人事労務クラウドのSmartHR、500 Startups Japan組成のSPVによりシリーズBラウンドで15億円を資金調達——東京海上日動、日宣などから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.1.23

(左から)東京海上日動火災 住隆幸氏、500 Startups Japan マネージングパートナー 澤山陽平氏、SmartHR CEO 宮田昇始氏、500 Startups Japan 代表 James Riney 氏、SmartHR CFO 玉木諒氏
Image credit: Masaru Ikeda

クラウド人事労務サービス「SmartHR」を提供する SmartHR は23日、戦略的スキーム SPV(Special Purpose Vehicle)を活用し、シリーズBラウンドで15億円を調達したと発表した。この SPV では、前回のシリーズ A ラウンドに参加した 500 Startup Japan が SmartHR のシリーズ B ラウンド専用のファンドを組成、東京海上日動火災、日宣(東証:6543)のほか、名称非開示の機関投資家3社、CVC、個人投資家が参加した。これとあわせ、500 Startups Japan 代表の James Riney 氏が社外取締役に就任する。

23日、東京・半蔵門の SmartHR 新オフィスで開催された記者会見で、Riney 氏は「スタートアップの資金調達では、経営者が3ヶ月〜6ヶ月程度、時間を取られてしまうことが多い。(経営者が経営に集中してもらうために)僕らが代わりに集めて来るから、と言って、宮田氏(SmartHR 代表取締役)に信じてもらった」と語り、資金調達するスタートアップに代わって、ファンドが LP から資金を募るスキームであると説明した。先週 SmartHR の CFO に就任した玉木諒氏は、SPV を活用したことにより、スタートアップ側の立場としては、資金調達に要した期間は1ヶ月程、労力は通常の資金調達の4分の1程度で済んだ、と印象を語った。

SPV のスキーム
Image credit: Masaru Ikeda

SmartHR CEO の宮田昇始氏は、SmartHR の事業動向について、直近のデータで月あたり売上成長率17.1%、YoY のユーザ成長率6.28倍、で利用企業9,300社、継続率は99.3%という高い成長を見せていることを明らかにした。

今回調達した資金は広告宣伝費(TVCM、展示会、オンライン広告、交通広告など)や開発費(採用費や人件費)に充当することを想定、将来的には、SmartHR のサービスを通じて得られる顧客基盤や人事データベースなどの情報リソースをもとに、将来は現行サービスの提供に加え、アップセルプロダクトの開発、プラットフォーム化、金融商品(企業年金、ふるさと納税など)のマッチングサービスなどの提供を展望するとした。

SmartHR のユーザ企業数、継続利用率
Image credit: Masaru Ikeda

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------