THE BRIDGE

タグ Wandoujia(豌豆荚)

輝きを失うユニコーンクラブ:第3四半期の新規ユニコーンは9社にとどまり、評価額合計の伸びはプラス300億米ドルに落ち込む

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。 2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。 企業価値の成長と…

Image Credit: Yosuke Muroya
Image Credit: Yosuke Muroya

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。

2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。

企業価値の成長という面からみれば、19のラウンドで上昇し、18は評価額に変化なし、そして1つだけ減少したラウンドがあった。それは Wandoujia(豌豆荚)で、前回の評価額10億米ドルから80%減少した額で買収された。全企業の評価額合計の推移では、304億2,000万米ドルのプラス成長(第2四半期は750億米ドル)を守っているが、ユニコーンクラブ(10億米ドルの評価額に達した企業)の健全さが失われつつあることを示唆している。

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)
VB Profilesによる高解像度のユニコーンクラブ・ランドスケープはこちら. (VB ProfilesはVentureBeatとSpoke Intelligenceが協同している取り組みである.)

第3四半期に新たにユニコーンとなった9社

Ubtech Robotics:Ubtech は初期シリーズ B ラウンドで CDH Investment から1億米ドルを調達した。中国のインテリジェント人型ロボットメーカーである同社は、教育やエンターテイメントにさらなる応用事例を広げようとしている。

OfferUp:アメリカに本拠を置く同社は Warburg Pincus 主導のシリーズ C ラウンドで1億1,900万米ドルを調達し、10億ドルの企業価値を達成した。地元バイヤーとセラー向けのモバイルベースのマーケットプレイスである同社は2015年に突如登場し、この資金でユーザエクスペリエンスの改善と新規市場の開拓を狙う。

Deliveroo:食品デリバリーを手がける同社は2億7,500万米ドルを調達し、競争の激しい食品デリバリー市場で投資家をひきつける数社の仲間入りを果たした。

U51.com:中国のフィンテックアプリを手がける同社は Tiantu Capital 主導のラウンドで3億1,000万米ドルを調達した。このアプリはクレジットカードの支払いの整理、ウェルスマネジメント商品への投資、オンラインでのローン申し込み、その他個人信用ベースでの金融サービスを提供している。

Compass:不動産プラットフォームを手がける同社は7,500万米ドルのシリーズ D ラウンドの後、新規市場への成長と、家の売買や賃貸のシームレスで気の利いたユーザエクスペリエンスを消費者とエージェントに提供することに注力する。

Unity:DFJ 主導のシリーズ C ラウンドで1億8,100万米ドルを調達して評価額が15億米ドルに達した Unity は、2D、3D、VR、AR ゲームとエクスペリエンスを製作する最大の開発プラットフォームで、インディーズからトリプル A(300万本以上販売するトップセラー)のゲームにまで使われている。

Quanergy:自動運転車のセンサーを開発するシリコンバレー発の同社は9,000万米ドルを調達し、評価額は16億9,000万米ドルに達した。同社の LiDAR センサーは、自動運転車を開発する5つの自動車メーカーに既に採用されている。

Hike:インドでの WhatsApp のライバルとなる同社は、Tencent 主導のシリーズ D ラウンドで1億7,500万米ドルを調達し、14億米ドルの評価額に達した。設立して4年となるメッセージングアプリの同社はソーシャルメディア企業としてインド初のユニコーンとなった。

Go-Jek:インドネシアに本拠を置くユニコーン Go-Jek は5億5,000万米ドルを調達し、Uber や Grab と競合している。Go-Jek は調達後で13億米ドルの評価額となり、20万人のバイクドライバーを擁し1日に66万7,000件の予約があるとしている。

1件の IPO と2件の買収

Nuantix は9月にIPOで2億3,790万米ドルを調達したと発表している。カリフォルニアに本拠を置きデータセンターのインフラ提供を手がける同社は、昨年12月に IPO のための手続きを開始したが、数ヶ月の間進捗が止まっていた。同社は IPO 当日に50億米ドルの評価額となっており、2014年8月における前回の評価額から30億米ドルの増加となっている。

Jet.com は数週間にわたる買収の噂の後、Walmart に30億米ドルで買収された。Jet.com の CEO である Marc Lore 氏はその地位に残り、Walmart のアメリカでの e コマース事業に注力する。Jet.com の技術により Walmartでは、(e コマースの)注文をリアルタイムで処理し、適切なベンダーに割り振ってコストを低く抑え、また大規模発注による値引きを実現する。

中国の Android アプリストアである Wandoujia は Alibaba(阿里巴巴)に買収され、同社のモバイルビジネスを手がけることとなった。Wandoujia は一時10億米ドルの価値をつけていたが、Huawei(華為) や Xiaomi(小米)といったスマートフォンメーカーが自社のアプリストアをオープンして激しい競争で苦しんだ後、たった2億米ドルで買収されることになった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国のAndroidアプリストアWandoujia(豌豆荚)をAlibaba(阿里巴巴)が買収——評価額は前調達時の5分の1に大きく切り下げか

