THE BRIDGE

タグ 360buy

中国のオンライン小売JD.com(京東商城)が15億米ドル調達に向けアメリカでIPO申請

SHARE:

中国で最大規模を誇るオンライン小売JD.com In.(京東商城、前360Buy)が、米国証券取引委員会(SEC)に最大15億米ドルの資金調達に向けIPOを申請した。 同社は2004年にオンライン小売として設立され、2010年10月にはサードパーティーの小売業者を自社のプラットフォームに引き入れた。ユーザに直接商品を販売し、サードパーティー小売業者から手数料を取るという同社のビジネスモデルは、検索…

中国で最大規模を誇るオンライン小売JD.com In.(京東商城、前360Buy)が、米国証券取引委員会(SEC)に最大15億米ドルの資金調達に向けIPOを申請した。

同社は2004年にオンライン小売として設立され、2010年10月にはサードパーティーの小売業者を自社のプラットフォームに引き入れた。ユーザに直接商品を販売し、サードパーティー小売業者から手数料を取るという同社のビジネスモデルは、検索によるマーケティングやその他広告提供を主な収益源としているAlibaba(阿里巴巴)のTaobao(淘宝)やTmall(天猫)とは異なったものとなっている。JD.comの中国における直接的な競合はDangdang.com(当当)、Amazon China(亜馬遜)、Yihaodian(一号店)だ。

JDプラットフォームの総取扱高(GMV)は2011年、2012年にそれぞれ327億元、733億元であった。2013年の初頭から9ヶ月間のGMVは864億元(141億米ドル)である。営業利益は2009年から2013年第3四半期までマイナスであった。

中国において同社は独自の効率的な配送サービスでよく知られている。同社によると、国内34の都市に82の倉庫、460の都市に1,453の配送拠点と209の集配所を設置しており、2013年12月31日時点で1万8,005人の配送スタッフ、8,283人の倉庫スタッフ、4,842人のカスタマーサービススタッフを抱えている。その配送能力で2013年初めから9か月間で2億1170万件の注文を取り扱っている。

JD

iResearchのレポートを引用すると、JD.comは「2013年第3四半期の中国で45%のマーケットシェアを誇り」、「取引量では中国最大のオンライン直販会社」だとしている。

同社、および過去のメディアレポートによると、同社はこれまで4ラウンドにわたる資金調達で総額22億3100万米ドルを受け取っている。

【原文】

----------[AD]----------

中国B2Cコマース大手の360buy(京東商城)がブランド名を「JD.com(京東)」に変更

SHARE:

中国のB2C eコマース最大手のひとつ360buy.com(京東商城)が、360buy.comからJD.comにブランド名を変更した。以前のドメイン360buy.comは残るが、同サイトにアクセスするとJD.comにリダイレクトされる。 このブランド名変更によって、中国国内のユーザは同サービスのURLを覚えやすくなるだろう。というのも、以前は中国語のサービス名とウェブサイトのアドレスが食い違ってい…

New-Jingdong-Logo

中国のB2C eコマース最大手のひとつ360buy.com(京東商城)が、360buy.comからJD.comにブランド名を変更した。以前のドメイン360buy.comは残るが、同サイトにアクセスするとJD.comにリダイレクトされる。

このブランド名変更によって、中国国内のユーザは同サービスのURLを覚えやすくなるだろう。というのも、以前は中国語のサービス名とウェブサイトのアドレスが食い違っていたからだ。新しい名前の方が納得がいく。

さらには、Qihoo 360(奇虎)と360buyを混同する外国人もいる。だが、JingDong(京東)の頭文字をとって作ったJDなら覚えやすいはずだ。このブランド名変更で、マスコット犬のジョイという新たなロゴもできている。

今年になって、Jingdongはオンタリオ州教職員退職年金基金(OTTP)とリヤドに拠点を置くKingdom Holdingから7億米ドルの資金を調達している。この資金調達の前には、72億5000万米ドルとも言われる時価総額で4億米ドルを獲得した。さらに、今年中にもアメリカ市場に上場しようと準備をしているとも言われている。

今回、360buy.comからJD.comにブランド名を変更したことによって、外国の投資家らは企業名をより理解できるようになるだろう。設立者でCEOのRichard Liu Qiangdong(劉強東)氏は先日の発表で次のように述べた。

「Jingdongは企業ブランドを合理化し、よりシンプルなドメインJD.comをローンチしたことを嬉しく思っています。JD.comは中国人の顧客にとって覚えやすい名前となるでしょう。」

