GREEが「スパイウォーズ」をAndroid端末で提供、中国Tencent(騰訊)でもサービスを開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

モバイルソーシャルゲーム企業のGREEは本日(本文掲載11月30日)、中国のインターネット大手のTencent(騰訊)との提携の1つとして、タイトーの人気ゲーム「スパイウォーズ」をAndroid端末向けに提供し、Tencentのスマートフォン向け「Open Platform for Community」を通じて、中国でもサービスを提供すると発表した。

私はスパイウォーズ(特工大戦)を試したことはないが、「スパイ小説のように捻りのあるストーリー性、様々なおもしろいスパイ道具、そしてスリルのあるバトルがあること」を考えると、どうやら癖になるようなゲームのようだ。下に掲載しているのはこのゲームのスクリーンショットで、興味があれば試してみてはどうだろう。これは、タイトーにとってGREEのプラットフォームに対応するよう標準化したTencentのオープンプラットフォーム Open Platform for Community上での最初のソーシャルゲームとなる。

読者諸氏は、タイトーと聞くと先頃欧米のゲームデベロッパーのPopCap(Plants vs Zombie ゲームで良く知られている) を、日本市場進出の目的でGREEプラットフォームに参入したことを頭に思い浮かべるだろう。

GREE がうまくネットワークを拡大することでゲームが世界の国境を越えていっているということは、非常に驚くべき事実である。しかもGREEはこれまでのところ少ない活動でここまでたどりついたのだ。

【via Penn Olson】 @pennolson