フィリピンのスタートアップ10社がIdeaSpaceからシード資金を獲得

SHARE:

ideaspace-finals-590

フィリピンのスタートアップインキュベータIdeaSpaceが、全国スタートアップコンペの勝者10社を発表した。各スタートアップはシード資金として50万ペソ(1万2000米ドル)を受けとると同時に、6か月のインキュベーションプログラムに参加する。

同プログラムでは、オフィススペースと事業運営サポートが提供されるほか、マニラに拠点がない場合には宿泊施設も用意される。プログラム期間中、将来有望と見なされたスタートアップにはIdeaSpaceからさらに最大500万ペソの現金が提供され、フィリピンやシリコンンバレー、その他の国からの投資家にも紹介される。

それでは、勝者のスタートアップ10社を紹介しよう。

      Armtech(アンヘレス市):家庭用に浄水器を手頃な料金で提供
      DateCola(ダバオ市/ジェネラルサントス市):天然の濃縮ナツメヤシを豊富に含む飲み物(ソフトドリンクに替わるヘルシーな飲料)を提供
      Mirand(マニラ首都圏):高品質で低価格の関節インプラントをアジア市場で提供
      PGRS(マニラ首都圏):交通量の多い道路に設置したスピード防止帯から電気を生み出すスタートアップ
      PinoyTravel(マニラ首都圏):モバイルテクノロジーを活用した州内向けのバス座席予約システム
      PortfolioMNL(マニラ首都圏):プロのクリエイター向けのオンラインマーケットプレイス
      Prodigo(マニラ首都圏):ビッグデータアナリティクスを活用し、高度にターゲットを絞った販売キャンペーンの実施ができる販売店向けソリューション
      Tech4Health(マニラ首都圏):糖尿病を含む慢性疾患の健康をモニタリングするソリューション
      TimeFree(サンボアンガ):SMSベースの自動待ち合わせシステム
      WeGen(ソルソゴン):現行のテクノロジーよりも効率の良い風力タービンの新しいデザイン

これらのファイナリストで印象的なことは、彼らが解決しようと取り組んでいる課題の種類だ。一般的なハードウェア・ソフトウェア・モバイルというスタートアップもあるが、これらのスタートアップの多くが、農業やエネルギー、健康、そして交通という分野に取り組んでいる。これらの勝者は700を超える応募者の中から選ばれたスタートアップだ。

IdeaSpaceは2012年3月に非営利団体としてローンチされ、First Pacific CompanyやMetro Pacific Investments、PLDTグループからの支援を受け、成功を収めているテック起業家Manuel V. Pangilinan氏が統括している。

同団体は5年にわたって、5億ペソ(1210万米ドル)の資金を受け取っている。CEOはEarl Valencia氏(同氏の話はこちら)。ローンチ以来、同組織は全国的なPRを行い、昨年8月にスタートアップコンペを行った。参加者は一連のコンペを経験し、その過程でメンターシップとトレーニングを受けた。

以下に、トップ20のその他のスタートアップを紹介しておこう。

      AgriCultureTechnology(マニラ首都圏):海洋家畜の成長を監視
      CornerData(マニラ首都圏):電子センサーを使い、農業と災害準備のために簡素化したデータ収集ツール
      DepEd Smart Cloud(アンヘレス市):公立学校システムのための企業ソリューション
      FindmyDok(ダバオ):医師を探すためのソリューション
      Lost Meets Found(セブ):落とし物のオンラインソリューション
      miCab(セブ):モバイルインターネットで、もしくはモバイルインターネットがなくても、タクシーを見つけられるスマートフォン向けソリューション
      Nambal.com(セブ):ポータブル機能のあるオンライン健康管理システム
      SafeCab(セブ):タクシー通勤者のためにフィードバックを提供するソリューション
      Summarize and Notify(レイテ):ウェブ検索、情報の要約、ユーザへの通知が行えるサービス
      Tudlo(セブ):災害時および緊急事態の時の、情報提供・誘導・現在地の表示をしてくれるシステム

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------