中国の360Buy(京東商城)、オンライン決済会社を買収か

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

中国第2位のB2Cオンラインショッピングサイト360Buy(京東商城)が、オンライン決済会社を買収したようだ。中国国家工商行政管理総局商標局(SAIC)が最近提出した文書によると、360Buyの創設者でCEOのLiu Qiandong(劉強東)氏は既に北京を拠点とするChinabank Payments(網銀在線)の法定代理人に名を連ねている。

この急展開(Chinabank PaymentsのCEOであるZhao Guodong(趙国棟)氏は前法定代理人)は、360Buyがオンライン決済会社の全体、もしくは大部分を買収したことを意味する。情報源はSina Tech(新浪科技)を含む複数のテックブログに言及しており、それによると360Buyはまもなく独自の第三者決済サービスを新規展開する。事実、先月末の噂も同様の内容を示唆しており、買収は「基本的に完了」し、まもなく両社が公にするという。

この動きはまさに中国eコマース最大手のAlibaba(阿里巴巴)に追随するためであり、Alibabaもまた独自の決済システムAlipay(支付宝)を有し、主に中国で7億人という圧倒的登録ユーザー数を誇る。360Buyのサイトは7つの支払い方法を容認していて、そのどれもがライバルであるAlibabaに属していない。360Buyは中国でAlibabaのTmall(天猫)に次ぐ規模だ。360Buyは独自の決済プラットフォームを持つことを以前から計画していたが、思った以上に時間がかかったことには驚きだ。

Chinabank Paymentsは登録資本金1億50万人民元(1,600万米ドル)の有限責任会社で、2003年に設立された。業界では割と大きな存在だが、大手ではない。ただし決済会社には絶対的に有利な点がある。中国でのオンライン決済を政府が承認しているのだ。

360Buyはオンライン広告プラットフォームも開発中だとの噂だ。今月上旬、同eコマースサイトは試験的に海外市場に乗り出した。商品の一部は35ヶ国に配送可能だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

360buy(京東商城)

Company: 360buy(京東商城)

中国最大級のB2CのEコマースサイト。

About StartupBase

----------[AD]----------