米Amazonも同じ取り組みを行って、中国人の顧客が覚えやすいドメインZ.cnをローンチしている。さらに、1年ほど前にはAlibaba(阿里巴巴)のTmallも天猫(ざっくりと翻訳された英語名はSky Cat)にブランド名を変えたが、同サービスはTmall.comというドメイン名はそのまま維持した

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

中国の360Buy(京東商城)が、同社史上最大の7億ドル(約650億円)を調達

SHARE:

【原文】 中国第2のオンラインストア 360buy(京東商城)が4億ドル(約370億円)を調達したのは、3ヶ月前のことだ。今日(原文掲載日:2月17日)、360buy は第5ラウンドで7億ドル(約650億円)に上る、史上最大の資金注入をしたと発表した。 中国のB2C業界で Alibaba(阿里巴巴)の TMall(天猫)に続き2番目に大きい 360buy は、過去2回のラウンドで15億ドルを調達し…

【原文】

360Buy-September-2012-US-IPO

中国第2のオンラインストア 360buy(京東商城)が4億ドル(約370億円)を調達したのは、3ヶ月前のことだ。今日(原文掲載日:2月17日)、360buy は第5ラウンドで7億ドル(約650億円)に上る、史上最大の資金注入をしたと発表した。

中国のB2C業界で Alibaba(阿里巴巴)の TMall(天猫)に続き2番目に大きい 360buy は、過去2回のラウンドで15億ドルを調達しており、2007年の最初の投資までさかのぼると、総額23億ドル(約2,100億円)の資金を魅了したことになる。

今回の積極的な資金調達は、カナダのオンタリオ教師定年基金(OTPP)の再参加に加え、サウジアラビアの Alwaleed Bin Talal Alsaud 王子のファンド Kingdom Holdings(本拠地・リヤド)が新たに加わった。

360Buy の企業価値は前回のラウンドで72.5億ドル(約6,700億円)と評価されたが、今回のバリュエーションは値が得られていない。

360Buyは中国メディアに対し、今回調達した資金を物流サービスの構築に加え、日々のオペレーションの改善に使うとしている。

CEO で創業者の Liu Qiang-dong(劉強東)氏はかつて、2013年はIPO(上場)に都合のよいタイミングだと述べていたが、IPO による資金調達が予定通りいくかどうかは不明だ。

中国のEコマース業界は、価格競争に加えて企業本体のバーンレートが非常に高く、360Buy は商品の海外配送オンライン音楽ストアを立ち上げるなど、ここ1年間でマネタイズの容易な業態に進出を図っている。

<出典:i黒馬(中国語)>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国の360Buy(京東商城)、オンライン決済会社を買収か

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国第2位のB2Cオンラインショッピングサイト360Buy(京東商城)が、オンライン決済会社を買収したようだ。中国国家工商行政管理総局商標局(SAIC)が最近提出した文書によると、360Buyの創設者でCEOのLiu Qiandong(劉強東)氏は既に北京を拠点とするChinabank Payments(網銀在線)の法定代理人に名を連ねている。 この急展開(C…

【翻訳 by Conyac】【原文】

中国第2位のB2Cオンラインショッピングサイト360Buy(京東商城)が、オンライン決済会社を買収したようだ。中国国家工商行政管理総局商標局(SAIC)が最近提出した文書によると、360Buyの創設者でCEOのLiu Qiandong(劉強東)氏は既に北京を拠点とするChinabank Payments(網銀在線)の法定代理人に名を連ねている。

この急展開(Chinabank PaymentsのCEOであるZhao Guodong(趙国棟)氏は前法定代理人)は、360Buyがオンライン決済会社の全体、もしくは大部分を買収したことを意味する。情報源はSina Tech(新浪科技)を含む複数のテックブログに言及しており、それによると360Buyはまもなく独自の第三者決済サービスを新規展開する。事実、先月末の噂も同様の内容を示唆しており、買収は「基本的に完了」し、まもなく両社が公にするという。

この動きはまさに中国eコマース最大手のAlibaba(阿里巴巴)に追随するためであり、Alibabaもまた独自の決済システムAlipay(支付宝)を有し、主に中国で7億人という圧倒的登録ユーザー数を誇る。360Buyのサイトは7つの支払い方法を容認していて、そのどれもがライバルであるAlibabaに属していない。360Buyは中国でAlibabaのTmall(天猫)に次ぐ規模だ。360Buyは独自の決済プラットフォームを持つことを以前から計画していたが、思った以上に時間がかかったことには驚きだ。

Chinabank Paymentsは登録資本金1億50万人民元(1,600万米ドル)の有限責任会社で、2003年に設立された。業界では割と大きな存在だが、大手ではない。ただし決済会社には絶対的に有利な点がある。中国でのオンライン決済を政府が承認しているのだ。

