モノをベースにつながるSNS「Sumally(サマリー)」がビジネスアカウント機能を提供開始、“Social with Commerce”に一歩近づく

SHARE:

sumally for business

「モノ」をきっかけに他のユーザーとつながるSNS「Sumally(サマリー)」が、企業・団体向けの無料機能「Sumallyビジネスアカウント」の提供を開始した。

Summalyでは、ユーザーは同サイト上に投稿されるアイテムに対して、「持っている(have)」「欲しい(want)」という二通りアクションをとることで、ユーザー間のコミュニケーションをはかる、ユーザーは他のユーザーをフォローすることができる。haveやwantしているアイテムが自分のセンスと近い人をフォローすることで、今まで知らなかったモノを発見することができるようになっており、現在、会員数15万人ほど。

今回登録がスタートしたビジネスアカウントではすべての機能が無料で利用できるようになっている。利用可能な機能は、以下の通りだ。

      ・ブランドページの上部に、アカウントの「看板」となるバナー画像を設定できる
      ・“want” と “have” のどちらにも結びつかない、“list” という形式で商品を登録できる
      ・ブックマークレットを使用しない、管理画面からの商品登録が可能
      ・Excelファイルと画像データから商品データを一括登録できる

これらの機能に加えて、ビジネスアカウントのユーザーは、Sumallyへの出店も申込むことができる。出店にあたって審査は必要になるが、アイテムを登録するとそこが売り場となり、ユーザーに“want”されたり、“have”されることでそれがプロモーションにつながる。販売手数料は、決済手数料を除いて5%。

Sumally内で決済まで完了するショッピング機能が本格的にスタートしたのは今年の1月末。以降、企業の公式ストアは少しずつ増加していたが、今回、ビジネスアカウントの開設が可能になり公式ストアへの出店申込みが可能になったことで、公式ストアの開設が増えそうだ。

Sumallyは、以前Wired.jpのインタビューの際に、Sumally CEO の山本憲資氏が目指したいと語っていた“Social with Commerce”に少しずつ近づいている。

----------[AD]----------