BRIDGE

タグ ノルウェー

旅するように働く時代はすぐそこにーーデジタルノマドのための医療保険「SafetyWing」が350万ドルを調達

SHARE:

ピックアップ:SafetyWing raises $3.5M seed to offer medical insurance to ‘digital nomads’ ニュースサマリ:デジタルノマドのための医療保険を提供するスタートアップSafetyWingは、8月1日、byFoundersやDG Incubationから350万ドルを調達した。同社はデジタルノマドのためのセーフティーネットを構築す…

saftywing_1.png

ピックアップ:SafetyWing raises $3.5M seed to offer medical insurance to ‘digital nomads’

ニュースサマリ:デジタルノマドのための医療保険を提供するスタートアップSafetyWingは、8月1日、byFoundersやDG Incubationから350万ドルを調達した。同社はデジタルノマドのためのセーフティーネットを構築すべく、医療保険などを提供しているノルウェー出身のスタートアップで、Y Combinatorを卒業したばかりだ。

同社が目指しているのは、国境を超えて働く人に対して本来国単位で提供される保険などの社会保障を提供することである。特にアメリカ出身の起業家やリモートワーカーの中で、タイやコロンビア、メキシコなどの生活コストが低い国に住みながら働く人を想定しているという。現在販売している保険商品としては、旅行保険と医療保険が含まれたパッケージで保険料が4週間で37ドルになっている。

saftywing_3.png
Nomad List

話題のポイント:元々特定の拠点を持たずリモートワーク中心に働く人のことをノマドと呼びます。デジタルノマドはより自由度高くPCとネット環境さえあれば、国境を超えて旅しながら働く人のことです。モバイル機器やクラウド環境の充実はこのような自由な働き方を推し進めています。

2015年に開かれたDNX Conference(デジタルノマドカンファレンス)では、2035年までにデジタルノマドは10億人に増えるとの予測が発表されました。この背景にはいくつかの社会的、技術的変化があります。

<参考記事>

既にアメリカではフリーランスの割合が半分近くに達しており、企業に雇用されない働き方はスタンダードになりつつあります。さらにスマホのインターネットの速度は4Gから5G、6Gへと高速化の一途をたどっており、大都市でなくとも世界中のあらゆる場所で快適なモバイルインターネット環境を実現できます。

また社会的な現象としては婚姻やマイハウスといった、伝統的に価値があると考えられていた慣習に対する価値観が変化してきたことも挙げられます。以下のように2035年には欧米での婚姻率は40%未満にまで減少するという予測もあります。

saftywing_2.png
“There will be 1 billion digital nomads by 2035”より)

また航空券の価格や各国間の所要時間の現象も重要です。例えばベルリンーロンドン間のフライトは現在はおよそ2時間の所要時間で75ドルですが、30分の所要時間で20ドルの価格になるという予測もあります。

最近は日本でもフリーランスやリモートワークの社会的な普及が進みました。一方で上述した背景は日本においても同様に働くため、この潮流を更に推し進め国境を超えて働くスタイルも広まる可能性があります。ビジネスとしては旅行関係のサービスのバリエーションとして、現地で働いて収入を得るというスタイルを支えるサービスが本格的に出てくるかもしれません。

今回紹介した保険サービスだけではなく、NomadListというサービスではデジタルノマドが旅先を選ぶためのプラットフォームサービスも展開されています。同サービスでは数多の旅行ガイドサービスとは異なり、コワーキングスペース情報など各国で働くことを前提にしたガイドが特徴的です。(執筆:矢部立也

ノルウェーの川を泳ぐサーモンをライブストリーミングする「FiskeTV.no」ーー趣味への情熱と水中技術を活かして拡大を狙う

SHARE:

毎年6月1日から8月末までの3ヶ月間、熱狂的な旅行者がアメリカやドイツなど世界各地からノルウェー西岸を訪れる。彼らの目的は、天然サーモンの川釣りだ。ノルウェーの西岸には400ほどの川があるが、そのうち250の川で天然のアトランティックサーモンの川釣りを楽しむことができる。アメリカやドイツ、スウェーデンなど世界各地からノルウェーにサーモンの川釣りをするために訪れる人は後を絶たない。知る人ぞ知る、サー…

FiskeTV.noのファウンダー、オルグソンさんがサーモンを捕らえた瞬間
FiskeTV.noのファウンダー、オルガソンさんがサーモンを捕らえた瞬間

毎年6月1日から8月末までの3ヶ月間、熱狂的な旅行者がアメリカやドイツなど世界各地からノルウェー西岸を訪れる。彼らの目的は、天然サーモンの川釣りだ。ノルウェーの西岸には400ほどの川があるが、そのうち250の川で天然のアトランティックサーモンの川釣りを楽しむことができる。アメリカやドイツ、スウェーデンなど世界各地からノルウェーにサーモンの川釣りをするために訪れる人は後を絶たない。知る人ぞ知る、サーモンの川釣りの「聖地」なのだ。

