THE BRIDGE

タグ Tmall(天猫)

中国に住む外国人が、Taobao(淘宝)やTmall(天猫)を利用しやすくするスタートアップBaopals

SHARE:

海外で活動する一部の起業家たちが自国から中国へ革新をもたらそうとしている一方で、このスタートアップはある中国最大手企業における成功を足掛かりとして、それを国際環境に適応させている。 世界最大級の C2C e コマースプラットフォーム Taobao(淘宝)では、ユーザは洋服やガジェットから日雇いのボーイフレンドに至るまで、あらゆるものを購入することができる。 しかしながら同ウェブサイトは中国語のみで…

2_003
Image Credit: Baopals

海外で活動する一部の起業家たちが自国から中国へ革新をもたらそうとしている一方で、このスタートアップはある中国最大手企業における成功を足掛かりとして、それを国際環境に適応させている。

世界最大級の C2C e コマースプラットフォーム Taobao(淘宝)では、ユーザは洋服やガジェットから日雇いのボーイフレンドに至るまで、あらゆるものを購入することができる。

しかしながら同ウェブサイトは中国語のみで、外国人にとって商品の閲覧や購入はハードルが高い。その他にも、売り手や配達業者とのコミュニケーション、支払い方法の選択など外国人にはさまざまな障害がある。

Baopals の共同設立者 Jay Thornhill 氏は TechNode(動点科技)に対しこう語っている。

中国は商品の質やサービスに関して評判があまり良くありません。私たちは現在の中国における e コマースがどれほど素晴らしいものであるかを示したいと考えています。

2016年5月に3名の海外起業家によって設立された Baopals は、海外居住者を Alibaba の B2C e コマースプラットフォームである Taobao や Tmall(天猫)からの8億点以上もの商品につなぐ WeChat プラットフォーム兼ウェブサイトだ。Baopals 自体は商品の在庫管理はしていない。代わりにホームページを自動的に英語に翻訳し、外国人と Taobao 商品の間に生じる溝を埋めるものとして機能している。

Baopals の共同設立者 Charlie Erickson 氏は次のように語る。

私たちは Baopals を設立しようと思って中国に来たわけではありません。
しかしここに滞在すればするほどこのサービスの必要性を認識するようになりました。これは外国人だからこそわかるマーケットなのです。

Alibaba(阿里巴巴)は自社の小売部門である AliExpress(全球速売通)でも海外の買い手を対象にサービスを提供している。これは中国の業者から直接卸売商品を購入できる窓口だ。

Alibaba には AliExpress がありますが、中国国内にいる消費者を対象としているわけではありません。

国際的な場面では中国商品に対する信頼性の問題がまだ残っています。(Erickson 氏)

Baopals の支払い方法としては現在、Alipay(支付宝)、WeChat Wallet(微信銭包)、China UnionPay(銀聯) から選択することができるが、将来的には海外決済を組み入れることも視野に入れている。同社は取引ごとに手数料を課している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の大手eコマース「Tmall(天猫)」、2012年上半期に200億人民元の売上を記録

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 AlibabaのB2CサイトTmall(天猫)は、今年上半期の成績を公開した。前年比200%アップで、総売上高は合計200億人民元(約2,470億円)となっている。年末までに500億人民元(約6,174億円)を超えると予測されている。 さて、この目がくらむような数字をチェックしてみよう。第1四半期に、Tmallの総売上高は80億人民元に過ぎなかった。5月から…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

AlibabaのB2CサイトTmall(天猫)は、今年上半期の成績を公開した。前年比200%アップで、総売上高は合計200億人民元(約2,470億円)となっている。年末までに500億人民元(約6,174億円)を超えると予測されている。

さて、この目がくらむような数字をチェックしてみよう。第1四半期に、Tmallの総売上高は80億人民元に過ぎなかった。5月から始まったB2C価格競争により、第2四半期には120億へと上昇した。

これは3Cプロダクト部門(コンピューター、通信、消費者家電)のためだと思われる。Tmallは今年前半にプロモーションを盛んに行ったが、この大部分が3Cプロダクトであった。Tmallにおける中国の電子機器グループHaier(海爾)の売上高は600%跳び上がり、台所用品を扱うFotileも230%上昇した。その上、6月18日の報告によるとラップトップの売り上げが600%、デスクトップが300%、タブレットは400%とそれぞれ急上昇している。人気が高い品目では、iPhone4Sを1台4499人民元(宣伝の通り、オンライン最安値)で2,000万台を売り上げ、5,000万台のiPad2を販売した。

