支出を見える化する家計簿アプリ「Photo Money」、週単位の見直し機能で効率的な支出改善をサポート

by Rick Martin Rick Martin on 2014.5.13

photomoney

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

ここ数年間にわたって、日本のデベロッパからは多くの家計簿アプリがリリースされてきた。中でも特筆すべきは、ZaimReceReco の両者が、レシートを素早くスキャンするために OCR を実装し、非常に入力しやすい方法を採用していることだ。しかし今日は、個人の支出を管理する上で、より〝見える化アプローチ〟を取る新しいアプリを紹介したいと思う。名前は Photo Money だ。

現在、英語と日本語の両方が使え、iOS 版が利用可能だ。このアプリでは、購入したあらゆるものを写真撮影し、大きな計算機のようなインタフェースを使って価格を入力する。あらゆる通貨で入力できるので、世界中のユーザが Photo Money を使うことが可能だ。こうして購入履歴を記録した結果は、見える化された状態で表示され、ユーザは時間を遡って支出を見直すことができる。

他のアプリと異なる点は、週単位でのみ記録を表示する点だろう。フォトギャラリー画面で画面のスペースの制約からなのかもしれないが、このデベロッパによると、週単位で見ることで、支出の改善で繰り返す見直し作業が短時間で済ませるから、ということだ。今週の支出が好ましい結果ではなかったら、このアプリを使って、次の月曜日からは、よりよい一週間のスタートを切ることが出来るだろう。

Photo Money は RandyApps [1] が開発しており、有料で広告非表示版が欲しいと思うユーザは少なくないだろうが、このアプリは広告表示をするアプリだ。アプリストアでは上位にはランク入りしていないが、競争相手がそれほどは多くない「ファイナンス」カテゴリに入っていれば(当面「写真/ビデオ」アプリのカテゴリに入っている)、Zaim や ReceReco のようにより目立つ存在になっていただろう。

photo-money-2-620x516


  1. 私は日本のデベロッパと話をしたが、彼らは日本か、オーストラリアを拠点としていると思われる。確信はない。 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------