とアプリ分析プラットフォーム「App Ape」でデータ連携を開始

SHARE:

4月13日14時更新:フラーの累積合計調達金額を11.7億円を7.5億円に修正 (2016年7月調達の4.2億円は合計7.5億円に包含されていたため) アプリ発見サービス「Appliv(アプリヴ)」を提供するナイルと、アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を提供するフラー(旧社名 Fuller)は10日、両社のサービスをデータ連携することを明らかにした。具体的には、App …

4月13日14時更新:フラーの累積合計調達金額を11.7億円を7.5億円に修正
(2016年7月調達の4.2億円は合計7.5億円に包含されていたため)

アプリ発見サービス「Appliv(アプリヴ)」を提供するナイルと、アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を提供するフラー(旧社名 Fuller)は10日、両社のサービスをデータ連携することを明らかにした。具体的には、App Ape の持つユーザデータを Appliv のデータに連携することで、Appliv 内アプリランキングに利用者数順ランキング機能などが追加される。

Appliv は2012年8月、ナイル(当時の社名はヴォラーレ)がローンチしたアプリ発見サービスだ。社内ライターによるアプリレビュー記事が7万件以上投稿されており、スマートフォンユーザが新しいアプリに出会うことを促している。現在の月間アクティブユーザ数は600万人。日本のほか、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ケニア、アイルランド、インド、シンガポールの各市場のアプリマーケットに対応している。

一方、フラーが運営するモバイルアプリの市場・競合調査プラットフォーム「App Ape」は2013年にサービスを開始し、アプリマーケットのマクロデータやユーザの利用動向データを提供。これまでに3,000社以上に導入されており、昨年には韓国のモバイル専門マーケティング会社 Mobidays(모비데이즈)との提携により、韓国市場に進出した。

ナイルは2013年、日本ベンチャーキャピタルと、クックパッドの元 CFO でエンジェル投資家の成松淳氏から1億7,500万円を調達。2014年には、ユナイテッドと資本業務提携を締結している(調達額非開示)。フラーはこれまでに、複数の投資家から公開されているものだけで総額7.5億円を調達している。

App Ape
Appliv
----------[AD]----------

アプリ情報サービス「Appliv」がインドとシンガポールにも順次進出、事業展開する国は合計で9カ国に

SHARE:

ナイルが提供するユーザ参加型のスマートフォンアプリ情報サービス「Appliv(アプリヴ)」の海外展開は順調に進んでいるようだ。 同社は今週月曜日、インドとシンガポールのWebサイト「Appliv」版を今月中に順次リリースすることを発表した。 ナイルは、昨年9月に海外展開を本格化させることを発表。すでに展開を開始している米国、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ケニア、アイルランドの7カ国…

Appliv

ナイルが提供するユーザ参加型のスマートフォンアプリ情報サービス「Appliv(アプリヴ)」の海外展開は順調に進んでいるようだ。

同社は今週月曜日、インドとシンガポールのWebサイト「Appliv」版を今月中に順次リリースすることを発表した

ナイルは、昨年9月に海外展開を本格化させることを発表。すでに展開を開始している米国、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ケニア、アイルランドの7カ国に、今回発表された2カ国を加えて計9カ国で事業を展開することになる。

関連記事

複数の国々に展開しながらも、言語は英語のみ。共通した言語でありながら、国ごとサイトを分けているのは、国によって言語体系が異なっていたり、マーケットの事情が異なるためだ。

前回の取材時では、2016年春頃をめどに各国英語版の合計で数百万人のユーザ数を目指しているとコメントしていた。同社は、現在、昨年フィリピンに設立した子会社 NYLE ASIA PACIFIC においてアプリのレビュー記事を生産している。

2016年夏をめどに1カ国あたりレビュー記事数およそ10,000本まで増やしていく予定だと発表しており、レビュー記事を数多く生産していくことで、上記の目標ユーザ数の達成を目指していくと見られる。