SHARE:

Eコマース巨人の Alibaba(阿里巴巴)は、中国最大のアプリストアの一つ Wandoujia(豌豆荚)を買収することで合意した。これは、Wandoujia の創業者が火曜日(7月5日)にソーシャルメディアで投稿した内容による。 Wandoujia の CEO Wang Junyu(王俊煜)氏は次のように述べている。 Wandoujia と Alibaba Group(阿里巴巴集団)は正式に合併…

wandoujia
Image credit: Wandoujia

Eコマース巨人の Alibaba(阿里巴巴)は、中国最大のアプリストアの一つ Wandoujia(豌豆荚)を買収することで合意した。これは、Wandoujia の創業者が火曜日(7月5日)にソーシャルメディアで投稿した内容による。

Wandoujia の CEO Wang Junyu(王俊煜)氏は次のように述べている。

Wandoujia と Alibaba Group(阿里巴巴集団)は正式に合併契約に調印しました。Wandoujia のアプリ配信ビジネスは、Alibaba のモバイルビジネスグループに統合される予定です。

Wandoujia の初期の投資家には、Alibaba、ソフトバンク、Goldman Sachs などがいる。Alibaba への買収前の段階では、ソフトバンクが Wandoujia にとっての最大の株主だった。ちなみに、Wandoujia とは中国語でエンドウ豆の意味である。

中国のゲームとマーケティングのリサーチ会社 Newzoo が2015年に発表したランキングでは、Wandoujia は中国で7つ目に大きいアプリストアとされている。この段階で Wandoujia は全市場の約6%しかシェアをとっておらず、いかなるモバイルブランド大手やテック業界大手とも提携関係に無いアプリストアだった。

Wang 氏は次のようにも語っている。

Wandoujia のアプリ配信ビジネスは今後も独立運営され、Alibaba Group のブランド名のもと、最強の Android アプリ配信企業になるでしょう。

国営の China Daily(中国日報)が引用した Alibaba の発表によれば、この買収における Wandoujia の評価額は2億ドルとされ、もしこの数字が正しければ、2014年にソフトバンクがリードした以前の資金調達ラウンド時の評価額10億ドルから、大きくデバリュエーションしたことになる。

中国では現在も Google Play は中国でも規制されているため、アプリストアは、Tencent(騰訊)、Baidu(百度)、Xiaomi(小米)、Huawei(華為)、Quhoo 360(奇虎360)など主要プレーヤーに分散している。

Technode(動点科技)はこの買収に関して詳細を Alibaba に確認中だが、本記事の掲載までに回答は得られていない。詳報については追って追記する。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のAndroidアプリストアWandoujia(豌豆荚)が、ソフトバンク等から1.2億ドルを調達

SHARE:

中国のアプリ配信事業者で、モバイルサービス・プロバイダの Wandoujia(豌豆荚、または英語表記で SnapPea)は今日(原文掲載日:1月13日)、シリーズBラウンドで1.2億ドルを調達したと発表した。このラウンドはソフトバンクがリードインベスターを務め、DCM と Innovation Works Development Fund(Google / Microsoft の中国法人CEOを務…

snappea_featuredimage

中国のアプリ配信事業者で、モバイルサービス・プロバイダの Wandoujia(豌豆荚、または英語表記で SnapPea)は今日(原文掲載日:1月13日)、シリーズBラウンドで1.2億ドルを調達したと発表した。このラウンドはソフトバンクがリードインベスターを務め、DCMInnovation Works Development Fund(Google / Microsoft の中国法人CEOを務めた李開復氏が設立したファンド)が出資に参加した。

Wandoujia は自らを、アプリ配信事業者としてよりも、あらゆる種類のモバイルコンテンツやサービスにアクセスできるサービスと位置づけている。2013年の下半期には、モバイルの動画サーチエンジンをリリースした。彼らのプロダクトには、モバイルゲーム向けのアプリ内決済SDKも含まれる。

中国のアプリ配信市場は現在、2013年に 91 Wireless(手機娯楽)買収した Baidu(百度)や、Qihoo(奇虎)を含む数社のプレーヤーが独占している。Wondoujia はそのトップに座に君臨しているが、競合もまたパワフルだ。

2010年4月に設立された Wandoujia は、現在はファンドとなったインキュベータ Innovation Works(創新工場)のただ一回実施されたインキュベーション・プログラムから輩出されたスタートアップである。DCM はシリーズAラウンドで8,000万ドルを拠出、Innovation Works はすべてのラウンドに参加している。

Innovation Works の当該のインキュベーション・プログラムから輩出された、もう一つのアプリ配信事業者 AppChina(応用匯) も売却を模索していると噂されている。同社のアプリ配信事業は思わしい業績を上げていないが、サードパーティのモバイルゲームを運営することで、かろうじて売上を計上している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------