オンラインデザインストアのFab、SingTelから約10億円を調達し、アジア進出を本格化

SHARE:

fab.com

オンラインデザインストアのFabは、現在進行中のシリーズDラウンドにおいて、シンガポールのテレコム企業 SingTel Group の投資部門 SingTel Innov8 から 1,000万ドル(約10億円)を調達した。

CEO兼共同創業者の Jason Goldberg 氏はこのニュースの発表にあわせて、次のように述べている。

アジア地域の展開を模索する上で、SingTel との提携により彼らがが持つ見識を活用できることは、非常に意義深い。

また、SingTel Innov8 のマネージング・ディレクター Jeff Karras 氏は、次のように語ってくれた。

Fab は、同社が世界的なライフスタイル・ブランドを確立する上で、インフラ、テクノロジー、カスタマーリーチにシームレスな関係を築くために、SingTel が持つ市場知識やネットワークを活用したいと考えているのだ。

現在、Jason 氏の4つ目のスタートアップにあたる Fab は北米とヨーロッパの29カ国で展開している。Jobster、Fabulis、Socialmedian の創業者でもある彼は、Fab のライフスタイルをアジア市場に展開する計画であることを明らかにした。

Fab が最近設立したニューヨーク本社を拠点としてこれまでに調達した資金は、累積3.2億ドルに上る。Jason 氏は「今後、さらなるシードD投資家を発表できると思う」と語っており、同社はその都度、情報を共有してくれる予定だ。

なぜアジアなのか。Fab は最近ロンドン拠点を閉鎖し、従業員をベルリンに移した。最新のニュースでは、ベルリンオフィスも縮小し、多くの従業員をニューヨークのオフィスへ移動させていると言われている。結果として、Fab はヨーロッパでの営業を縮小し、アジアとアメリカに注力しているのだ。同社は先月、中国の騰訊控股(Tencent Holdings)を含む投資家グループから1.5億ドルを調達している。アジアで市場参入にあたり SingTel Innov8 が加わったことにより、アジア地域に対する Fab の関心やコミットメントは、より堅固なものになるだろう。天敵に当たる Rocket Internet が活躍するアジアで、Fab が次にどのような動きをするのか楽しみだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------