360Buyはオンライン広告プラットフォームも開発中だとの噂だ。今月上旬、同eコマースサイトは試験的に海外市場に乗り出した。商品の一部は35ヶ国に配送可能だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

360buy(京東商城)

Company: 360buy(京東商城)

中国最大級のB2CのEコマースサイト。

About StartupBase

----------[AD]----------

中国のB2Cサイト「360buy(京東商城)」がデジタル音楽サービスをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のB2Cサイト360buy(京東商城)が、デジタル事業の拡大としてデジタル音楽サービス(music.360buy.com)を始動させた。同社は既に、今年の前半からデジタル書籍の販売を開始している。新しいサービスはクライアントソフトウェア(LeMusic)と共に提供され、PC、AndroidからiPhoneまで様々なプラットフォームに対応する。 ウェブサイ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のB2Cサイト360buy(京東商城)が、デジタル事業の拡大としてデジタル音楽サービス(music.360buy.com)を始動させた。同社は既に、今年の前半からデジタル書籍の販売を開始している。新しいサービスはクライアントソフトウェア(LeMusic)と共に提供され、PC、AndroidからiPhoneまで様々なプラットフォームに対応する。

ウェブサイトから入手可能な音楽は各1.99人民元(0.3米ドル)、または無料でダウンロードできる。中国の有力レコード会社が多数参加して楽曲を提供している。しかし、選択肢はそれほど多くはないようだ。

このサービスの興味深い機能のひとつは、ユーザが購入した曲のコピーと楽曲リストをクラウドに保存していつでもアクセスできることだ。そのため、OSの再インストールで元のデータが消えたり、ハードディスクがクラッシュしてしまっても360buyのクラウドサーバーから無料で再度ダウンロードできる。

数字音乐-京东商城

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

360buy(京東商城)

Company: 360buy(京東商城)

中国最大級のB2CのEコマースサイト。

About StartupBase

----------[AD]----------

中国大手ECサイト「360buy(京東商城)」が海外のB2Cサイトと提携

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 360buyは長らく噂されていた海外サイト(en.360buy.com)をスタートさせた。35ヶ国の消費者に対して、電化製品、ビデオゲーム、衣類、書籍、音楽や映画など、1500種ものカテゴリーから40万種類の商品を提供する。中国第2位のB2Cサイトの新しい英語のページでは360buy(中国では通称Jingdong Mall)はついに国内だけでなく、世界的規模…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

360buyは長らく噂されていた海外サイト(en.360buy.com)をスタートさせた。35ヶ国の消費者に対して、電化製品、ビデオゲーム、衣類、書籍、音楽や映画など、1500種ものカテゴリーから40万種類の商品を提供する。中国第2位のB2Cサイトの新しい英語のページでは360buy(中国では通称Jingdong Mall)はついに国内だけでなく、世界的規模のAmazonなどと肩を並べるべく規模を拡大している。

しかし本当に競争に勝てるのか?

書籍音楽映画のカテゴリーで商品を検索すると、ほとんどの出版物は中国語で、一般のアメリカ人やヨーロッパ人向けというよりは外国に住む中国人のためのものである。とは言え、電化製品やベビー用品のカテゴリーでは中国産商品を安価で購入することが可能だ。

360buyの副社長であるShi Tao氏はインタビューで、「私たちの最初の戦略は、中国から購入し、それを世界に向けて販売することです。」と答えている。360buyは今後2~3年の間に海外ビジネスが柱になることを期待している。また、他国の顧客向け配送サービスと経験をより良いものにするために、中国国外の倉庫を検討しているとも伝えられている。

360buyの海外サイトによると、現在の支払い方法はペイパルのみで、配送オプションに関してはDHL、UPS、EMS、シンガポール郵便、中国郵便、香港郵便などが用意されている。

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

360buy(京東商城)

Company: 360buy(京東商城)

中国最大級のB2CのEコマースサイト。

About StartupBase

----------[AD]----------

中国大手eコマース「360Buy(京東商城)」が政府の承認を得て宅配物流の分野に進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、中国eコマース業界の事業戦略がシフトしていることを伝えた。大手オンラインショップの多くが、顧客に商品を送り届けるために独自の物流会社を立ち上げようとしているのだ。中国国家郵政局が数々の申請書を検討した結果、承認のの朗報は1社にのみ届けられた。360Buyだ。360Buy(京東商城)は物流分野への事業展開を承認された唯一のeコマースで、Vancl(凡客誠…

