中国版AirbnbのTujia(途家)が、シリーズA/Bラウンドで4億元(約60億円)を調達

by BenChiang BenChiang on 2013.2.18

【原文】

中国の余暇物件レンタル・サービス Tujia(途家)は、GGV Capital(紀源資本)、Lightspeed Venture Partners、CDH Fund(鼎暉投資)、Qiming Ventures(啓明創投)、CBC Capital(寛帯資本)、Ctrip(携程)、HomeAway から総額4億人民元(約60億円)を調達した。CEO の Luo Jun(羅軍)氏 のSina Weibo(新浪微博)への投稿により明らかになった。

Tujia は、住宅ポータル Sina Leju(新浪楽居)の元ゼネラルマネージャーと、Escapia(訳注:アメリカの余暇物件レンタルサービス)のCTO Melissa Wong 氏らの手により、2011年終盤に創業した。2012年5月には、最初のラウンドの資金調達を行っている。同社によれば、今回の新規調達でオペレーションを拡大し、顧客体験を改善するとのことだ。

Mayi.com(螞蟻短租)、Xiaozhu(小猪短租)、Airizu(愛日租)などの同業がレッド・オーシャンで凌ぎを削る中、中国の共有経済の成長に資金を出すVCは神経質になりそうなものだが、前回の資金調達から一年経たないうちに、一度に2つのラウンドで資金調達を成功させたのは、極めてまれな事例だ。

現在、Tujia の従業員数は約1000人で、中国国内65都市と、レイキャビク(アイスランド)、ストックホルム(スウェーデン)、パリ(フランス)、ロンドン(イギリス)、ベルリン(ドイツ)、イスタンブール(トルコ)、ロサンゼルス(アメリカ)、サンフランシスコ(アメリカ)など海外45都市でサービスを展開している。

Snip20130217_2

【via Technode】 @technodechina

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------