THE BRIDGE

タグ singtel

Singtelのデジタル広告関連子会社Amobee、米アドテク企業Turnを3.1億米ドルで買収

SHARE:

Singtel の子会社でデジタルマーケティングを扱う Amobee が、アメリカを拠点とするマーケティングアナリティクス企業の Turn を3億1,000万米ドルで買収すると発表した。 同社を買収することで Amobee はあらゆるフォーマットでのプログラマティック広告やメディア購買、またデータマネジメント機能を有することになる。 Amobee の CEO、Kim Perell 氏は公式のプレス…

Singtel-640x360

Singtel の子会社でデジタルマーケティングを扱う Amobee が、アメリカを拠点とするマーケティングアナリティクス企業の Turn を3億1,000万米ドルで買収すると発表した。

同社を買収することで Amobee はあらゆるフォーマットでのプログラマティック広告やメディア購買、またデータマネジメント機能を有することになる。

Amobee の CEO、Kim Perell 氏は公式のプレスリリースで次のように語った。

今回、買収を行ったことによって Amobee は世界でも有数の独立系バイサイドマーケティングテクノロジーブロバイダーとなります。また、当社のデータ分析や顧客理解能力が強化され、当社の将来的な成長に向けた強力な基盤となります。

Turn のデータマネジメントプラットフォームの高度なアナリティクスを利用することで、マーケターは様々な広告フォーマットやプラットフォームにおける顧客とのやり取りへの理解を深めることが可能になる。さらに、同プラットフォームはあらゆるメディアのデジタル広告をリアルタイムで購入できるプログラマティックバイイング機能も提供する。

Singtel が2012年に3億2,100万米ドルで買収した Amobee は、顧客行動に関するインサイトを提供し、マーケターがより良いターゲティング広告キャンペーンを打てるようにしている。同社の広告 API は Facebook や Instagram、Snap、Twitter、Pinterest といった人気ソーシャルメディアプラットフォームに統合されている。

Singtel のデジタル部門 Group Digital Life の CEO、Samba Natarajan 氏は次のように話している。

Turn の戦略的買収は、急速に台頭するデジタル広告市場における Amobee の技術的な優位性を強化し、また世界のデジタルマーケティングの主要プレイヤーへの成長を推し進めてくれます。さらに、Amobee が今後アメリカを超えてアジア太平洋へと拡大していくための基盤となります。アジア太平洋で Singtel グループが抱える顧客数は22か国で約6億4,000万人です。

今回の買収は、あとは規制機関の承認と完了条件満了を待つばかりで、2017年上半期には完結する見通しだ。

Amobee は過去数年にわたって次々と買収を行ってきた。2012年には3D 広告テック企業の Adjitsu(買収額非公開)を、翌年の2013年にはリアルタイム入札(RTB)プラットフォームの Gradient X(詳細な取引条件は非公開)、そして2014年には Adconion と Kontera というアドテク関連スタートアップ2社をそれぞれ2億3,500万米ドルと1億5,000万米ドルで買収している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

オンラインデザインストアのFab、SingTelから約10億円を調達し、アジア進出を本格化

SHARE:

オンラインデザインストアのFabは、現在進行中のシリーズDラウンドにおいて、シンガポールのテレコム企業 SingTel Group の投資部門 SingTel Innov8 から 1,000万ドル(約10億円)を調達した。 CEO兼共同創業者の Jason Goldberg 氏はこのニュースの発表にあわせて、次のように述べている。 アジア地域の展開を模索する上で、SingTel との提携により彼ら…

fab.com

オンラインデザインストアのFabは、現在進行中のシリーズDラウンドにおいて、シンガポールのテレコム企業 SingTel Group の投資部門 SingTel Innov8 から 1,000万ドル(約10億円)を調達した。

CEO兼共同創業者の Jason Goldberg 氏はこのニュースの発表にあわせて、次のように述べている。

アジア地域の展開を模索する上で、SingTel との提携により彼らがが持つ見識を活用できることは、非常に意義深い。

また、SingTel Innov8 のマネージング・ディレクター Jeff Karras 氏は、次のように語ってくれた。

Fab は、同社が世界的なライフスタイル・ブランドを確立する上で、インフラ、テクノロジー、カスタマーリーチにシームレスな関係を築くために、SingTel が持つ市場知識やネットワークを活用したいと考えているのだ。

