CES 2017で見つけた、興味深いスマートガジェット9選

e27 by e27 on 2017.1.10

las_vegas

ラスベガスには、こんなことわざがある。

ラスベガスで起きることは、それ以外の街では起きない。

しかし、年に一度開催される、世界で最も大きく有名なエレクトロニクスショー Consumer Electronics Show(CES)で披露される電化製品は、世界中の家電業界に永遠のインパクトをもたらす。言うまでもなく、その数多くの中の少しだけがヒット商品となり、そのほかはポシャってしまう。

今日、e27 は CES2017 が正式にオープンする2日前に家電の将来を垣間見ることができた。今年のテーマは、スマートデバイスのすべてだ。本稿では、e27 の目に留まった9つの興味深いガジェットを紹介したい。手の込んだものもあれば、シンプルなものもある。今後数日のうちに、より多くが公開されるだろう。

VR を体感できる「Hypersuit」(フランス)

hypersuit

Hypersuit は、地面に足をついていながら、宙を飛んでいるような感覚を覚えさせてくれる外骨格だ。リアルで墜落死するような心配をせず、無限に広がるバーチャルな空を飛ぶことができる。

しかも、Hypersuit の用途はエンターテイメントだけではない。このプロダクトを開発したメーカーは、理学療法やリハビリ目的にも使えると説明している。また、軍事目的でも使えるだろう。ウインドスーツを着用しなければならない兵士は、まず Hypersuit で訓練を始められる。

Hypersuit は、この外骨格製品のレンタル/サブスクプション・プログラムを始める計画だ。同社によれば、将来的にはモーターバイクに乗るなど、他の似たような動作にも使えるだろうとのこと。

氷上のバーチャルツアーが楽しめる、Cerevo の「Taclim」(日本)

smart_footwear

氷上を実際には歩いていないのに、どんな風に感じるか知りたくないだろうか? 日本の Cerevo は、感触が得られるフットウェア「Taclim」を開発した。歩いた反応が感覚として得られるので、草原、砂漠、水の中など、さまざまな地形の形状を再現できる。

Unity と連携できるので、デベロッパは自らカスタマイズした地形の形状を作成し、Taclim にインストールすることができる。

指輪を使ったスマートトラッカー「Motiv Ring」(アメリカ)

motiv_ring

市場には、睡眠の状態や心拍数を補足するデバイスが多数出回っている。しかし、「Motiv Ring」は、より効果的に値を捕捉でき、ユーザフレンドリーなのだそうだ。まず、小さく、軽く(外側はチタン製)、指に入りやすい。そして、もちろん防水だ。

しかし、着け心地がいいのに加え、このトラッカーを指に入れると、より実用的な機能が使えるようになる。正確な心拍数計測が可能になるのだ。その正確さは、病院で医師が患者の指に装着したパルスオキシメーター(血中酸素飽和度数計)で心拍数を計測していることからも明らかだ。

どこへでも連れってくれる電気スクーター「Immotor GO」(アメリカ)

mobilescooter

Immotor GO は本格的なスマート電気スクーターだ。GPS トラッキング、Bluetooth スピーカー、カメラ、デジタル操作によるロック、事故が起きそうな時には警報が鳴るなどの機能が備わっている。

この三輪スクーターには面白い装置がついている。独自開発の着脱可能なスマートバッテリーだ。

オーバーヒートなど、故障時には電源を自動で遮断する機能も備わっている。悪天候の中でも使え、他のデバイスに充電することも可能だ。

Immotor Go は時速20マイル(32キロ)までスピードを出すことができ、折り畳んで狭い場所に収納することもできる。

伸縮自在の高さ調節可能なハンドルバーがついているので、持ち運びも容易だ。

まるで第二の皮膚のように機能する衣料「e-skin」(日本)

motioncapture

映画やゲームの特殊効果は、来ている服とカメラを使って俳優の動きを捕捉し、それをバーチャルキャラクターに置き換えることで制作している。スマートアパレル・スタートアップの Xenoma のソリューションで必要なのは服だけだ。

服の中には伸び縮み可能なワイヤーと14個のセンサーが入っている。Printed Circuit Fabric(PCF=プリント回路衣料)というものだ。「e-skin」はスポーツ、睡眠習慣などの活動を捕捉するのにも使える。

一台ですべてを制御できるリモコン「Sevenhugs」(フランス)

smart_remote

Sevenhugs は、スマートフォンへの依存度を下げてくれるスマートリモコンだ。アプリやセンサーと共に動作する。ユーザがあるアプリをセンサーに割り当てると、リモコンをセンサーに向けるだけでアプリを起動させることができる。

例えば、フロントドアにセンサーをつけておいて、そのセンサーを Uber のアプリに割り当てておく、というような具合だ。センサーがまく動作しないときは、ユーザがメニューをスクロールしてアプリを見つけることができる。

<関連記事>

あらゆるシャツをスマートに Mevics の IoT(ウクライナ)

smart_posture

Mevics の IoT デバイスは控えめながら、慢性的な不愉快からユーザを解放してくれる。ユーザが来ているシャツの前部に貼れば、前かがみなどの不適切な姿勢を検知してくれる。警告は振動で伝えられる。さらに、何歩あるいたか、何カロリー消費したかなどの値を計測することも可能だ。

ヘアブラシさえもスマートに「Kerastase Hair Coach」(フランス)

smart_hairbrush

今日、すべてのものがスマートになりゆくなかで、ヘアブラシとて例外ではない。ヘアケア企業の Ketrastase は家電メーカーの Withings と提携、ヘアケアを捕捉する世界初のスマートヘアブラシを開発した。

Kerastase Hair Coach には、ちぢれ、乾燥、枝毛、断毛、といった髪の状態を検出するために、ブラッシングする音を披露マイクが備わっている。また、ブラッシングのパターンを検出するアクセラレータとジャイロスコープが備わっており、力を入れすぎている際にはユーザに知らせてくれる。髪が湿っているか、乾いているかも検出可能だ。

これらの情報はアプリに記録・保存され、天気などの外部情報と組み合わせることで、正確な毛髪の管理や質の捕捉が可能になる。

眠りを誘うだけではなく、眠りの質を向上する「Sensorwake Oria」(フランス)

smart_scent

Sensorwake のデバイス「Oria」は簡単に説明ができる。2つの着脱可能な香りのカプセルで眠りへと誘う。一つの香りはユーザを眠りへと呼び込み、その約40分後には、もう一つの香りが眠りをより深いものにしてくれる。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

e27

e27

E27 は、アジアのテクノロジー業界に特化したメディアです。シリコンバレー・スタイルの、コミュニティ主導によるアジアのテクノロジー・イノベーションを牽引したいと考えています。年に一度、アジア最大のテックイベント「Echelon」を主催しています。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース