THE BRIDGE

タグ Ubtech(優必選)

中国のUBTECH(優必選)がシリーズCラウンドで8.2億米ドルを調達、評価額は50億米ドルに——AI企業による単一ラウンド調達額で最高額を記録

SHARE:

深圳を拠点とする AI ヒューマノイドロボティック企業 UBTECH(優必選)は、シリーズ C ラウンドで8億2,000万米ドルを調達したと、TechNode Chinese(動点科技)が伝えた。AI 企業による単一ラウンドでの調達額では新記録となる。この調達により、UBTECH の評価額は50億米ドルに達した。 Tencent(騰訊)がリードした今回の調達には、中国工商銀行、Haier(海尔)、…

Alpha1S
Image credit: UBTECH(優必選)

深圳を拠点とする AI ヒューマノイドロボティック企業 UBTECH(優必選)は、シリーズ C ラウンドで8億2,000万米ドルを調達したと、TechNode Chinese(動点科技)が伝えた。AI 企業による単一ラウンドでの調達額では新記録となる。この調達により、UBTECH の評価額は50億米ドルに達した。

Tencent(騰訊)がリードした今回の調達には、中国工商銀行、Haier(海尔)、Telstra、中国民生銀行、Juran Zhijia(居然之家)、CreditEase(宜信)、Geen Pine Capital(松禾資本)といった多くの投資家の参加に加え、2016年に UBTECH が実施した1億米ドルのシリーズ B 調達をリードした CDH Investments(鼎暉投資)が追加出資している。

UBTECH 創業者で CEO の Zhou Jian(周剣)氏は、新たな調達で貴重な投資家がもたらされ、得られた資金により UBTECH が将来の商業化計画に専念することが可能になるだろうと述べた。Jian 氏は、今回の出資が R&D、市場とブランディングの拡大、人材採用の3つの主要分野で使われると述べた。

UBTECH は、成人型ヒューマノイドロボットの開発に多くのリソースを投入し、特にロボット工学で使用されるサーボシステムの研究開発、歩行のための動作制御アルゴリズム、コンピュータビジョン(映像分析)に焦点を当てると語った。

2012年に設立された UBTECH は、ヒューマノイドロボット、業務用ロボット、子ども用 STim 学習用ロボット Jimu を開発した。UBTECH の製品は現在、アジア、北米、ヨーロッパ、東南アジアの40カ国以上で販売されており、世界中に7,000以上の小売店がある。同社は2016年、評価額が10億ドルを上回りユニコーンの地位に達した。

UBTECHは、Amazon や Disney といった多くのアメリカ企業と協力してきた。UBTECH のロボット「Lynx」は、Amazon の Alexa によって動作し、Alexa を通じてスマートホームデバイスを制御することができる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Tencent(騰訊)、家庭用AIロボットを開発するUBTECH(優必選)に4,000万米ドルを出資

SHARE:

中国・深圳を拠点とする UBTECH(優必選)は昨日(11月15日)、Tencent(騰訊)がリードするシリーズ C ラウンドで4,000万米ドルを調達したと発表した。 2012年3月に設立された UBTECH はインテリジェントな家庭用ロボットの研究開発に注力しており、以降、パーソナルアシスタントや娯楽用として利用可能なロボット「Alpha」と「Alpha II」をローンチしてきた。同社のAlp…

UBTECH(優必選)の設立者 Zhou Jian(周剣)氏
Image credit: UBTECH(優必選)

中国・深圳を拠点とする UBTECH(優必選)は昨日(11月15日)、Tencent(騰訊)がリードするシリーズ C ラウンドで4,000万米ドルを調達したと発表した

2012年3月に設立された UBTECH はインテリジェントな家庭用ロボットの研究開発に注力しており、以降、パーソナルアシスタントや娯楽用として利用可能なロボット「Alpha」と「Alpha II」をローンチしてきた。同社のAlpha 1Sモデルは以前、春節に開かれる「2016年度 CCTV Spring Festival Gala(中国中央電視台春節聯歓晩会」でパフォーマンスを行い、「同時にダンスするロボットの数」でギネス記録を打ち立てた。同社の主な注力分野には、人工知能のほかヒューマノイド・ロボットの研究開発、プラットフォーム・ソフトウェアの開発、製品の販売がある。

今回の投資には、Tencent がさらにAIに投資を集中させる動きも表れている。インターネット大手である同社は、人気が過熱している AI セクターに企業努力と資金を集中させているからだ。国際ロボット連盟(IFR)の予測によると、2016年から2019年にかけて新たに4,200万台のサービスロボットが個人向け、国内向けとして利用されるようになるという。Rokid、Pudding(布丁)、Jett Companion Robot といった多くの中国企業はこれまで市場に家庭用ロボットを市場投入してきたが、UBTECH もその1社である。

