Tmall(天猫)、2012年の売上高は300億ドル以上になる見込み

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

AlibabaのTmallは今年頭、その名称を(中国語名で)Skycatに変えたが、相変わらず何千億人民元もの商品が販売されている。同社は2011年に1,000億元(150億ドル)以上の売上げを記録したが、その後も売上は急速に伸びており、今年末までには2,000億人民元(310億ドル)を超える見込みだ。

この総売上の数字は新しいものではなく、今年始めにTmallが予測した数字と一致している。だが、この数字の達成が半年で確実視とされたことは、Tmallがほぼ間違いなくこの目標を達成することを意味する。現在の売上高はおそらく既に1,000億人民元に近いか、もしくはそれを超えているのあろう。同社はさらに、Tmallの売上は、3Cプロダクト部門(コンピューター、通信、消費者家電)で5億元(7,900万ドル)、衣類で6億元(9,500万ドル)というような詳細も発表している。全体でみると、売上は前年度比100%以上で、営業利益率は50%以上となる。

Tmallの大きな成長と成功は多くのことを示しているが、その中で特に興味深い点がある。同サイトは提携ブランド企業から直接商品を販売しており、彼らの成功は中国の中流層の消費者にeコマースサイト(AlibabaのTaobaoも含む)における偽造品購入や怪しい業者への関わりを避けたいと思う人たちが増えていることを示しているかもしれない。飛躍的成長をみせる中国の消費者を取り込みたいブランドにとって素晴らしいニュースだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------