THE BRIDGE

タグ PR TIMES

THE BRIDGEをPR TIMESに事業譲渡しましたーー起業家を書き続けた8年間について

SHARE:

本日リリースした通り、THE BRIDGEは既存株主でもあるPR TIMES社に事業譲渡することになりました。公表した事実関係についてはリリース文をご確認いただくとして、本稿ではやってきたことで、できたことやできなかったこと、今後の話について考えを書かせていただきます。 ではまず、できたことから。 2010年半ばぐらい、私から当時、Asiajinというブログメディアなどで英語記事を書いていた池田将…

30185283_1661479477276917_1908686508_n.jpg

本日リリースした通り、THE BRIDGEは既存株主でもあるPR TIMES社に事業譲渡することになりました。公表した事実関係についてはリリース文をご確認いただくとして、本稿ではやってきたことで、できたことやできなかったこと、今後の話について考えを書かせていただきます。

ではまず、できたことから。

2010年半ばぐらい、私から当時、Asiajinというブログメディアなどで英語記事を書いていた池田将さんと、ネットプライス(現BEENOS)で投資事業を担当していた前田宏典くんに声をかけて始めたミートアップ、「StartupDating」がそもそものきっかけでした。(2013年10月に社名とサイト名を変更)

投資家と起業家が気軽に出会える機会がまだ当時は少なく、国内初のアクセラレーションプログラム「Open Network Lab」が2010年4月に立ち上がるなど、まさに国内のスタートアップ・エコシステムが次の段階に進もうという時期です。

起業家が増えれば彼らが新しい経済と雇用を生み出してくれる。そんなことを考えながら8年近く活動を続けた結果が今のTHE BRIDGEには詰まっています。

おかげさまで、現在はこのエコシステム内において一定の認知が広がり、社会性という意味において新しい起業家の生の声やそのアイデアを伝える一助となれたのは本当に幸せに思っています。

THEBRIDGE_001.png
2016年には1000名、100社のスタートアップに参加いただいたイベントも開催しました

一方でできなかったことは山ほどあります。

特にみなさんに育てていただいたメディアブランドを定量化できなかったことは悔やまれます。BRIDGEに集ってくれた執筆メンバーが積み上げた1万4000本の記事はこの8年間の歴史ですが、検索もままなりません。また、UUやPVといった指標では表現しづらい媒体価値を別の指標に置き換えることができませんでした。

数字にできなければ事業や仕組み化が難しいのは当然です。

取材者としてスタートアップ諸氏の事業を拝見させていただく際「社会的意義、経済合理性、新規性」の三点を特に注視します。自分ごととして振り返ると、社会的な要請には一定の価値が見出せたものの、市場の設定や技術的な新規性については力不足を痛感することになりました。

今回、PR TIMES社に事業譲渡することで、THE BRIDGEとしてはリリース配信事業という新たなエンジンを得て、これまでできなかったことをカバーし、また、PR TIMES社に対してはこれまで積み上げてきたコミュニティやネットワークといった資産を大いに活用していただこうと考えてます。

具体的な取り組みについては順次みなさんに共有いたします。

IMG_1189 2.jpg

最後に。

私は起業という、ちょっと変わった人生イベントを選択した人たちのことを書くために、自身もスタートアップを体験してみました。劇薬と言われる種類株も利用させてもらいましたし、借金もしました。PR TIMESさんやフジ・スタートアップ・ベンチャーズさんのような株式公開企業からの出資も経験しましたし、今回こうやって事業を譲渡することもできました。

書くということを通じて経験できたことは語り尽くせません。

この選択をしなければ起業家たちとは会うこともなかったでしょうし、彼らに触発されて挑戦することも減っていたと思います。また、同時になかなか表に出ることのないスタートアップの情報を伝える人がいなければ、彼らの挑戦の機会にも影響があったかもしれません。

書くということを通じてスタートアップ・エコシステムに貢献し、さらに書く側、書かれる側双方がしっかりとしたメリットを享受できる、そういう仕組み作りに取り組みたいと考えています。取り組みに共感していただける方がいらっしゃったらぜひコンタクトください。

そして最後の最後になりましたが、まず、これまでStartupDating、THE BRIDGEというプロジェクトに参加してくれた読者をはじめ、起業家、投資家、全てのみなさんに感謝いたします。また、創刊の時から執筆や運営を担当してくれたメンバーのみなさん、今回の経営判断を了承してくれた株主のみなさん、本当にお世話になりました。