深圳を拠点とするロボティクス技術のスタートアップである UBTECH は2016年にシリーズ B で CDH Investments(鼎暉投資)から1億米ドルを調達している。シリーズ B の調達によって時価総額が10億米ドルとなり、同社はロボティクスのユニコーン企業になったと言われている。中国のこの業界でユニコーンが誕生したのは同社が初のケースだった。

UBTECH の設立者 Zhou Jian(周剣)氏は2008年、ホンダのヒューマノイド・ロボット ASIMO に触発されてヒューマノイド・ロボットでコアのソースとなるサーボ機構の研究開発に着手したという。UBTECH を設立したのはその4年後で、消費者向けヒューマノイド・ロボット、商用ヒューマノイド・ロボットのほか、子ども向けでプログラミング可能なロボティクスキットである Jimu ロボットなどを順次開発している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の新興バーティカルから誕生したユニコーン・スタートアップ5選

SHARE:

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生し…

Image credit: DanDan_520 / 123RF

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生したユニコーンスタートアップを紹介しよう。

<関連記事>

URWork(優客工場)——コワーキング

URWork(優客工場)
Image credit: URWork(優客工場)
  • 時価総額:10億2,000万米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月18日

中国でブームとなっているコワーキングスペースの業界リーダーとして、URWork は今年1月、時価総額70億人民元(10.2億米ドル)で4億人民元(5,800万米ドル)をシリーズBラウンドで調達し、このセクターで初のユニコーンとなった。

同社は2015年4月、中国の不動産コングロマリット (万科集団)前副社長の Mao Daqing(毛大慶)氏によって設立された。このコワーキング企業はただ物理的なスペースを提供するだけでなく、金融アシスタントプラットフォーム、人的資源サービス、スタートアップアクセラレーションプログラム、スペースデザインなど、あらゆるサポートサービスに関わるエコシステムを積極的に構築している。

不動産サービス JLL のデータによると、中国のコワーキングスペース数は2016年に急増し、前年にはごくわずかだったのが、今や上海と北京だけで500を超えているという。このセクターにおける大手には、Soho 3Q、naked Hub(裸心社)People Squared(連合創業弁公社)SandboxSimplyWork(思微) などがいる。

<関連記事>

Zhihu(知乎)——ナレッジシェアリング

Image credit: Zhihu(知乎)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月12日

中国は、無料のナレッジから有料のナレッジへと変化しており、この動きは同セクターで初のユニコーンを生み出した。それは、中国のQ&Aプラットフォーム Zhihu だ。

Zhihu はユーザがさまざまな分野で専門家の見解を求めることができる。今月、時価総額10億米ドルで1億米ドルのシリーズDラウンドを終えた

同社は最近中国でトレンドとなっているナレッジシェアリングの資本化を成功させている企業の1社だ。競合には、科学ネットワーキングプラットフォームの Guokr により開発されたナレッジシェアリングサービス Fenda(奮達)Baidu Zhidao(百度知道) などがある。

<関連記事>

iCarbonX(碳雲智能)——バイオテクノロジー

Image credit: iCarbonX(碳雲智能)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年4月12日

巨大な市場と政府からの支援のおかげで、中国のバイオテクノロジー市場はブーム最高潮を迎えている。バイオテクノロジースタートアップの iCarbonX は昨年4月、時価総額10億米ドルで10億人民元(約1億5,400万米ドル)をシリーズAラウンドで調達した。

同社は、遺伝子データやスマートハードウェアデバイス由来のデータなどさまざまな健康関連データを処理できる、ビッグデータ主導の健康プラットフォームの構築を進めている。

<関連記事>

UBTECH Robotics(優必選)——ロボティクス

Image credit: UBTECH Robotics(優必選)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年7月26日

2012年に設立されたUBTECH Roboticsは、教育とエンターテイメント分野向けにヒューマノイドロボットの研究、開発、商業化に取り組んでいる。

二足歩行のエンターテイメントロボット Alpha 2 を開発したスタートアップとして、中国で旧正月に行われる非常に人気の年越しカウントダウン番組 CCTV(中国中央電視台)の「Gala(春節聯歓晩会)」に昨年出演し、「同時に踊るロボットの数で最多記録」を達成し世界ギネス記録に登録されて以降、大量の無料広告を獲得した。

Guazi(瓜子)——中古車取引

Image credit: Guazi(瓜子)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年3月12日

Guazi.com は、後に競合のオンライン広告サイト 58.com(58同城)と合併した Ganji.com(赶集、Craigslistに対抗するとして設立)によって設立された。この中古車取引プラットフォームはその後同コンソーシアムからスピンオフし、さらなる急成長を実現した。昨年、時価総額10億米ドルで2億米ドルの資金調達を完了している。

中古車取引は、中国のネット企業がディスラプトしようとしている伝統的な業界の1つだ。この成長著しい市場には、Cheyipai(車易拍)Youxinpai(優信拍)Renrenche(人人車) など多くのプレーヤーがいる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

