中国の360Buy(京東商城)が、同社史上最大の7億ドル(約650億円)を調達

by Steven Millward Steven Millward on 2013.2.18

【原文】

360Buy-September-2012-US-IPO

中国第2のオンラインストア 360buy(京東商城)が4億ドル(約370億円)を調達したのは、3ヶ月前のことだ。今日(原文掲載日:2月17日)、360buy は第5ラウンドで7億ドル(約650億円)に上る、史上最大の資金注入をしたと発表した。

中国のB2C業界で Alibaba(阿里巴巴)の TMall(天猫)に続き2番目に大きい 360buy は、過去2回のラウンドで15億ドルを調達しており、2007年の最初の投資までさかのぼると、総額23億ドル(約2,100億円)の資金を魅了したことになる。

今回の積極的な資金調達は、カナダのオンタリオ教師定年基金(OTPP)の再参加に加え、サウジアラビアの Alwaleed Bin Talal Alsaud 王子のファンド Kingdom Holdings(本拠地・リヤド)が新たに加わった。

360Buy の企業価値は前回のラウンドで72.5億ドル(約6,700億円)と評価されたが、今回のバリュエーションは値が得られていない。

360Buyは中国メディアに対し、今回調達した資金を物流サービスの構築に加え、日々のオペレーションの改善に使うとしている。

CEO で創業者の Liu Qiang-dong(劉強東)氏はかつて、2013年はIPO(上場)に都合のよいタイミングだと述べていたが、IPO による資金調達が予定通りいくかどうかは不明だ。

中国のEコマース業界は、価格競争に加えて企業本体のバーンレートが非常に高く、360Buy は商品の海外配送オンライン音楽ストアを立ち上げるなど、ここ1年間でマネタイズの容易な業態に進出を図っている。

<出典:i黒馬(中国語)>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------