そしてこれからも新しいTHE BRIDGEをどうぞよろしくお願いいたします。

THE BRIDGE 共同創業者/ブロガー
平野 武士

----------[AD]----------

アジア生まれのタスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」、PR TIMESに事業譲渡へ——2人の創業者はPR TIMESに参画、他ツールとの連携を支援

SHARE:

シンガポールを拠点とし、主に日本市場向けのタスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」を開発してきた Skipforward は20日、PR TIMES(東証:3922)と東京都内で記者会見を開き、Jooto を PR TIMES に事業譲渡することで両社が合意したことを明らかにした。事業譲渡が完了するのは9月29日で、Skipforward の創業者である下田祐介氏(CEO)と原悠介氏(CTO)…

左から:Skipforward CTO 原悠介氏、Skipforward CEO 下田祐介氏、PR TIMES 代表取締役 山口拓己氏
Image credit: Masaru Ikeda

シンガポールを拠点とし、主に日本市場向けのタスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」を開発してきた Skipforward は20日、PR TIMES(東証:3922)と東京都内で記者会見を開き、Jooto を PR TIMES に事業譲渡することで両社が合意したことを明らかにした。事業譲渡が完了するのは9月29日で、Skipforward の創業者である下田祐介氏(CEO)と原悠介氏(CTO)の2名は、PR TIMES に転籍し Jooto の事業発展に向けた注力を継続する。事業譲受に伴い正ののれん(positive goodwill)が発生する見込みで、PR TIMES はそれを考慮した買収金額等の諸条件について精査中としている。

Skipforward は2012年11月の設立。2014年1月に Jooto のβ版を公開、2014年6月に同正式版を公開した。Jooto は直感的に利用できる、ほぼドラッグ・アンド・ドロップで操作できるタスク管理ツールで、Skipforward は2017年8月現在のJooto ユーザ数が10万人超、プレミアム機能が使える有料会員は約1.5%程度であることを明らかにしている。同社は顧客単価を開示していないが、開示値から推測する限り毎月の売上規模は数百万円の前半といったところだろう。

Jooto のユーザ成長推移
Image credit: Skipforward

Skipforward が公開しているユーザ成長のグラフを見てみると、2014年のサービス公開以降、Jooto のユーザ数は順調な伸びを示しているものの、スタートアップに期待されるホッケースティック的な伸びを示したとは言えなさそうだ。以前の記事にも書いたが、Jooto がユニークなのは、プロダクトのみならず、その運営開発体制や経営戦略にもある。デザインやオペレーションはシンガポール、システム開発はベトナム・ハノイで行われているのに対し、ターゲットとする市場は日本のみ。しかも、日本市場向けのマーケティング活動は、東京ではなく日本の西南端・石垣島から行われてきた。

会見に登壇した下田氏は、個人的な意見とことわりつつも、シンガポールにいながら日本のユーザニーズを細かく把握するのが難しかったこと、また、Jooto の構想開始からを含めると4年が経過し、Jooto 以外のことにも着手してみたくなった、と今回譲渡に至った背景を吐露した。

Jooto は今後、PR TIMES のサービスの一つとして開発が継続され、Jooto と同じく2014年2015年7月にサービスローンチした PR TIMES のカスタマーサポートサービス「Tayori」との機能連携を実装する予定(Tayori の2017年8月現在のユーザ数は約8,000アカウント、2017年度中に2万アカウントの達成を見込んでいる)。

Jooto
Image credit: Skipforward

PR TIMES 代表取締役の山口拓己氏は、下田氏と原氏の PR TIMES への参画が、PR TIMES の提供するサービスやアセットの価値向上に寄与すると確信したことを強調。PR TIMES 社内で新規プロジェクトが複数立ち上がる中で、それらのプロジェクトを統括する人材を社内で育成するのと並行し、外部からもリーダーシップを取れる人材を確保する流れを作りたい、と二人が PR TIMES に参画することへの期待感を明らかにした。すなわち、事実上のアキュハイヤ (acqui-hire)と捉えてよいだろう。

今回の Jooto 事業譲渡を投資家は好材料と捉えたようで、東証マザーズにおける PR TIMES の株価は、21日前場の最高値で前日比105円高の3,175円をつけている。