現在、Jason 氏の4つ目のスタートアップにあたる Fab は北米とヨーロッパの29カ国で展開している。Jobster、Fabulis、Socialmedian の創業者でもある彼は、Fab のライフスタイルをアジア市場に展開する計画であることを明らかにした。

Fab が最近設立したニューヨーク本社を拠点としてこれまでに調達した資金は、累積3.2億ドルに上る。Jason 氏は「今後、さらなるシードD投資家を発表できると思う」と語っており、同社はその都度、情報を共有してくれる予定だ。

なぜアジアなのか。Fab は最近ロンドン拠点を閉鎖し、従業員をベルリンに移した。最新のニュースでは、ベルリンオフィスも縮小し、多くの従業員をニューヨークのオフィスへ移動させていると言われている。結果として、Fab はヨーロッパでの営業を縮小し、アジアとアメリカに注力しているのだ。同社は先月、中国の騰訊控股(Tencent Holdings)を含む投資家グループから1.5億ドルを調達している。アジアで市場参入にあたり SingTel Innov8 が加わったことにより、アジア地域に対する Fab の関心やコミットメントは、より堅固なものになるだろう。天敵に当たる Rocket Internet が活躍するアジアで、Fab が次にどのような動きをするのか楽しみだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

SingTel、バイオメトリクスとモバイル技術への投資のためにイスラエルにLifeLabsを設立

SHARE:

【原文】 シンガポール最大のモバイル通信会社SingTelは、イスラエルに開発センターLifeLabを設立した。このセンターを通じて、SingTelはイスラエル国内のスタートアップへの投資、学術研究や商業的研究への資金援助を行う。また、見込みのある新技術を発掘するために、インキュベータやエンジェル投資家との共同事業も行う。 SingTelはモバイルやワイヤレスのインフラと同様に、音声認識および顔認…

【原文】

lifelabs-logo

シンガポール最大のモバイル通信会社SingTelは、イスラエルに開発センターLifeLabを設立した。このセンターを通じて、SingTelはイスラエル国内のスタートアップへの投資、学術研究や商業的研究への資金援助を行う。また、見込みのある新技術を発掘するために、インキュベータやエンジェル投資家との共同事業も行う。

SingTelはモバイルやワイヤレスのインフラと同様に、音声認識および顔認識などのバイオメトリクスに注力する。これはイスラエルからアジアに向けた、市場を取る見込みのある技術と期待されている。これはSingTelにとって、シリコンバレー、ボストン、シンガポールでの取り組みに続く、4つめの「LifeLabs」だ。SingTelは電話会社向けのソフトウェアプロバイダ、Amdocsと共同でこの取り組みにあたる。

SingTelはテック系のスタートアップに投資するため、各地域にイニシアティブを抱えている。100%子会社でベンチャーキャピタル事業を手がけるSingTel Innov8のほか、SingTelはSingTel Groupのメンバーによって運営されているインキュベーション事業の連合組織であるRegional Seed Networkを形成している。

運営に関わるインキュベータは、SingTel Innov8、オーストラリアのThe Optus Innov8 Seed Program、フィリピンのKickstart Ventures、ならびにタイのAIS The Startupである。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

SingTelのHungryGoWhereがPerx、Reserveit.sgと提携−「スーパーフードネットワーク」の基盤作りとなるか

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 HungryGoWhereでレストランに関するレビューを読み、それからReserveit.sgを利用して席を予約することを想像してみてほしい。予約が完了し、あなたはPerxでスタンプをゲットしたという通知を受け取る。このスタンプはデザートと引き替えることができるのだ。 これはおいしい食べ物に目がない人々にとっての夢だ。そしてもしかすると、この夢がもうすぐ実現す…

【翻訳 by Conyac】【原文】

HungryGoWhereでレストランに関するレビューを読み、それからReserveit.sgを利用して席を予約することを想像してみてほしい。予約が完了し、あなたはPerxでスタンプをゲットしたという通知を受け取る。このスタンプはデザートと引き替えることができるのだ。