そんなノルウェーの資源を活用して、スタートアップを立ち上げたのがLars Erik Ørgersen(ラース・オルガソン)さんだ。彼は今年の7月に「FiskeTV.no」をローンチした。 Fiskeとはノルウェー語で魚を意味する。つまり、Fiske.TVとはFishTV、魚テレビだ。今回、FiskeTV.noのファウンダー・CEOのØrgersenさんにベルリンでお話を伺った。

まずは、FiskeTV.noについて。FiskeTV.noは、川の中のサーモンをひたすらライブストリーミングするサイトだ。現在は月額49NOK(約700円)で、会員が視聴することができる。

どのような動画なのか、その雰囲気はこちらからご覧いただける。

Laksekrig i Lakselv. Følg med på dette klippet fra Livekameraer for noen sekunder siden!

Posted by Fisketv.no on 2015年10月20日

サーモンの川釣りは熱狂的な趣味の世界

こうした、ただひたすら川の中をライブで配信する動画、その面白みが分からない人も結構いると思う。実際、私も最初にこの動画を見せられたときは一瞬ぽかんとしてしまい、しばらくコメントが出てこなかった。そんな私を見て、オルガソンさんは言った。「ははは、クレイジーだろう! でもこの動画を、僕も含めて夢中で観る人たちがいるんだ。彼らは、サーモンが今この瞬間に自分が釣りに行く川で泳いでいるのを見るだけで、エキサイトするんだよ」と言い、自身もサーモンを目にするたびに「おお、すばらしいサーモン…!」と声をあげていた。

冒頭にも書いたが、サーモンの川釣りを熱狂的に愛する人たちというのが存在する。彼らはシーズンの6月から8月末まで、ノルウェー西岸の川を訪れてサーモン釣りを楽しむ。「死ぬ前でに一度でいいから大きなサーモンを釣り上げたい」というのが、こうしたサーモン釣りファンの夢であるそうで、その夢をかなえるためにはあらゆる情報・映像を入手したいと考えるのだ、とオルガソンさんは言う。

ちなみに、最高にラグジュアリーなサーモン釣りの滞在プログラムは1週間で2万ユーロ(約260万円)もかかるのだそうだ。ホテル、釣りの道具、ガイド、最高の釣りエリアのアレンジなど、至れり尽くせりの内容だが、それにしてもそこまでのお金を出して参加したいと思うほど熱狂的な客がいるというのはすごい趣味の世界である。こうしたサーモン釣りファンは、アメリカ、ドイツ、スウェーデンなどを中心に世界各地から集まってくる。

FiskeTV.noのトップ画面 Image: Screenshot
FiskeTV.noのトップ画面
Image: Screenshot

「新しい動画コンテンツをつくりたい」

オルガソンさんが FiskeTV.no を立ち上げようと考えたのは1年前に遡る。それまでは、長年テレビコマーシャルのプロデューサーを務め、カンヌ映画祭での受賞歴ももつ。そんな彼は昨年、従来のテレビのコンテンツの作り方を古いと感じ、新しい映像コンテンツを生み出せないかと模索していた。

「そのとき思ったんだ。僕は12才からサーモンの川釣りを始めて、今に至るまで大好きだ。この情熱を新しいコンテンツづくりに活かせないかって?」

ベルリンでインタビューに応じてくれたオルガソンさん
ベルリンでインタビューに応じてくれたオルガソンさん

こうして「川の中のサーモンをライブストリーミングする」という、ニッチなアイデアを思いつく。そのアイデアを、また周囲の知人に話したところ、4名が投資してくれることになった。いずれもサーモン釣りの熱狂的なファンである。

とはいえ、趣味への熱い思いだけが彼や投資家を突き動かしているのではない。実際に市場調査の会社を通じて、消費者のトレンドを探ったところ、ストリーミング動画を有料でも視聴したいという消費者が増えている傾向も分かったという。実際、ノルウェーではストリーミング音楽や動画を有料でも購買する消費者は多い。

また、ノルウェーは東部の首都オスロから西岸の都市ベルゲンまで列車で7時間強かかる道のりを、列車の先頭に付けたカメラがただ映す動画、高齢の女性が編み物をする姿をひたすら映す動画など、いわゆる「スローテレビ」を好んで視聴する人が多いという国民性である。 FiskeTV.noもまた、スローテレビのファンを惹きつける可能性がありそうだ。

テクノロジー × コミュニティ × 趣味への熱い思い

川の中のサーモンをライブストリーミング配信する、と聞くと簡単そうなプロジェクトのように思えるかもしれない。だが、設置するカメラのクオリティ、設置する場所には高度な技術と知識が求められる。