輝きを失うユニコーンクラブ:第3四半期の新規ユニコーンは9社にとどまり、評価額合計の伸びはプラス300億米ドルに落ち込む

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。 2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。 企業価値の成長と…

Image Credit: Yosuke Muroya
Image Credit: Yosuke Muroya

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。

2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。

企業価値の成長という面からみれば、19のラウンドで上昇し、18は評価額に変化なし、そして1つだけ減少したラウンドがあった。それは Wandoujia(豌豆荚)で、前回の評価額10億米ドルから80%減少した額で買収された。全企業の評価額合計の推移では、304億2,000万米ドルのプラス成長(第2四半期は750億米ドル)を守っているが、ユニコーンクラブ(10億米ドルの評価額に達した企業)の健全さが失われつつあることを示唆している。

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)
VB Profilesによる高解像度のユニコーンクラブ・ランドスケープはこちら. (VB ProfilesはVentureBeatとSpoke Intelligenceが協同している取り組みである.)

第3四半期に新たにユニコーンとなった9社

Ubtech Robotics:Ubtech は初期シリーズ B ラウンドで CDH Investment から1億米ドルを調達した。中国のインテリジェント人型ロボットメーカーである同社は、教育やエンターテイメントにさらなる応用事例を広げようとしている。

OfferUp:アメリカに本拠を置く同社は Warburg Pincus 主導のシリーズ C ラウンドで1億1,900万米ドルを調達し、10億ドルの企業価値を達成した。地元バイヤーとセラー向けのモバイルベースのマーケットプレイスである同社は2015年に突如登場し、この資金でユーザエクスペリエンスの改善と新規市場の開拓を狙う。

Deliveroo:食品デリバリーを手がける同社は2億7,500万米ドルを調達し、競争の激しい食品デリバリー市場で投資家をひきつける数社の仲間入りを果たした。

U51.com:中国のフィンテックアプリを手がける同社は Tiantu Capital 主導のラウンドで3億1,000万米ドルを調達した。このアプリはクレジットカードの支払いの整理、ウェルスマネジメント商品への投資、オンラインでのローン申し込み、その他個人信用ベースでの金融サービスを提供している。

Compass:不動産プラットフォームを手がける同社は7,500万米ドルのシリーズ D ラウンドの後、新規市場への成長と、家の売買や賃貸のシームレスで気の利いたユーザエクスペリエンスを消費者とエージェントに提供することに注力する。

Unity:DFJ 主導のシリーズ C ラウンドで1億8,100万米ドルを調達して評価額が15億米ドルに達した Unity は、2D、3D、VR、AR ゲームとエクスペリエンスを製作する最大の開発プラットフォームで、インディーズからトリプル A(300万本以上販売するトップセラー)のゲームにまで使われている。

Quanergy:自動運転車のセンサーを開発するシリコンバレー発の同社は9,000万米ドルを調達し、評価額は16億9,000万米ドルに達した。同社の LiDAR センサーは、自動運転車を開発する5つの自動車メーカーに既に採用されている。

Hike:インドでの WhatsApp のライバルとなる同社は、Tencent 主導のシリーズ D ラウンドで1億7,500万米ドルを調達し、14億米ドルの評価額に達した。設立して4年となるメッセージングアプリの同社はソーシャルメディア企業としてインド初のユニコーンとなった。

Go-Jek:インドネシアに本拠を置くユニコーン Go-Jek は5億5,000万米ドルを調達し、Uber や Grab と競合している。Go-Jek は調達後で13億米ドルの評価額となり、20万人のバイクドライバーを擁し1日に66万7,000件の予約があるとしている。

1件の IPO と2件の買収

Nuantix は9月にIPOで2億3,790万米ドルを調達したと発表している。カリフォルニアに本拠を置きデータセンターのインフラ提供を手がける同社は、昨年12月に IPO のための手続きを開始したが、数ヶ月の間進捗が止まっていた。同社は IPO 当日に50億米ドルの評価額となっており、2014年8月における前回の評価額から30億米ドルの増加となっている。

Jet.com は数週間にわたる買収の噂の後、Walmart に30億米ドルで買収された。Jet.com の CEO である Marc Lore 氏はその地位に残り、Walmart のアメリカでの e コマース事業に注力する。Jet.com の技術により Walmartでは、(e コマースの)注文をリアルタイムで処理し、適切なベンダーに割り振ってコストを低く抑え、また大規模発注による値引きを実現する。

中国の Android アプリストアである Wandoujia は Alibaba(阿里巴巴)に買収され、同社のモバイルビジネスを手がけることとなった。Wandoujia は一時10億米ドルの価値をつけていたが、Huawei(華為) や Xiaomi(小米)といったスマートフォンメーカーが自社のアプリストアをオープンして激しい競争で苦しんだ後、たった2億米ドルで買収されることになった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------