THE BRIDGE

タグ jiepang(街旁)

かつて中国版Foursquareと呼ばれた「Jiepang(街旁)」はもはやコピーキャットではない

SHARE:

中国人はまだチェックインを利用しているのだろうか?そう疑問に感じ始めたのは2年前だ。似たようなチェックインアプリはもちろん、1つずつ消えていった。チェックイン機能はほぼ全てのソーシャルサービスの必須機能でそれだけの機能では使えない、そう考えられていた。だが驚くことに、Jiepangはまだ生き残っている。 ロケーションベースのキャンペーンや、スターバックスなどのブランド向け写真フィルターを通じて、5…

new-banner-3

中国人はまだチェックインを利用しているのだろうか?そう疑問に感じ始めたのは2年前だ。似たようなチェックインアプリはもちろん、1つずつ消えていった。チェックイン機能はほぼ全てのソーシャルサービスの必須機能でそれだけの機能では使えない、そう考えられていた。だが驚くことに、Jiepangはまだ生き残っている。

ロケーションベースのキャンペーンや、スターバックスなどのブランド向け写真フィルターを通じて、500万の登録ユーザと毎月50万のアクティブユーザを抱えるJiepangは昨年、2ヶ月でブレイクイーブンを達成した。

メジャーアップデートしたJiepang 5.0はもはや中国のfoursqureコピーキャットではない(これは嬉しいことだ。そしてfoursqure自体もユーザ獲得マネタイズで相変わらず苦戦しているようだ)。

料理の写真に「Eating(食事中)」、というタグを付け、全ての写真を同じ場所にタグ付けすることができる。
料理の写真に「Eating(食事中)」、というタグを付け、全ての写真を同じ場所にタグ付けすることができる。

チェックインサービスであることに変わりはないが、バーチャルなチェックイン機能も追加されている。現在ではシナリオ別の16のタグが存在し、例えば、カラオケ中、などといったチェックインも可能だ。タグをタップすることで全てのチェックイン、そしてそのカテゴリー内の友達からの写真やメッセージを見ることができる(下の図を参照)。バーチャルチェックインは新しいものではないが、他の中国のアプリにはないものだ。

ユーザがJiepangに写真やメッセージをアップしたり、友達の投稿を閲覧したりできる機会さらに増やし、Jiepangは良い方向へ向かっているようだ。16のカテゴリーはインタレストベースのソーシャルプラットフォームにどこか似ている。

Jiepangユーザは中国のインタレストベースソーシャルネットワークのDoubanを好む。彼らが言うには、Doubanは上手くインタレストグラフを構築し、それをターゲットとする広告を打ち出している。今回JiepangはDoubanのモバイル版となりたいようだ。Doubanのモバイルアプリの性能は低いからだ。

Jiepangのように、Doubanもかつてはその「ハイエンド」なユーザを誇りとしていた。しかし最近の中国では、それはユーザ層が小さいことも示している。音楽のストリームサービスのローンチなどのおかげもあり、Doubanは成長を加速させた。同時に、広告を上回る収益の見込まれたeコマースによるコミッションやデジタルコンテンツの売り上げなどに収益元を多様化させた。

jiepang

どうやらJiepangは、初めてスマートフォンを購入したばかりの中都市のユーザを取り込んでユーザベースを拡張したいようだ。上海はスターバックスのようなブランドを消費する「ハイエンド」なユーザを無数に持つマーケットの一例だ。近い将来、上海のような市場に成長する中国の都市は増えると推測されている。

だがこのような都市での競争は全く異質のものだ。もちろん、Jiepangがこれまでのように既存のユーザへのサービス提供を続け、今年度末までに収支を合わせることは可能だと、Jiepangの共同設立者でありCEOのDavid Liu氏はJiepang 5.0のローンチイベントで発言した。

3年前にJiepangがローンチしたすぐ後、初めて彼に会った時と同じような言葉を聞けたことは嬉しかった。彼はJiepangを他のSNSともコンテンツをシェアできるソーシャルシェアリングサービスと呼んだ。

ソーシャル界の新たな王者であるWeChatが、位置情報サービスの将来性を宣伝していた他のライバルとは違い、Jiepangの新しいバージョンに統合された。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の位置情報サービスJiepang(街旁)、Weixin(微信)との提携で新アプリをリリース