【翻訳 by Conyac】 【原文】


先日、中国eコマース業界の事業戦略がシフトしていることを伝えた。大手オンラインショップの多くが、顧客に商品を送り届けるために独自の物流会社を立ち上げようとしているのだ。中国国家郵政局が数々の申請書を検討した結果、承認のの朗報は1社にのみ届けられた。360Buyだ。360Buy(京東商城)は物流分野への事業展開を承認された唯一のeコマースで、Vancl(凡客誠品)、Coo8(庫巴)、VIPshop(唯品会)の望みは今回断ち切られることになった。

このニュースを受けて、360BuyのCEOであるLiu Qiangdong(劉強東)氏は、同社の宅配サービスが8月末に開始されることをWeiboで明らかにした。中国で2番目に大きいとされるB2Cオンラインショップ「360Buy」の、物流分野への事業展開申請から実に2年にわたるバトルがようやく終わりを迎えたことになる。

これらサイトによる戦略的な動きは、顧客との関係性が最も弱い、数十億米ドルに値する商品を毎年郵送する数百もの個人や国営の物流会社の集まりを取り締まる姿勢の表れだ。先頃上場したVIPshopにおいては、既存の物流サービス提携先の郵送成功率が95%に留まっており、例えそれが多くの資金を要する企業における取り組みであっても成功郵送率を上げるための策を全て実行していくと述べている。

だが、中国eコマースの最大手である(TaobaoとTmall事業を兼ね備えた)Alibabaに関しては、現行システムに留まり物流産業へのシフトを行う様子などは見受けられない。

最終的に、中国国家郵政局は第1次の査定で1社を除く従来の物流企業に対し260のライセンスを承認した。Vanclやその他有望とされる企業は次回に期待したい。

[出典: Eguan(易観) – 中国記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国eコマースの2番手360Buy(京東商城)が成長中、ユーザ数4,000万人超え

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のeコマース業界では、依然としてAlibaba(TaobaoやTmallなどのeコマースサイトを運営)が巨大企業として存在しているが、360Buyも勢いを増している。今日の記者会見で、360BuyのCMO(最高マーケティング責任者)であるLan Ye氏は同社の最新の(そして本当に素晴らしい)数字を発表した。 具体的には、同サイトの登録ユーザが4,000万…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のeコマース業界では、依然としてAlibabaTaobaoTmallなどのeコマースサイトを運営)が巨大企業として存在しているが、360Buyも勢いを増している。今日の記者会見で、360BuyのCMO(最高マーケティング責任者)であるLan Ye氏は同社の最新の(そして本当に素晴らしい)数字を発表した。

具体的には、同サイトの登録ユーザが4,000万人を超え、ここ2か月、毎月約40万件の注文を扱い、さらに売上高が前年比200%の割合で伸びていると述べた。非常に素晴らしいことだが、同社がホテルの予約やその他の旅行サービスも取り扱っていることを考えれば、それほど大きな驚きではない。

もちろん、360Buy がeコマースの帝王になるまでの道のりはまだ長い。このチャートは2011年第4四半期の中国B2C業界の市場シェアを示したものだ。360Buyが、AlibabaのTmallに続づくプレーヤーであることが見て取れる。同時に、同業界に合併の余地がまだ多く残っていることもわかる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国大手eコマースサイト「360buy」がジュエリー事業を強化

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 360buyは今日(原文掲載4月9日)、中国一流のジュエリーメーカーブランドならびに小売業者数社と提携し、ジュエリーのeコマース部門を強化すると発表した。提携先は香港拠点のChow Sang Sang、上海に本社を置くZBird.comなどだ。 北京拠点の同社は、これにより年末までに7億人民元の売り上げを目標としている。 360buyまたはJing Dong…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

360buyは今日(原文掲載4月9日)、中国一流のジュエリーメーカーブランドならびに小売業者数社と提携し、ジュエリーのeコマース部門を強化すると発表した。提携先は香港拠点のChow Sang Sang、上海に本社を置くZBird.comなどだ。

北京拠点の同社は、これにより年末までに7億人民元の売り上げを目標としている。

360buyまたはJing Dong Mallは、昨年11月に自身のジュエリー部門を立ち上げて以来事業を急速に成長させてきたが、それがさらなる拡大を目指すモチベーションとなったのだろう。Jing Dong(京東商城)はまた、ジュエリーの配送に関する梱包、プライバシー保護および配送管理などの物流サービスも強化するとしている。

中国は、総売り上げ高4,000億人民元相当の世界最大の金とジュエリー市場のひとつだ。そのうち、ネット販売高は2011年に217億人民元を超え、前年の85億人民元から前年比成長率は155%を記録した。