これはおいしい食べ物に目がない人々にとっての夢だ。そしてもしかすると、この夢がもうすぐ実現するかもしれないのだ。

その素地はすでに固まりつつある。私たちは今日、SingTelが所有するシンガポールのグルメポータル大手HungryGoWhereが、モバイル上でのスタンプカードサービスを手がけるスタートアップPerx(利用可能な店舗数は700以上、これまでに400,000個のスタンプを取扱う)、およびレストラン予約サービスReserveit.sgと提携し、それらのサービスをサイトに統合することが明らかになった。

HungryGoWhereを運営するチームは、SingTelのライフスタイルポータルinSing.comとも関係がある。したがってPerxとReserveit.sgも同様にinSing上で取り上げられることになるだろう。そしてPerxは、HungryGoWhereがすでに保有するレストラン予約サービスTableDBについても何らかのアクションが見られることになるだろう。

しかし、今後数か月で運営が始まるこの相互に連結するウェブサービスについての詳細はあまり明らかにされてない。そのため、スタートアップ関係者にさらなる情報を求めている。興味深いことは色々あるが、どんなことが実現するかはだいたい想像がつく。

最近の発展をもとに推定すると、シンガポールのフード業界のスタートアップとの間にさらなる連携が期待できる。既にChopeはBurppleと提携している。最近、シンガポールに進出したYelpとも、自分たちの国と同じように三つ巴を組んでいけるだろうか?

私たちはまた、まだ若いが有望なスタートアップを1社注目している。そのスタートアップはHastifyで、人々が食べ物のテイクアウトを注文する際、並んで待つ必要をなくすことが同社の目標である。HungryGoWhereの設立者の1人であるHoong An氏が最近、同社のエンジェル投資家、そしてメンターとなった。したがってHungryGoWhereとHastifyの提携もありそうだ。

注目すべき他の企業には、DealiveryとRocket InternetのFoodPandaのような食料品運送会社もある。さらに、TickTokというおもしろいスタートアップは、島全体で9,000軒以上の食料品を扱う店舗で発生している待ち時間をリアルタイムでユーザに伝えるアプリを扱っている。

これらの企業はライバルと同種のサービスを構築し、互いのテリトリーに踏み込もうとするのも可能ではあるが、その代わりに互いのリソースと専門的知識を利用することによって、もっと利益を得ることもできるはずだ。

HungryGoWhereやYelpのような特に地域の企業と提携する場合、スタートアップにはもう一つメリットがある。それは、世界に進出し易くなるのだ。

Facebookの共同設立者で、Perxの投資家で取締会のメンバーでもあるEduardo Saverin氏は次のように語った。「SingTelと提携することによって、Perxはシンガポールだけではなく地域全体を網羅する高速流通戦略を進めることができます」。

アジアの消費者たちは、スーパーフードネットワークの出現によって確かに利益を得ることになるだろう。もしかすると、そのネットワークは1つだけではなく、2つかもしれない。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------

シンガポールのSingTelが、写真アプリのPixableを2650万米ドルで買収

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 シンガポールのキャリア「SingTel」はソーシャルアプリが大のお気に入りで、アメリカの写真共有サービスPixableを2650万米ドルと引き換えに自社のものにした。 Pixable(写真右のアプリ)は400万人のユーザを抱え、より関連性の高い画像を表示するアルゴリズムを活用しており、Instagramなどよりも友達の写真を閲覧する機能に優れているという。 …

【翻訳 by Conyac】 【原文】

シンガポールのキャリア「SingTel」はソーシャルアプリが大のお気に入りで、アメリカの写真共有サービスPixableを2650万米ドルと引き換えに自社のものにした。

Pixable(写真右のアプリ)は400万人のユーザを抱え、より関連性の高い画像を表示するアルゴリズムを活用しており、Instagramなどよりも友達の写真を閲覧する機能に優れているという。

今回のSingTelの買収により、Pixableは新興成長市場で攻勢をかけることができる。

今年5月にさかのぼると、SingTelはグルメ案内サービスHungryGoWhereを1000万米ドル近くで買収している。Pixableの取引のさらなる詳細は、リンク先ソースにて確認してほしい。

[出典: TheNextWeb ]