【情報開示】 THE BRIDGE は、PR TIMES と資本業務提携を締結しています。

----------[AD]----------

プレスリリースをYouTuberへーーYouTuberと企業を繋ぐ「BitStar」が「PR TIMES」と業務提携

SHARE:

YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」を運営するBizcastと、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESが業務提携を実施。YouTuberに企業プレスリリースを配信して新商品情報などからYouTube動画公開を促すサービスの提供を行う。 2016年8月9日より、「PR TIMES」の配信メニューとして「YouTuber配信オプション」…

ogimage

YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」を運営するBizcastと、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESが業務提携を実施。YouTuberに企業プレスリリースを配信して新商品情報などからYouTube動画公開を促すサービスの提供を行う。

2016年8月9日より、「PR TIMES」の配信メニューとして「YouTuber配信オプション」のサービス提供が開始される。企業の情報をYouTuberへ伝えるルートが確保され、プレスリリース配信の延長線上でYouTuberとのコラボ動画に取り組むことが可能となる。

prt_youtube-2_0805

実施料金は1回あたり70,000円~。1回の配信につき「BitStar」を通じたYouTuber動画公開は、事前に取扱い可否を判定した上で、最低1本以上を保証するという。Bizcastは、YouTuberによる動画公開がなかった場合、料金は発生しないとしている。

「BitStar」はこれまで、影響力の高いYouTuberと大規模なクライアント向けのマッチングが主だった。今回の提携により提供されるのは、中小規模のクライアントやYouTuber向けのマッチングを行うパッケージサービスだ。中小規模のマッチングが可能になることで、今後「BitStar」を通じたマッチングの頻度が高まっていくことが見込まれる。

Bizcastは今月資金調達を実施し、体制の強化を発表したばかり。新生Bizcastは、順調な滑り出しを見せている。

YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」運営のBizcastがコロプラから資金調達


※情報開示:THE BRIDGEはPR TIMESより出資を受けている。

----------[AD]----------

プレスリリース配信のPR TIMESが東証マザーズ上場へ

SHARE:

企業のプレスリリース配信サービスを手がけるPR TIMESは2月26日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認された(リンク先はPDF)。証券コードは3922、市場区分はマザーズ。上場予定日は3月26日(訂正:31日でした。修正させていただきます)となっている。46万株を公募し、30万株を売出す。(オーバーアロットメントは11万4000株)。主幹事はSBI証券が務める。 価格の仮条件は3月10…

スクリーンショット 2016-02-26 15.42.04

企業のプレスリリース配信サービスを手がけるPR TIMESは2月26日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認された(リンク先はPDF)。証券コードは3922、市場区分はマザーズ。上場予定日は3月26日(訂正:31日でした。修正させていただきます)となっている。46万株を公募し、30万株を売出す。(オーバーアロットメントは11万4000株)。主幹事はSBI証券が務める。

価格の仮条件は3月10日に決定し、ブックビルディングの期間は3月14日から3月18日までとなっている。価格決定は3月22日。平成27年2月期(第10期)の決算は売上高が8億4500万円で、経常利益は9200万円。直近の第11期第3四半期の売上は8億400万円で、経常利益が1億9400万円となっている。

上位株主としてはベクトルが85.6%、GMCM Venture Capital Partners Ⅰ Incが12.5%、代表取締役の山口拓己氏が1.6%、取締役の山田健介氏が0.3%と続く。

PR TIMESの創業は2005年12月。PR事業を展開するベクトル【6058】の100%子会社として設立(当時の社名はキジネタコム)。2年後の2007年に社名をPR TIMESに変更し、同年4月からニュースリリース配信サービス「PR TIMES」を開始、2015年8月時点の利用数は1万社を突破(※1)し、同年10月時点の総ページビュー数は590万に到達している。(※1:2月25日時点での利用数は12000社に到達している

また連結子会社となるマッシュメディアは「IRORIO」「techjo」「isuta」などの生活情報社向けニュースメディアを運営している。

※付記:これらの情報は有価証券報告書および過去の本誌取材記事等を参考にまとめた。

※情報開示:THE BRIDGEはPR TIMESより出資を受けている。

----------[AD]----------

たった一行のコードで、スマホ時代に合ったメッセージ形式のカスタマーサポートが提供できる「Tayori」

SHARE:

本媒体でも、特設枠を用意して企業から集まるプレスリリースをご紹介している「PR TIMES」。そんなニュース配信で知られるPR TIMESが、新たに無料カスタマーコミュニケーションツール「Tayori」の提供を開始しました。 Tayoriは、スマートフォン時代に最適化されたカスタマーコミュニケーションツール。顧客との対話をより快適にし、カスタマーサポートをより円滑にしてくれるものです。 たった一行…

無料カスタマーコミュニケーションツール「Tayori」
無料カスタマーコミュニケーションツール「Tayori」

本媒体でも、特設枠を用意して企業から集まるプレスリリースをご紹介している「PR TIMES」。そんなニュース配信で知られるPR TIMESが、新たに無料カスタマーコミュニケーションツール「Tayori」の提供を開始しました。

Tayoriは、スマートフォン時代に最適化されたカスタマーコミュニケーションツール。顧客との対話をより快適にし、カスタマーサポートをより円滑にしてくれるものです。

たった一行のコードで設置可能

Tayori

WebサイトへのTayoriの設置は、たった一行のコードをコピー&ペーストするだけ。サイトの個別ページごとにフォームを設置することができ、「簡易お問い合わせ」「会社お問い合わせ」「注文に関するお問い合わせ」「イベント参加予約用」など、計7種類のフォームがあらかじめ用意されています。

顧客との対話を、メッセージアプリ形式で行えるのもTayoriの特徴の一つ。小さなスマートフォンの画面でも見やすく、ユーザーが慣れ親しんだメッセージという形にすることで、心理的ハードルを下げてくれる効果もありそうです。パソコンサイトではフォーム形式、スマートフォンサイトではメッセージ形式など表示の変更も可能です。

より良いカスタマーサポートを提供するために肝心なのは、わかりやすいインタフェースなどはもちろんのこと、そのオペレーション。Tayoriでは、集まった問い合わせがタスク形式で管理されるため、タスク完了までが一目瞭然。また、問い合わせの件数や時間帯などのアクティビティを分析することで、人員の配置などカスタマーサポート体制の最適化に役立ちます。

PR TIMESが自社のニーズを製品化

Tayoriは、フリーミアムモデル。基本的な機能は無料で使うことができますが、3アカウントまで作成が可能なチームプラン(3,700円/税別月額)、5アカウントまで作成できるスタンダードプラン(8,000 円/税別月額)、アカウント数が無制限で設定出来るエンタープライズプラン(27,000 円/税別月額)など、規模に応じたプランを用意しています。

配信したリリースに対して、毎日のように生活者から多数の問い合わせが集まるPR TIMES。その対応をする中で、カスタマーサポートを補完するツールのニーズを感じて、今回の新製品の開発に至りました。

プレスリリースは、企業と生活者の間にある一つの大きな接点です。そこをサポートしてきたPR TIMESが、その接点を強化するツールを開発することは極自然な流れかもしれません。Tayoriを通じて、生活者ともっと対話できる企業を増やし、対話を育むことで企業のロイヤルカスタマーを増やす支援をしていくとのことです。

【情報開示】THE BRIDGE は サイト内のプレスリリース配信という形でPR TIMESと協力関係にあります。

----------[AD]----------

THE BRIDGEがPR TIMESと提携、サイト内でのプレスリリース配信を開始

SHARE:

THE BRIDGEを読んでくださってる読者のみなさま、こんにちは。代表の平野です。 普段、軽いお知らせはコーポレートサイトの方で実施しているのですが、今日の発表は取材対象となるスタートアップの方々にも関係がありそうなので、こちらにも書くことにしました。 私たちTHE BRIDGEは2月16日、PRTIMESと業務提携し、同社の提供するプレスリリースコンテンツの配信を開始します。 PRTIMES利…

THE_BRIDGE(ザ・ブリッジ)

THE BRIDGEを読んでくださってる読者のみなさま、こんにちは。代表の平野です。

普段、軽いお知らせはコーポレートサイトの方で実施しているのですが、今日の発表は取材対象となるスタートアップの方々にも関係がありそうなので、こちらにも書くことにしました。

私たちTHE BRIDGEは2月16日、PRTIMESと業務提携し、同社の提供するプレスリリースコンテンツの配信を開始します。

PRTIMES利用者のみなさんがプレスリリースを配信すると、THE BRIDGEサイト内にある「PRTIMESタブ」にコンテンツを掲載することができます。PRTIMES利用者の方であれば特別な料金は不要で配信は自動です。