Tmallのおかげで、多くの電化製品ブランドが新たな市場を見出している。同社は現在、国内およびLenovo、IBM、HP、Apple、Samsung、シャープなど海外の3C企業と提携している。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

Tmall(天猫)、2012年の売上高は300億ドル以上になる見込み

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 AlibabaのTmallは今年頭、その名称を(中国語名で)Skycatに変えたが、相変わらず何千億人民元もの商品が販売されている。同社は2011年に1,000億元(150億ドル)以上の売上げを記録したが、その後も売上は急速に伸びており、今年末までには2,000億人民元(310億ドル)を超える見込みだ。 この総売上の数字は新しいものではなく、今年始めにTma…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

AlibabaのTmallは今年頭、その名称を(中国語名で)Skycatに変えたが、相変わらず何千億人民元もの商品が販売されている。同社は2011年に1,000億元(150億ドル)以上の売上げを記録したが、その後も売上は急速に伸びており、今年末までには2,000億人民元(310億ドル)を超える見込みだ。

この総売上の数字は新しいものではなく、今年始めにTmallが予測した数字と一致している。だが、この数字の達成が半年で確実視とされたことは、Tmallがほぼ間違いなくこの目標を達成することを意味する。現在の売上高はおそらく既に1,000億人民元に近いか、もしくはそれを超えているのあろう。同社はさらに、Tmallの売上は、3Cプロダクト部門(コンピューター、通信、消費者家電)で5億元(7,900万ドル)、衣類で6億元(9,500万ドル)というような詳細も発表している。全体でみると、売上は前年度比100%以上で、営業利益率は50%以上となる。

Tmallの大きな成長と成功は多くのことを示しているが、その中で特に興味深い点がある。同サイトは提携ブランド企業から直接商品を販売しており、彼らの成功は中国の中流層の消費者にeコマースサイト(AlibabaのTaobaoも含む)における偽造品購入や怪しい業者への関わりを避けたいと思う人たちが増えていることを示しているかもしれない。飛躍的成長をみせる中国の消費者を取り込みたいブランドにとって素晴らしいニュースだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国最大、B2Cのeコマース「Tmall」がついにiPhoneアプリをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国最大のB2Cのeコマース「Tmall」が、新しいiPhoneアプリをローンチした。同アプリのローンチが遅いことに驚きを感じると思うが、それはTmallがこれまでTaobaoのアプリでカバーされていたからだと思われる。Taobaoは、つい最近まで Alibaba のすべてのオンラインショッピング事業を統括していた。しかしTmallが昨年の夏に独立企業として…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国最大のB2Cのeコマース「Tmall」が、新しいiPhoneアプリをローンチした。同アプリのローンチが遅いことに驚きを感じると思うが、それはTmallがこれまでTaobaoのアプリでカバーされていたからだと思われる。Taobaoは、つい最近まで Alibaba のすべてのオンラインショッピング事業を統括していた。しかしTmallが昨年の夏に独立企業として歩みはじめ、今年頭に同サイトの中国語名を変え、新たに猫のようなアイコンを取り入れた。それに伴って今回、独自のアプリをローンチしたというわけだ。

このiPhone向けのTmallでは、すべてのB2Cブランドパートナーや独立ショップのアイテムを閲覧して購入することができる。「いいね!」やコメントの投稿など基本的なソーシャル機能もある。また、本格的な購入管理システムを導入しているので、購入した商品の配達状況を追跡することもできる。

ユーザーインタフェースにもいくつかの特徴があり、ほとんどのモバイル・ショッピングアプリよりもずっとシンプルに見えるし、PinterestやColorなどの上手くデザインされたアプリに似た上品さが感じられる。同アプリがオンラインに登場したのは4月20日の午後のことだが、すでに490のレビューが書き込まれ、平均評価で5つ星を獲得している。

この新しいTmallアプリはiTunes App Storeで入手できる。また、iPad/Android版のアプリは現在開発中とのことだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

「大手企業からスタートアップまで、相次ぐ中国企業との提携」ー今週押さえておきたい6つのトピックス

SHARE:

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。 中国のウェブをインフォグラフィックで  ミニブログ、SNS、Eコマース、出会い系といった分野ごとに中国のサービスと、それに匹敵する海外主要サービスを並べたインフォグラフィックがCICによって公開されました。中国のウェブが一目でわかるので要チェック。 その中でもTwitterに匹敵するサービスとして並ぶ「Weibo」が、収益源と…

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。

中国のウェブをインフォグラフィックで

 ミニブログ、SNS、Eコマース、出会い系といった分野ごとに中国のサービスと、それに匹敵する海外主要サービスを並べたインフォグラフィックがCICによって公開されました。中国のウェブが一目でわかるので要チェック。

その中でもTwitterに匹敵するサービスとして並ぶ「Weibo」が、収益源となりえる企業アカウントに注力しています。アクティブ数でみると、Pinterest風女性向けファッションサイト「Meilishuo」が首位。その他に音楽プラットフォームやオンラインモール「Tmall」などが続いています。アクティブユーザ数200万人はなかなかの規模。(元の記事

DeNA、中国で過去最大の提携を発表

「Mobage China」の事業拡大のため、中国最大のミニブログ「Sina Weibo」など中国企業と提携を進めるDeNA。先日新たに、中国3大通信企業との提携を発表しました。3社の総モバイル契約者数は約10億人だそう。この提携によって、中国のAndroidユーザは各通信企業の公式モバイルアプリストアでMobage Chinaのゲームを見つけられるように。中国ではGoogleのアプリストア「Google Play」が利用できないため今回の提携が持つ意味は大きい。(元の記事

中国の大手EコマースのアプリDL数が1000万件超え

中国で2番目に大きいECサイト「360Buy」。昨年2月にリリースされたクロスプラットフォームで提供される同社のアプリダウンロード数が1000万件を突破。同社は、サイト売上の20-25%がモバイルアプリ経由になることを見込んでおり、今後もモバイルコマースに注力していく予定。

中国のEコマースに関しては、カスタマーサービスや物流の課題を指摘する声が。顧客が洗練されていくスピードを上回ってサービスの質改善を実行できるか。最近行われた調査によると、オンラインショッピングで大事な「返品や交換」のサービスに関しては、360Buyが83%の満足度でトップだそう。(元記事

Baiduと中国4大ミニブログが提携、リアルタイム検索を提供

Baiduが、weiboの4大サービスとはSina(新浪)、Tencent(騰訊)、Netease(網易)、およびSohu(捜狐)のリアルタイム検索の提供をスタート。Baiduの検索結果にこれらミニブログのポストが含まれることに。Weiboの登録ユーザは3億人、1日当たりの投稿件数は1億を超える。検索エンジンとの協力関係によって、さらにそのリアルタイム情報の価値を高めることができる。そんなBaiduは、Dropboxのようなクラウドストレージサービスをリリースしたばかり。現在クローズドベータで運用中。(元の記事

SnapDishやFlipboardが中国企業と提携

食べ物に特化した写真共有アプリ「SnapDish」が中国のSNS「Renren」との提携を発表。中国人ユーザは写真をRenrenに直接投稿することができるようになり、RenrenのアプリケーションセクションでSnapDishのプロモーションが行われる。SnapDishのこれまでのダウンロード数は12万回。(元の記事

おしゃれなiPad用コンテンツリーダー「Flipboard」もまた、SinaとRenrenと提携して中国に進出。中国版Flipboardだけでなく、今後Sina WeiboやRenrenなどのコンテンツを世界中で利用できるようにしていく予定。(元の記事

インドネシア大手Eコマースがネットプライスから資金調達

これまでにEast Ventures、CyberAgent Venturesから既に出資を受けている「Tokopedia」が、ネットプライスからの資金調達に成功。今回の投資に伴って、ネットプライスCEOの佐藤輝英氏が取締役に名を連ねました。Tokopediaのアクティブな出店者数は16,390件、訪問者数は月間80万人以上。(元の記事

資金調達のニュースでは、ソーシャルミュージックサービス「Beatrobo」が、CyberAgent Ventures、KLabベンチャーズ、Movida Japanから総額60万米ドル(およそ5,000万)の資金調達を行っています。(元の記事

----------[AD]----------