中国最大、B2Cのeコマース「Tmall」がついにiPhoneアプリをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国最大のB2Cのeコマース「Tmall」が、新しいiPhoneアプリをローンチした。同アプリのローンチが遅いことに驚きを感じると思うが、それはTmallがこれまでTaobaoのアプリでカバーされていたからだと思われる。Taobaoは、つい最近まで Alibaba のすべてのオンラインショッピング事業を統括していた。しかしTmallが昨年の夏に独立企業として歩みはじめ、今年頭に同サイトの中国語名を変え、新たに猫のようなアイコンを取り入れた。それに伴って今回、独自のアプリをローンチしたというわけだ。

このiPhone向けのTmallでは、すべてのB2Cブランドパートナーや独立ショップのアイテムを閲覧して購入することができる。「いいね!」やコメントの投稿など基本的なソーシャル機能もある。また、本格的な購入管理システムを導入しているので、購入した商品の配達状況を追跡することもできる。

ユーザーインタフェースにもいくつかの特徴があり、ほとんどのモバイル・ショッピングアプリよりもずっとシンプルに見えるし、PinterestやColorなどの上手くデザインされたアプリに似た上品さが感じられる。同アプリがオンラインに登場したのは4月20日の午後のことだが、すでに490のレビューが書き込まれ、平均評価で5つ星を獲得している。

この新しいTmallアプリはiTunes App Storeで入手できる。また、iPad/Android版のアプリは現在開発中とのことだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------