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

SingTelに買収された「Amobee」が、3Dモバイル広告事業「Adjitsu」の買収を発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 カリフォルニアを本拠地とする広告会社Amobeeが、3億21,00万ドルでSingTelに買収されたのはほんの数ヶ月前のことである。そして今回、Amobee自身がDモバイル広告事業であるAdjitsuを買収することが発表された。Adjitsuは写真共有アプリLiveShareの生みの親であるCoolirisによって開発された。買収額などの詳細は公表されていな…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

カリフォルニアを本拠地とする広告会社Amobeeが、3億21,00万ドルでSingTelに買収されたのはほんの数ヶ月前のことである。そして今回、Amobee自身がDモバイル広告事業であるAdjitsuを買収することが発表された。Adjitsuは写真共有アプリLiveShareの生みの親であるCoolirisによって開発された。買収額などの詳細は公表されていない。

Coolirisは長い間キラキラと輝く3Dのフォトギャラリーディスプレイで知られていた。Adjitsuの3D広告グラフィックもまたとてもクールだ。下記のデモ動画を見ればわかるように、商品を3Dで表示することによってより多くのユーザの注目を浴びることができる。動画では、回転するスマートフォンNokia Lumia 800を様々なアングルから見ることができ、側面のコントロール部でカラー変換が行われている。

AmobeeのCEOであるTrevor Healy氏は、この買収と、なぜAdjitsuの3D広告ディスプレイが群を抜いているのかについて次のように語った。

「リアルな3D体験によるモバイル広告を創り出すことは、人々の広告の捉え方を根本的に変えることを意味します。受け身な経験とは異なり、広告を利用してインタラクティブに遊ぶことが、消費者とブランド企業間の関係の起点となります。[中略] AdJitsuの最先端3DテクノロジーによるAmobeeのモバイル広告キャンペーンは、モバイルユーザが手に入れたいと考えるミニアプリのようなものだと思います。」

個人的に、Coolirisがこのようなビジネスを展開していることを全く知らなかった。実際、小規模で他に類を見ないこのビジネスユニットは、Coolirisが2011年に開始したばかりなのだ。失敗に終わってしまった他の3D体験とは対照的に、この3Dテクノロジーの利用法は実践的な応用だと思う。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

----------[AD]----------

SingTel がモバイル広告会社の「Amobee」を3億2100万米ドルで買収

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年、我々はカリフォルニアに拠点を持つAmobeeという広告会社を紹介した。同社は昨年6月にシンガポールに新本社をオープンし、インドネシアのMCM社、ベトナムのAmbient Digital社などとパートナー提携し積極的にアジア進出している。そんなSingTelから先日ビッグニュースが舞い込んだ。SingTelがAmobieを約3億2,100万米ドルで買収す…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年、我々はカリフォルニアに拠点を持つAmobeeという広告会社を紹介した。同社は昨年6月にシンガポールに新本社をオープンし、インドネシアのMCM社、ベトナムのAmbient Digital社などとパートナー提携し積極的にアジア進出している。そんなSingTelから先日ビッグニュースが舞い込んだ。SingTelがAmobieを約3億2,100万米ドルで買収することで合意し、契約にサインしたという。[1]

発表によると、Amobeeの経営チームは引き続き「会社の経営に積極的に参加する」とのことだ。これについて、AmobeeのCEOのTrevor Healeyは次のようにコメントしている:

「我々はSingTelとパートナーになり、モバイル広告界でリーダーシップをとることを嬉しく思う。SingTelとAmobeeはモバイルマーケティングにおける将来ビジョンを共有している。お互いの強みを活用することで、より早いペースでこの業界をグローバルに成長させることができるだろう。」

モバイル広告を強化しているSingTelにとって、Amobeeは確実に大きな助けとなるだろう。SingTelもまた消費者セグメントを反映させた新組織構成を発表した。3つの新ユニットは「グループ消費者」「グループデジタルライフ」「グループICT」となる。これは4月1日から発足する。

SingTelは25以上の国で4億3,400万人のモバイル顧客を持っている。

[1]. 取引はまだ一部の条件と要件について検討中のため完了していないが、SingTelの発表によれば、今年の6月前には完了する見込みとのことだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------