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の大手位置情報サービス Jiepang(街旁) は、ソーシャルネットワーキングサービスのてこ入れのため、位置情報サービス市場のキュレーションを進める事業計画の一環で、Weixin(微信)のオープン・プラットフォームとの提携を発表した。 この位置情報サービスでは、7億人のユーザへアクセスすることが可能となるQQアカウントを Jiepangへ連携できるのに加…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の大手位置情報サービス Jiepang(街旁) は、ソーシャルネットワーキングサービスのてこ入れのため、位置情報サービス市場のキュレーションを進める事業計画の一環で、Weixin(微信)のオープン・プラットフォームとの提携を発表した。

この位置情報サービスでは、7億人のユーザへアクセスすることが可能となるQQアカウントを Jiepangへ連携できるのに加え、Jiepangユーザはチェックインの内容をQZone、Tencent Weibo(騰訊微博)、Pengyou(朋友)Weixinなど、全てのTencent(騰訊)のソーシャルネットワーキングサービスと同期することができる。

Weixinは、独自のオープン・プラットフォームを今年初めにリリースした。サードパーティ・デベロッパーは、自分たちのサービスをこのプラットフォームにプラグインすることができ、メッセージ、音声、動画、URL、写真、チェックインなど多くの種類のコンテンツをユーザ間で共有することができる。

Jiepangにとって、業界1位のWeixinと提携することは、なかなか良いステップだ。Weixinはこれまでに1億人のユーザを獲得しており、うちアクティブユーザは5,000万人以上とされている。まさに、Jiepangのようなサードパーティ・アプリによって、掘り当てられるのを待っている資源が抱負豊富な土壌がWeixinなのである。

位置情報サービスにとって熱い年となった2010年以降、この分野では数社のみが生き残り、他の多くの企業は越冬に失敗したか、Digu(嘀咕)がPinterestに新たな生命を見出したように、他サービスへ転じる形で徐々にに落ち着いてきている。

つい最近2周年記念を祝ったJiepangは、これまでバーチャルの顧客優待カードや市中店舗の顧客の関心を得るのに役立つシステムなど、クリエイティブなアイデアとイニシアチブで、O2Oの分野を模索してきた。また、NFCのような新たなテクノロジーのアーリーアダプターでもある。

Jiepangは昨年、Nokiaと共同でプロモーション活動を行った。ユーザが市中店舗の窓に貼られているNFCのステッカーを、NokiaのNFC対応フォンでスキャンしチェックインできるというものダ。これにより、チェックインがより簡単で楽しいものになり、ユーザはアプリを開いて位置を検索する必要がなく、ワンタッチで全てが実行できるようになった。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

将来をeコマースとの連動にかける、中国のLBS(位置情報サービス)

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年3月に、テキサス州オースチンの SXSW (South by Southwest) で Foursquare が華々しいデビューを飾ってから、同様のサービスがアメリカや中国で多数登場した。機能はどれも似たりよったりで、チェックインすることで自分の居場所を知らせるといったものだ。 Facebookが、自分が「どんな人物か」、Twitterが自分の「おしゃべ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年3月に、テキサス州オースチンの SXSW (South by Southwest) で Foursquare が華々しいデビューを飾ってから、同様のサービスがアメリカや中国で多数登場した。機能はどれも似たりよったりで、チェックインすることで自分の居場所を知らせるといったものだ。

Facebookが、自分が「どんな人物か」、Twitterが自分の「おしゃべりの内容」を知らせるものであるとすれば、 FoursquareのようなLBS(位置情報サービス)は、自分の「居場所」を知らせるツールである。

50から15へ

FoursquareがSXSWでデビューしてから2年、一度は盛り上がったLBSのマーケットは、現在アメリカと中国の両方で落ち着きを見せ始めている。Gowalla はFacebookに買収され、来年中(2012年中)でサービス終了を予定している。Whrr はこの4月にGrouponに買収されている。中国でも、Digu(嘀咕)が収益化の道筋を立てることができず、2カ月前に70%の人員を削減している。北京の市場調査会社 Analysys International(易観国際)によれば、 Digu は中国のLBS市場で20.8%のシェアを占めている。昨年中国には50のLBSサービスがあったが、今年度も残っているのはたった15である。

Diguの 共同創設者 Huang Xiaotao(黄曉韜) はかつて、「中国のLBSは、まだマーケットとユーザを開拓しなければならない段階であり、確固たるビジネスモデルを探すのには早すぎる」と述べていた。彼の発言は、中国の主要LBSサービスプロバイダの戦略の変化を表している。