より多くのサーモンを動画に映すためには、サーモンの繁殖場所の近くにカメラを設置する必要があった。雌と雄のサーモンが繁殖活動を行い、産卵床をつくる場所の近くであれば、多くのサーモンが行き交う確率が高まるからだ。そのため、カメラを設置するダイバーには生物学の知識が求められる。カメラもまた、長時間のストリーミングにも耐えられるように水中でもしっかり固定されるよう、特殊なケーブルをつけたカメラを独自に開発した。

また、カメラを設置する川の所有者との関係性も重要になる。現在、カメラは6つの川の計6ヶ所に設置されているが、そのカメラが設置される場所は特定されていない。もし場所が特定されると、そのカメラの設置場所に釣り人が集中する可能性があるからだ。そうなると、川の複数の所有者にとってフェアではない事態が生じる可能性があると判断して、カメラの設置場所の詳細は公開されないことになった。

何十年にもわたって続くサーモン川釣りへの情熱、同じような釣りファンのコミュニティ、地元住民との関係性、生物学の知識をもつダイバー、特殊カメラ、それらすべてが合わさってはじめて可能になるプロジェクトなのだ。

また、今後はサーモンに限らず川と海の魚全般のライブストリーミング配信に乗り出したいと語る。だからこそ、サーモンテレビではなく「魚テレビ」と名付けている。

ノルウェーは、水中技術ーSubsea technologyーにおいて長年の研究の歴史をもち、多くの技術を生み出してきた。特に、彼の住む西岸ベルゲンもまた、水中技術の研究が盛んな都市である。こうした国の資源と強みも生かしながら、Fiske.noが今後拡大していくことを期待したい。

ノルウェーのThinfilmが、Johnnie Walkerが未開栓で本物かどうかを教えてくれるスマートボトルを開発

SHARE:

スマート住宅やスマート電球のことなら聞いたことがあるだろう。次はスマートボトルだ。 そう、この非常に面白い新技術があれば、間違いなく本物だという確信をもってスコッチウイスキーを味わうことができる。またメーカー側にとっても、飲み終わったらボトルを投げ捨ててそれきりとなりがちな消費者の関心をつかむ方法を得られることになる。このスマートボトルは「モノのインターネット」(IoT)、つまりインターネットに接…

thinfilm-johnnie-walker-2
スマート住宅やスマート電球のことなら聞いたことがあるだろう。次はスマートボトルだ。

そう、この非常に面白い新技術があれば、間違いなく本物だという確信をもってスコッチウイスキーを味わうことができる。またメーカー側にとっても、飲み終わったらボトルを投げ捨ててそれきりとなりがちな消費者の関心をつかむ方法を得られることになる。このスマートボトルは「モノのインターネット」(IoT)、つまりインターネットに接続され、電子頭脳を持った日用品の1つである。

Thinfilm Electronicsは、スコッチウイスキーブランドのJohnnie Walker Blue Labelを製造するDiageoとの契約で同社のスマートボトルを披露している。このスマートボトルは自分の12年物のスコッチウイスキーが過去に開栓されていないか確認することができ、また近距離無線通信を通じて自分のスマートフォンにアクセスすることもできる。

スマートフォンアプリ上で、自分のJohnnie Walker Blue Labelについての新たな情報やプロモーションを手に入れたり、Diageoとコミュニケーションをとったりすることが可能だ。

製造元は消費者と有意義なやり取りをすることができます」とThinfilmのCEOであるDavor Sutija氏はVentureBeatとのインタビューで語っている。「私たちはこの商品が素晴らしい反響を得られるだろうと期待しています。

ノルウェーのオスロに拠点を置くThinfilmは、スマートボトルとボトル用に開発したプリンテッドエレクトロニクス(印刷された電子回路)をスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congressのイベントで発表する予定だ。同社は最近Xeroxとの提携を発表し、IoTデバイスを追跡する事業計画の一環として、毎年数十億個ものチップを小さなラベルに印刷できるようになった。

Thinfilmは、ボトルに付けるタグにセンサーのようなチップを印刷する技術を開発した。ThinfilmのOpenSenseテクノロジーを活用し、ボトルが未開栓か開栓された状態か検出することができる。Diageoはタグとセンサーに情報を含めることで、スマートフォンでタグを読み込む消費者に対し個人的なメッセージを送ることが可能になる。

Johnnie Walker Blue Label に付けられたスマートラベル
Johnnie Walker Blue Label に付けられたスマートラベル

このプロジェクトはDiageoの実験用テック部門と投資部門であるDiageo Technology Venturesが立ち上げたもので、Diageoがターゲットにしている消費者に対して、購入時点でも購入後にでもマーケティングメッセージをタイムリーに送れるようになることを目指している。例えば、ボトル開栓後にカクテルレシピを送付することも可能だ。

