中国の大手動画サイト「Youku(優酷)」と「Tudou(土豆網)」、3月の合併によりユーザー登録数を合算

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の動画サイトYouku(NYSE:YOKU)は先日、YoukuとTudouのアカウント統合について密かに発表していた。これは去る3月12日、これら2つのサイトの合併によるものだ。我らTech in Asiaは、合併後サイトがどのように共存していくのか、また現在はまだ各々の動画サイトを運営しているが、2つのサービス間で何らかのタイアップがあるのかなど興味を掻き立てられた。

この統合は、ユーザがYoukuのアカウントを使用してTudouにログインできること、またその逆が可能であることを意味する。将来的には、同プラットフォーム上でユーザの友人関係のサポートがさらに改善され、また他のアクティビティの同期がさらに提供されていくだろう。Youkuは既に、コメントやお気に入り機能のため、他のソーシャルサービスを同社の動画プラットフォームに統合させており、それにはSina、Tencent Weibo、Renren、Kaixin001などが含まれる(以下参照)。

Youku(またはYouku/Tudou)が独自のサービスを断片化を望んでいないことは間違いないため、この統合がどれだけスムーズに行われるのか、そして双方のプラットフォームのユーザがどう反応するかは実に興味深い(きっと彼らはオフィスで、Barry Whiteを繰り返し再生しているだろう)。

この合併は、中国の動画分野の小規模プレーヤーに影響を与えたといっても過言ではない。コンテンツライセンスの観点で言えば、噂によるとSohu、Tencent、そしてBaiduのQiyiが共に動画に関する著作権を得るために共同編成を行うらしい(ただし合併ではない)。

Youkuは先日、同社とCBS Studios International間で、SurvivorとAmerica’s Next Top Modelの2つのテレビ番組における独占コンテンツ取引を締結したことを発表している。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------