LBS と eコマース

代表的なLBSサービスの一つである Jiepang(街旁) は、地元商店を利用する顧客向けのクーポンや割引を提供するアプリの最新版を発表したばかりだ。LBSに詳しいアーリーアダプター(初期導入者)の関心を引き付けるだけでなく、スマートフォンユーザ全般の興味を惹くことを目的としている。一般ユーザは、LBSそのものへの興味はないだろうが、クーポンと割引となると別は話だ。Shanda(盛大) の Qieke(切客)Kaikai(開 も、ユーザへの特典を提供している。QiekeのCEO、Liang Zhen (宋錚)は、「長期に渡る試行錯誤の結果、LBSとeコマースの組み合わせこそが理想的なビジネスモデルであると確信するに至った。」と語っている。Lianは何千万人民元もの利益が、彼が言うところの LBS+O2Oミックスから得られると予測している。

業界の専門家は、中国には

LBS+ソーシャル
LBS+ゲーム
LBS+eコマース

の3タイプのLBSの組み合わせが見られると述べている。

最初の2タイプは、はっきりとした収益モデルが描けずに苦戦しており、LBS+eコマースを選択すべきだと言える。Qiekeは先日、最初の2タイプへの投資を減らし、O2O(オンライン・トゥー・オフライン)を開拓するための資金を増やすと発表した。

今年度の第3四半期時点で、中国のLBSユーザは1,830万人で、第2四半期から1,050万人増となっている。 AnalysysInternational は第4四半期の終わりには、3,000万人となると予想している。共同購入というアイデアが熱を帯びるにつれ、消費者はオンラインで購入しオフラインで消費するという考え方にも慣れていくだろう。機は熟したということもできる。

大企業の観点

LBSサービスがeコマースに参戦する場合、Dianping(大衆点評)のような国内の大手企業は手強い競争相手となる。中国版 Yelp である Dianping は、自らを“Yelp + Groupon + Foursquare”の理想的なコンビネーションだと主張してきた。

これは、ウォールストリート向けの話に聞こえるかもしれないが、いかなるLBSもDianpingの動向と決意を無視することはできない。2003年の創設以降、Dianpingは中国の2,000以上の都市に広がった100万以上の現地業者と関連を持っている。このサイトの評価額は10億米ドルとなっており、最近1億米ドルを調達した。マーケティングやモバイルビジネス(チェックインなど)への投資を行い、他企業の買収も視野に入れている。

大企業を除いたO2O(特にクーポンサービス)へ参戦する業者には、一定のチャレンジが待ち受けているだろう。

しかし、 ForsquareのCEOであるDennis Crowleyは今年8月のインタビューで、「継続的に利益追求の模索し続けてきたが、地元業者に対して当初無料で提供していたキャンペーンサービスやリアルタイム分析ツールを有料化したことで収支がとんとんになる日も近い」と述べている。中国のLBSサービスも、ユーザと地元業者の双方に価値提供できることを示唆しているのではないだろうか。Facebook PlacesがFoursquareに敗北したことは記憶に新しい。

【via PennOlson】 @pennolson

----------[AD]----------

中国版FoursquareのJiepang(街旁)がチェックイン数で教える「中国で今なにがホットなのか」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国全域でのJiepang(街旁)によるチェックインのヒートマップ。この投稿にあるこれとインフォグラフィックの画像すべてはJiepang.comによる提供。 インフォグラフィック・オブ・ザ・デイシリーズは、アジアと世界のテクノロジーの重要なストーリーを視覚的に表現する。最も人気のある位置情報サービス(LBS)Jiepangは、ユーザートレンドを詳しく分析した…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国全域でのJiepang(街旁)によるチェックインのヒートマップ。この投稿にあるこれとインフォグラフィックの画像すべてはJiepang.comによる提供。

インフォグラフィック・オブ・ザ・デイシリーズは、アジアと世界のテクノロジーの重要なストーリーを視覚的に表現する。最も人気のある位置情報サービス(LBS)Jiepangは、ユーザートレンドを詳しく分析したインフォグラフィックスを作成した。中国でスマートフォンを愛用する若者がどのように時間を費やしているのかを分析し、ユーザーがどのブランドを好み、何がホットなのかを教えてくれる。

北京で一番アツい場所

手始めに北京から。都市で最も人気のある地域はチェックイン数から、ダウンタウンの西直門のようだ。観光客用の場所に惑わされることなく、Jiepangのユーザーは派手なショッピングモールや観光地ではなく、常連となっている多くのレストランやオフィスでチェックインサービスを利用しているようだ。

ちょうど先月にJiepangはNokiaとNFC(非接触IC)分野で、北京と他の中国の5都市でテストをおこなうことを明らかにした。それらのNFCチェックインポスターはいくつかの街で何千もの「チェックインしやすいポイント」を提供してくれるだろう。

