SingTel、バイオメトリクスとモバイル技術への投資のためにイスラエルにLifeLabsを設立

SHARE:

【原文】

lifelabs-logo

シンガポール最大のモバイル通信会社SingTelは、イスラエルに開発センターLifeLabを設立した。このセンターを通じて、SingTelはイスラエル国内のスタートアップへの投資、学術研究や商業的研究への資金援助を行う。また、見込みのある新技術を発掘するために、インキュベータやエンジェル投資家との共同事業も行う。

SingTelはモバイルやワイヤレスのインフラと同様に、音声認識および顔認識などのバイオメトリクスに注力する。これはイスラエルからアジアに向けた、市場を取る見込みのある技術と期待されている。これはSingTelにとって、シリコンバレー、ボストン、シンガポールでの取り組みに続く、4つめの「LifeLabs」だ。SingTelは電話会社向けのソフトウェアプロバイダ、Amdocsと共同でこの取り組みにあたる。

SingTelはテック系のスタートアップに投資するため、各地域にイニシアティブを抱えている。100%子会社でベンチャーキャピタル事業を手がけるSingTel Innov8のほか、SingTelはSingTel Groupのメンバーによって運営されているインキュベーション事業の連合組織であるRegional Seed Networkを形成している。

運営に関わるインキュベータは、SingTel Innov8、オーストラリアのThe Optus Innov8 Seed Program、フィリピンのKickstart Ventures、ならびにタイのAIS The Startupである。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------