中国最大のeコマースであるZBird.comは、3月に同社のシリーズCラウンドの資金調達で5000万米ドルを調達した。また最大の競争相手であるKela.cnも同じく5000万米ドルを先の6月にTencent(騰訊)から調達している。

統計によれば、同市場には2011年時点で100以上のジュエリーB2C事業が存在している。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国のeコマース市場の成長スピードはあまりにも早すぎる?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日「中国はeコマースの売り上げを2015年までに2兆8000億米ドルにしようしているが、あわててお金を使うのは止めてほしい!」という記事を書き、インターネットを通じた急速な発展によってeコマース事業を運営・ 管理する能力が失われていることを強調した。 インターネットの普及率が高ければ売り上げも伸びるが、必ずしも利益率が高くなるわけではない。持続的な収益を上…

【翻訳 by Conyac】 【原文】
先日「中国はeコマースの売り上げを2015年までに2兆8000億米ドルにしようしているが、あわててお金を使うのは止めてほしい!」という記事を書き、インターネットを通じた急速な発展によってeコマース事業を運営・ 管理する能力が失われていることを強調した。

インターネットの普及率が高ければ売り上げも伸びるが、必ずしも利益率が高くなるわけではない。持続的な収益を上げようと苦労するeコマース企業は今も多い。DangDang(当当)のCEOであるLi Guoqingは、360Buyのeコマースの経営を「でたらめ」だと痛烈に批判し、360Buyは1米ドル稼ぐのに4米ドル費やしていると述べた。

China Dailyは先日、顧客が360Buyを訴えているというニュースを発表した。360Buyが観光旅行を1人民元つまり16セントで販売し、顧客を欺いたというものだ。これはeコマース事業をサポートする中国の大きな転換期に、他の重要な要素が欠けていることを浮き彫りにしている。それはつまりルール、規 則、政策、そして法律だ。

一体何が起こったのだろうか?China Dailyによると、360Buyは3月19日にいくつかのパッケージツアーを宣伝しており、その中に浙江省の歴史的な街である紹興にたったの1人民元で行けるというツアーもあった。このツアーには、朝食代1と泊のホテル代、観光地数ヶ所への入場料も含まれていた。およそ1700人がオンラインでそのチケットを購入した。しかし、その後360Buyはこのツアーをキャンセルし、顧客の口座にツアー代を返金した。360Buyは、技術的なエラーが発生しツアーが掲載されていたページはテストページだったと主張した。

たった1人民元で素敵な旅行に行こうと思っていた顧客は激怒し360Buyを訴え、同社に契約を守り公平な賠償をするよう求めている。それに対し、360Buyはツアーチケットを購入した顧客に同社のサイトで利用できる20人民元のクーポン券をお詫びとして提供することに同意している。だが、多くの人がそれでは満足しておらず騙されたと思っている。

そんな商品は話がうますぎて信じるべきではなかったかと言う人もいるだろう。そもそも1人民元では、道端でJian Bing(エッグパンケーキ)さえも買えないのだ。しかし、もっととりとめのない事で裁判沙汰になったりする国もある。オーストラリアで通商法について学んでいた際、TPAの52 章に、消費者を惑わす虚偽の広告が違法であるとを学んだ。しかし、残念ながら中国は発展途上国であり、その様な法律ができ施行されるにはまだ時間がかかそうだ。

中国の工業情報化部によると、同国のeコマース市場規模は2015年には現在の4倍の18兆人民元に達するという。中国のeコマース研究センターでアナリストのMo Daiqingらは、このペースを考えるとeコマースの発展段階における政策と規制が依然として遅れていると考えている。Chaina Dailyは、昨年発表された商務省のガイドラインをもとに、包括的な法律とeコマース企業の評価に関する全国的な情報開示が2015年までに制定できそうだという。

中国におけるeコマースの発展はには素晴らしい点もある。私も360Buyで商品を注文したことがあるが、 商品が当日もしくは翌日に配達されたことには非常に驚いた。中国の比較的単純労働の肉体労働者の集団によって、素晴らしい物流や配送ネットワークが作り上げられている。中国人の友人がメールを書くくらい簡単でスピーディに、eコマースサイトで商品を注文していたのも驚きだった。だが目覚ましい発展をしていても、この巨大なeコマース産業の成長の管理ついて、中国は慎重になる必要がある。数千人が1人民元の観光旅行にひっかかるのもそうだが、もっと高価な商品で技術的な誤作動や「ミス」が生じたらどうだろうか?利用者は激怒し、大勢の人が激怒すれば何が起こるか分からない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------