----------[AD]----------

第三極のアプリマーケット構築を目指してーーヴォラーレが社名を「ナイル」に変更し、アプリレビューサービス「Appliv」の米国版を公開

SHARE:

ヴォラーレが本日、ユーザ参加型のスマートフォンアプリ情報サービス「Appliv(アプリヴ)」の米国版を公開した。合わせて、社名を「NYLE(ナイル)」に変更したことを発表。 新社名の「ナイル」は、Near Your Life の頭文字をとってつけられたという。この新たな社名は「数十年後でも、人のそばにいるようなずっと残っていくものを作る」というコンセプトを表している。 「Appliv」は、国内でウ…

ナイル代表取締役 高橋飛翔氏
ナイル代表取締役社長 高橋飛翔氏

ヴォラーレが本日、ユーザ参加型のスマートフォンアプリ情報サービス「Appliv(アプリヴ)」の米国版を公開した。合わせて、社名を「NYLE(ナイル)」に変更したことを発表。

新社名の「ナイル」は、Near Your Life の頭文字をとってつけられたという。この新たな社名は「数十年後でも、人のそばにいるようなずっと残っていくものを作る」というコンセプトを表している。

cmyk_logo_yoko_1000

「Appliv」は、国内でウェブ版とアプリ版で展開しており、アプリの紹介記事やユーザレビュー、ランキング等でアプリ情報を提供している。アプリのプラットフォームよりもユーザがアプリを見つけやすい状態を作りだそうとしているサービスだ。

今回リリースされた米国版Applivでは、米国で人気のアプリのレビューをナイル側で制作し、2015年内に数千本のレビューを掲載していく予定。コンテンツ数を増やしながらカテゴリの分類も実施し、約1000カテゴリに分類していく見通しだ。

コンテンツの生産は、同社が今年の6月に立ち上げたフィリピン子会社 NYLE ASIA PACIFIC が担う。現在は、10名ほどの規模で現地で採用したライターが英語記事の執筆を行っており、年内に30名ほどの規模まで拡大する予定だという。

関連記事

米国に続き、英国、カナダ、インド、オーストラリアといった英語圏の合計8カ国向けて、順次サービスを展開する。2016年春頃をめどに、各国英語版の合計で数百万人のユーザ数を目指している。

英語という共通した言語でありながら、国ごとに分けているのは、国によって言語体系が異なっていたり、マーケットの事情が異なるためだ。英語圏でのサービス展開がうまくいけば、次は別の言語圏にも展開していくという。

「Appliv」北米版
「Appliv」北米版

彼らのようにアプリレビューサイトを大きな規模で展開しようとしているプレイヤーは海外にも存在していないという。ナイルは早い段階からコンテンツ数を増やしていき、日本でサービスを成長させてきたように、海外でも「Appliv」を成長させていこうと考えている。

彼らが見据えるのは、単なるアプリレビューサイトでは終わらない。彼らが目指すのは、App Store、Google Play Storeに続く、第三極のアプリマーケットだ。アプリマーケットは複数存在しているが、中国以外ではなかなかうまくいっていない。

まず「Appliv」でレビューを蓄積していって、ユーザ数を増やし、トラフィックを稼げるようになれば、アプリマーケットとして機能させることができると考えているという。ナイル代表取締役社長の高橋飛翔氏は、

「将来的に、レビューサイトからアプリマーケットへと進化させることも可能だと考えています。トラフィックが十分に獲得できるようになり、技術的にマーケットに移行できるようになった段階で挑戦したいと考えています」

とコメントしている。同社は今後、外部資本を入れることも視野に入れながら、IPOを目指して事業に注力していく。

----------[AD]----------

アプリ情報プラットフォーム「Appliv」を運営するヴォラーレがフィリピンに子会社を設立し海外展開へ本腰

SHARE:

アプリ情報プラットフォーム「Appliv」を運営するヴォラーレが、海外進出に注力することを発表した。フィリピンに子会社を立ち上げ、9月末には米国版サイトを立ち上げることも予定している。 「Appliv」はライターが書いたアプリの記事が7万件ほど掲載されており、アプリのプラットフォームよりもユーザがアプリを見つけやすい状態を作りだそうとしている。ブラウザに加えてアプリでも展開しており、ブラウザでは月…