ThinfilmのNFC(近距離無線通信)ベースのタグは、在庫品が購入される瞬間まで小売業者や製造業者が追跡できるよう、サプライ・チェーン内のリーダーを使って読み込むことができる。この技術によって、スコッチの信頼性を保証するこれまでにない安心感を提供できるようになる。Sutija氏によると、タグのコストは数十セントでボトル価格に反映されるそうだ。

Thinfilmは、これらNFCタグは、しばしば判読が困難で複製されやすく、センサー統合未対応の従来の静的QRコードに匹敵すると述べている。OpenSenseタグは、ボトルが密封されているか開栓されたものか、NFC機能が有効のスマートフォンでタップするだけで動的に検知できる。本物であることを保証するため、タグは製造時に完全かつ恒久的にエンコードされる。これらのタグを複製したり電気的に修正することはできない。封が壊された場合はあるシグナル音を発信する。壊れていない場合は、壊れている場合とは違ったシグナル音を発信する。

このタグは無線通信周波数を利用しているため、電池は不要だ。無線信号自体がリーダーと該当タグ間をつなげるための役目を果たしているからだ。

DiageoのFutures Team、グローバルイノベーションディレクターであるHelen Michels氏は、「モバイルテクノロジーは私たちの生活のあり方を変えていっていますが、私たちは消費者ブランドとしてその力を用いて今後新たな素晴らしい消費者体験を提供していきたいと思っています」と声明の中で述べている。

さらに彼女は、「モバイルテクノロジーは飲料業界における技術改革の水準を設定しているのです」と付け加えた。

Diageo Technology Venturesは、企業の経営課題を解きビジネスチャンスを切り開くため9月に設立された。このプロジェクトはセンサー、電子プリンティング、物質科学、そしてモバイルテクノロジーの進歩を活用している。DiageoはCrown RoyalやTanquerayなどのブランドを所有しており、ニューヨーク証券取引所に上場している。

タグの生産は年内にスタートする予定だ。

thinfilm-johnnie-walker

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Zeguestlist、NFCブレスレットとモバイルアプリでフィットネスイベントの参加者を管理

SHARE:

シンガポールおよびノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業Zeguestlistのサービスが、ノルウェーで開かれたフィットネスコンベンションで利用された。その状況はどのようなものだったのだろうか? Norwegian School of Sport Scienceの毎年開かれるフィットネスコンベンションはノルウェーのオスロで開催された。シンガポールとノルウェーを拠点とするモバイルイベントテ…

Zeguestlist

シンガポールおよびノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業Zeguestlistのサービスが、ノルウェーで開かれたフィットネスコンベンションで利用された。その状況はどのようなものだったのだろうか?

Norwegian School of Sport Scienceの毎年開かれるフィットネスコンベンションはノルウェーのオスロで開催された。シンガポールとノルウェーを拠点とするモバイルイベントテック企業のZeguestlistは、1,000を超える参加者と132のセッションをクラウドベースのソリューションで管理する業務を担当した。

2013年11月15日~17日まで開催されたこのイベントでは、オンライン決済、QRチケット配信、NFCセッションチェックイン、実際に参加した人たちの出席人数チェック、イベント後の統計業務が関わった。

Zeguestlistは、NFC対応のZTE Numbia Z5搭載のモバイルアプリを活用して、初期登録、靴の配布、平行したセッションへのチェックイン、昼食の配布に至るまで、ショーのすべての行程を取り仕切った。

イベントの参加希望者はまずチケットを購入し、靴のサイズを指定してから、6か月先までの各セッションの予定が記載されているカレンダーが表示される登録ページを通して、希望のセッションに開始2日前までに初期登録をすることになる。

登録すると、選択されたセッションとその詳細を添えた確認のメールが届く。また、合わせて届くSMSにNIH Web Appへアクセスするためのリンクが表示されており、そこではセッションの変更もしくは確認、ランチやディナーなどの追加申し込み、イベントに関する情報の閲覧が可能だ。


開催初日にまず、QRコードのチケットをZGでスキャンし、開催期間中有効なNFCブレスレットを受け取る。このNFCブレスレットがあれば、事前に申し込んだセッションに入場したり、指定したサイズの靴やランチなどを迅速にピックアップしたりできるのだ。

Zeguestlistアプリを使った全てのNFCチェックインは、イベント期間中ライブの統計を作成した。同ウェブアプリにはセッションを変更するゲストから6,000のログインがあり、運営側はリアルタイムで登録状況やどのセッションが人気であったかトラッキングすることができた。

Zeguestlistのアイデアが生まれたのは、タブレットがテックシーンで人気の出てきた2010年であった。クラウドベースの運営サービスは、イベント業界をよりスマートにすべく新たなタブレット技術が活用されるようになった。Zeguestlistは最近シンガポールにてNFCを利用した結婚式も運営した。

【原文】