ブランドと映画

この夏Penn-OlsonがJiepangのCEOと話をした時、ユーザーがどのブランドを好むかということは、企業にとってはもちろん、ユーザーにとっても大きな話題だと話してくれた。このように、サービスを利用するユーザーがいくつかの明確なお気に入りブランド──名前を挙げるとスターバックス、マクドナルド、バーガーキング、ドラえもん(もちろん日本のアニメ)、Earth Hour─を持つことは驚くことではない。最後の一つはちょっと変わっているがJiepangのユーザーはたまにこのサービスをマイクロブログのように使っているからだろう。

次に、Jiepang のインフォグラフィックは、若いユーザーにとってどの映画が、今年中国で一番バズっているのかを教えてくれる。勝者は映画のチェックインに関していえば、カンフーパンダ2にギリギリのところで打ち勝ったパイレーツ・オブ・カリビアン4であった。

外食

食べ物に移ろう。Jiepangで毎日おこなわれる多数のチェックインは、人々が毎日特定の時間に何を食べるのが好きなのか教えてくれる。ファーストフードは朝食時に好まれる食事で、日中は人気がなくなる。一方でデザートは午後4時頃にピークがあり、人々の多くは飲茶に出かける。当然のことながら、ストリートBBQのチェックインは夜も深まったごろに量が増え、人々は辛い食べ物を探し求めるようになる。

モールに夢中

最後に中国の消費者がショッピングモールに夢中だということに注目しておこう。多くののレストランが入っている中規模程度のものが中心。北京と上海で一番人気の場所は両方ともそのような所だ。(それぞれ西単大悦城(ジョイシティ西単)と金橋プラザ)北京の三里屯地区─アップルのオフィシャルストアの本店がある場所だが─その都市は2番目にチェックイン数が多かった。上海のIKEA(イケア)は3番目である。すべてのインフォグラフィックを見るにはここをクリックしてほしい。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

中国版FoursquareのJiepangがNOKIAと提携して非接触でのチェックインを提供へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 NFC(近距離無線通信)は便利で簡単な技術として話題になってしばらくたつが、現状では普段の生活に採用するにはまだ少し先進的すぎる技術のようだ。その理由は対応するスマートフォンが少ないことや、対応する無線サービスがほとんどないことだ。 しかし、NFC対応の携帯やサービスが増えるにつれてその点についての不安は取り除かれつつある。NOKIAとLBS(位置情報サービ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

NFC(近距離無線通信)は便利で簡単な技術として話題になってしばらくたつが、現状では普段の生活に採用するにはまだ少し先進的すぎる技術のようだ。その理由は対応するスマートフォンが少ないことや、対応する無線サービスがほとんどないことだ。

しかし、NFC対応の携帯やサービスが増えるにつれてその点についての不安は取り除かれつつある。NOKIAとLBS(位置情報サービス)であるJiepang(街旁)は提携して、NFC普及に弾みをつけるつもりだ。

NOKIAは、Symbian BelleのOSを搭載し、NFC対応が可能な3種のスマートフォン端末、NOKIA600・700・701を昨夜発表した。同時に、Jiepangは従来のものに替わる新しいNFCチェックイン用ステッカーを発売する。

Jiepang社のファウンダーでありCEOを努めるDavid Liu(劉穎)氏は「JiepangもNOKIAも、NFC機能をいち早く取り入れた先駆者であるから、我々はこの技術を最大限生かして、ユーザーの満足度を上げ、さらに期待以上のサービスを提供していけるよう、共に働けることを楽しみにしている」と話している。

通常、Jiepangでチェックインする際は、携帯を取り出し、Jiepangのアプリを立ち上げて、位置情報を取得してから、チェックインしなくてはならなかった。しかしJiepangステッカーの付いた、NFC対応のスマートフォン端末を使えば、端末をシェイクするか、ステッカー部分をタップするだけで簡単に手間要らずのチェックインかできる。

ビジネス活用の面では、NFCのメリットはユーザーのチェックイン情報把握の正確さにある。ユーザーの購買傾向も掴めることから、よりターゲットに適した効率の良いマーケティング活動が可能となる。

Jiepangは主要な位置情報サービス提供会社で、新技術(NFC)を他社に先駆けて採用し現在までのユーザー数は130万人を超えている。同社は、NOKIA、 Starbucks、 McDonalds、Nikeなど含む300以上の有名ブランド企業と提携している。また、地域の企業とも協力しJiepangでチェックインする顧客にクーポンや割引を提供している。

Jiepangで大好きなところにチェックインしよう

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------