Appliv app

アプリ情報プラットフォーム「Appliv」を運営するヴォラーレが、海外進出に注力することを発表した。フィリピンに子会社を立ち上げ、9月末には米国版サイトを立ち上げることも予定している。

「Appliv」はライターが書いたアプリの記事が7万件ほど掲載されており、アプリのプラットフォームよりもユーザがアプリを見つけやすい状態を作りだそうとしている。ブラウザに加えてアプリでも展開しており、ブラウザでは月間600万人以上が訪問。アプリのダウンロード数も累計で100万を突破している。

Appliv

今回、フィリピンに子会社を設立し、英語圏における人気アプリを紹介する英語記事の作成をスタートする。記事のストック数が数千件を突破した段階で英語版サイトを開設。ヴォラーレはまずアプリ利用者の多い英語圏で展開し、他の地域への展開も検討していくという。

海外では「App Annie」のようなB向けのアプリ分析サービスは存在しているが、ユーザ向けのアプリ紹介を大規模に行っているサイトはいない。日本語以外でも展開していくことで、海外でも「Appliv」が存在感を出すことは可能だろう。

ヴォラーレはまだ今年のうちにいくつかのリリースを控えているそうだ。海外展開を本格化していく同社の今後の動きに注目したい。

----------[AD]----------

ユナイテッドとヴォラーレが資本業務提携、アプリ広告領域でのネイティブ広告を中心とした広告配信を強化

SHARE:

ユナイテッドと、ヴォラーレが本日、資本業務提携を締結した。ユナイテッドはヴォラーレに出資し、ネイティブ広告を中心とした広告配信などにおいて、業務連携を行う。出資の金額は非公開となっている。 ヴォラーレは紹介アプリ数50,000件以上、月間500万ユーザが利用するユーザ参加型のスマホアプリ情報サイト「Appliv(アプリヴ)」を運営している。同社は、MUGENUPがスマホアプリの情報サイトとして活躍…

ユナイテッドと、ヴォラーレが本日、資本業務提携を締結した。ユナイテッドはヴォラーレに出資し、ネイティブ広告を中心とした広告配信などにおいて、業務連携を行う。出資の金額は非公開となっている。

ヴォラーレは紹介アプリ数50,000件以上、月間500万ユーザが利用するユーザ参加型のスマホアプリ情報サイト「Appliv(アプリヴ)」を運営している。同社は、MUGENUPがスマホアプリの情報サイトとして活躍していた「みなゲーβ版」を買収しており、12月8日より、スマホゲームアプリの攻略情報に特化したサービス「アプリヴ大事典」の提供を開始している。

appliv

また、同社はアプリ広告に特化した独自のアドネットワーク「Appliv AdNetwork」の提供を今年12月に開始している。「Appliv AdNetwork」では、広告枠クリックから「Appliv」のアプリ紹介ページを経由してアプリマーケットに遷移させ、ユーザのアプリへの理解を促進させる。これによりアプリ広告の課題であったダウンロード率、ダウンロード後の利用率向上を目指している。

ユナイテッドは、RTB広告事業とスマホメディア事業に注力しており、RTB広告事業ではスマホ領域においてメディア向け広告配信プラットフォームであるSSP「AdStir(アドステア)」を提供している。

ヴォラーレとユナイテッドの業務提携の内容は、「Appliv AdNetwork」で取り扱うネイティブ広告をはじめとしたアプリ広告配信について、ユナイテッドのSSP「AdStir」を優先的に利用。「AdStir」における「Appliv AdNetwork」配信用特別広告枠の確保。「Appliv」に「AdStir」からの広告配信枠を設定し、『Appliv』の広告収益最大化に努めるといったもの。

今回の資本業務提携により、今後成長が見込まれるネイティブ広告を中心としたネット広告領域における取引量増大と両社事業の強化を目指す。

----------[AD]----------