また、これらのコンテンツはサイト内のウィジェット上にも掲載されるので、普段私たちの取材編集記事を読んでいただいている読者のみなさんにの目に触れるようになっています。

なお、一般の読者のみなさんにはコンテンツが私たちの編集記事なのか、それともプレスリリースなのかわかるように、リリースコンテンツについては大きく見出しにプレスリリースである旨が掲載されます。また、RSSについても別のものをご用意して記事と区別するようにしてあります。

これに伴い、PRTIMESではスタートアップ限定の無料プログラム「PR TIMES スタートアップチャレンジ」の条件緩和も発表されています。この詳しい条件については、今日から配信が開始となったこちらのプレスリリースをぜひご覧ください。(こういう使い方ができるので大変便利です)

スタートアップチャレンジにTHE BRIDGE会員の2社が採択

早速ではありますが、先日2月4日に開催しましたTHE BRIDGEのデモイベントにてブース出展していただいた21社から次の2社にPRTIMES賞として無償利用の権利を頂いております。おめでとうございます。

  • 株式会社トレタ
  • Repro株式会社

こちらの2社には追ってご連絡をさせていただきます。

本提携の経緯について

PRTIMES代表取締役の山口拓己氏とスタートアップのPR、マーケティングについて話をするなかでこの企画は実現しました。

普段、私たちはスタートアップの取材を通じて彼らの活躍や成長を伝えておりますが、一方で、そのすべてを伝え切れているわけではありません。今もメールボックスには多くの「リリース」が届いたままになっています。

ソーシャルメディアが整備された現代、企業から発表された情報を私たちのような小さなメディアがそのままコピペして伝えることにあまり価値はありません。なので、メンバーは届いた情報からこれだけというものを選別し、時間を割いて取材をする、それが私たちのスタイルでした。

ただ、徐々に読んでいただける機会が増えるに伴い、やはりより多くの情報を伝える役割、使命もでてきたのかなと最近感じつつありました。

そしてこの度、PRTIMESさん、山口さんたちのご協力で、みなさんの情報をそのまま伝えられる仕組みをご用意できたのはこういった非効率をなくすことにも繋がるのかなと考えております。

さらに、PRITMESさんが認めるスタートアップの方には無料で使えるプランもご用意されているということで、私たちがずっと大切にしてきた「ごく初期のスタートアップからはカネを取らない」という考え方にも合ったものと考えています。

今回の私たちの取り組みがスタートアップのみなさんにとって役立つ、有益なものとなることを心から願っています。

----------[AD]----------

「PR TIMES」、スタートアップが条件をクリアするとプレスリリースの配信が無料になるプログラムを開始

SHARE:

数多くのスタートアップが利用しているプレスリリース配信サービス「PR TIMES」が本日新バージョンを公開した。新バージョンのリリースに合わせ、スタートアップが条件をクリアすると「PR TIMES」でのリリース配信が無料になるプログラム「PR TIMESスタートアップチャレンジ」を開始した。 「PR TIMESスタートアップチャレンジ」の対象となるのは、設立年月が24カ月未満で上場企業の子会社では…

最新スタートアップ特典jpeg

数多くのスタートアップが利用しているプレスリリース配信サービス「PR TIMES」が本日新バージョンを公開した。新バージョンのリリースに合わせ、スタートアップが条件をクリアすると「PR TIMES」でのリリース配信が無料になるプログラム「PR TIMESスタートアップチャレンジ」を開始した

「PR TIMESスタートアップチャレンジ」の対象となるのは、設立年月が24カ月未満で上場企業の子会社ではない企業だ。同プログラムの利用申し込みを行い、プレスリリースの配信後、24時間以内に「企業のフォロワー数」が合計50人以上になること、配信したプレスリリースのPR TIMES上のユニークユーザ数が500以上になることで、配信が無料になるという。

今回の新バージョンから一般ユーザが企業のフォロワーとなることが可能となった。クリア条件のひとつ、「企業のフォロワー数」はこのフォロワー数となる。この他にも、プレスリリース本文中に直接、slideshareや表の挿入が可能になるなど表現がリッチになり、企業詳細ページにFacebookアカウントやYouTubeチャンネルを連携する「企業公式アカウント連携」なども新しく機能として追加された。

----------[AD]----------