THE BRIDGE

タグ G-startup

北京で開催されたGMICのテーマはAI一色——中国インターネットのレジェンド・李開復氏も登壇し、AIスタートアップへの支援を猛アピール

SHARE:

4月27日〜28日の2日間、回を重ね、もはや北京の風物詩となった感さえある中国最大のテックイベント GMIC(Global Mobile Internet Conference/全球移動互連網大会)が開催された。ケンブリッジ大学で撮影されたスティーブン・ホーキング氏のインタビュービデオに始まり、キーノートスピーチには中国のインターネット・レジェンド Kaifu Lee(李開復)氏が久々に元気な姿を…

4月27日〜28日の2日間、回を重ね、もはや北京の風物詩となった感さえある中国最大のテックイベント GMIC(Global Mobile Internet Conference/全球移動互連網大会)が開催された。ケンブリッジ大学で撮影されたスティーブン・ホーキング氏のインタビュービデオに始まり、キーノートスピーチには中国のインターネット・レジェンド Kaifu Lee(李開復)氏が久々に元気な姿を見せた。

Lee 氏と言えば、もともとは Google China(谷歌)の代表を務めた人物で、その後は Innovation Works(創新工場)という名のインキュベーションを開始。近年はリンパ癌に冒され病魔と闘っていたとされるが、劇的な回復を見せ、昨年には Innovation Works の名を Sinovation Ventures と改め、積極的な投資活動を開始していた。

ブース展示会場を見てみると、例年なら色とりどりの装いに身を包んだコンパニオンがそこらじゅうにいるのだが、彼女たちの姿があまり目立たない。代わりに活躍していたのが、話しかけると目的なブースや会場まで案内してくれるロボットである。近い将来には、このような展示会でのロボットとコンパニオンの役割は、もっと分業化・細分化されていくのかもしれない。

Photo 2017-04-27 9 26 31

さて、GMIC の中でも最もスタートアップが活躍の場を見せるピッチ・コンペティション G-Startup だが、今回は中国内外の540チームからの応募があり、そこから選ばれた15チームが予選を通過。最終決勝には3チームが姿を見せた。G-Startup 北京の優勝者には、GMIC を運営する GWC のファンド GWC Innovator Fund と 500 Startups から合計10万ドルの出資が約束されるほか、G-Startup シリコンバレー本戰への無料渡航権、Facebook のスタートアップ育成プログラム FBStart から5,000ドル分の Facebook 広告出稿権が進呈される。

G-Startup 北京の決勝の審査員を務めたのは、

  • Jenny Lee(李宏瑋) – Managing Partner, GGV Capital(紀源資本)
  • Dave McClure – Founding Partner, 500 Startups
  • Barrett Parkman – Co-Founder & VP, GWC
  • Alex Yeung(楊政龍)- Corporate Executive, Emperor Group(英皇集団)
  • Ya-Qin Zhang(張亜勤)- Chairman of GMIC, President of Baidu(百度)
  • Shoucheng Zhang(張首晟)- Professor of Physics at Stanford University, Danhua Capital(丹華資本)
  • Kui Zhou(周逵)- Partner, Sequoia Capital China(紅杉資本)

…以上の7名の方々だ。

<関連記事>

【1位】医随訪 by ZionChina/健安華夏

中国には1.14億人の糖尿病患者がいて、世界の糖尿病患者人口の3分の1を占めている。糖尿病の管理には長期的なモニタリングが必須だが、中国の医療はファミリードクター(家庭医生)によるものが多く、糖尿病の専門医による診療管理が困難だ。「医随訪」は、機械学習と深層学習により、正確な糖尿病の経過観察を可能にするアプリだ。

このアプリでは、継続的な血糖値のモニタリングに加え、食事、運動量、血糖値の正確なデータを収集し、患者に対してライフスタイルや治療の改善をガイダンスする。得られた情報はアルゴリズムで血糖値の予測などに活用され、より個人に応じたダイエット、運動、食事制限を可能にする。

医随訪はかかりつけの医者に対し補助情報を与えるので、患者は必要な糖分の摂取制限を明確に理解することができるようになる。医随訪が何より強みとするのは糖代謝の予測技術で、糖尿病を糖代謝の異常症状として捉えるだけでなく、全体的な健康管理のもとでの栄養バランスの必要性を促す。

【2位】Gago/佳格

Gago(佳格)は人工衛星を使って収集した情報を活用する、農業向けビッグデータ・スタートアップだ。これまでに100万エーカー(約40.5万ヘクタール)の農地の情報を人工衛星を通じて収集、気象データなどと融合し農業企業、環境事業、食品メーカー、保険会社、農業向けの金融事業などに提供している。人工衛星だけでなく、気象情報、過去の収穫データ、ドローンによるリモートセンシングデータなどはクラウド上に集められ、ディープラーニングと独自アルゴリズムを使って解析された後、将来の予測に利用される。

Gago の創業者兼 CEO の Gong Zhang(張弓)氏は元 NASA のサイエンティストであり、共同創業者の Yungang Wang(王蕴剛)氏は、アメリカ・エネルギー省研究所出身。他にも NASA 研究者や化学メーカーのモンサントの元中国マーケティングディレクターらが社員に名を連ねる。

各社からの報道によれば、Gogo は今年4月、DCM のリードによりシリーズAラウンドで6,000万人民元(約9.8億円)を調達した。このラウンドには、Matrix Partners(経緯中国)、Grains valley Venture Capital(磐谷創投)などが参加している。

【3位】賽科/Hesai

Hesai(賽科)は、自動走行車向けの 3D レーダーセンサーを開発している。従来のレーダーと異なり高精細かつ高角度におよぶ画像解析ができるのが特徴だ。従来のように 2D のレーダーセンサーを回転させて用いる場合、回転のスピードによっては、死角が生じたり、瞬間的に本来認識すべき障害物を見落としたりということがあり得るが、3D レーダーセンサーでは、回転しなくても全角度を見渡せるため、そのリスクを極小化することができる。

2013年にサンノゼで設立された Hesai は、もともとは天然ガスを使ったドローンを開発し、欧米を中心に数千万人民元(数億円相当)を売り上げたが、市場規模が限定的と判断してピボットし、3D レーダーセンサーの開発に着手することとなった。2016年10月には、3D レーダーセンサーの最終形のプロトタイプを完成させている。3D レーダーセンサーであるため回転する必要がなく、回転で生じる熱問題を考慮する必要がなくなる。また、回転しない分、電源消費の点からいっても効率的だ。

Hesai の CEO である Yifan Li(李一帆)氏は、将来的には、このレーダーをロボットを含む、自動走行が求められるさまざまなデバイスに導入していきたいと語った。既に 2D レーダーセンサーを導入している自動走行車には、その機能を補完するセンサーとして普及を図りたいとしている。現在、2,000万ドル強を資金調達中とのことだ。


北京のアクセラレータ「Day Day Up」が主催した分科会には Hover Camera の Zero Zero Robotics(零零無限)、話せるヘッドフォン Vinci の CEO らが登壇し、AI スタートアップの将来について意見を論じ合った。最後に Hover Camera で登壇者が記念撮影。

----------[AD]----------

GMICのピッチ・コンペティション「G-Startup Worldwide」で、イスラエル発のソーシャルメディアを使った商品レビューサービス「Feelter」が優勝

SHARE:

GMIC(Global Mobile Internet Conference)は、中国・北京を本拠とする、アジア最大規模のテック・カンファレンスだ。その全容については何度か取り上げているが、世界各国から集まったスタートアップがしのぎを削るピッチ・コンペティション「G-Startup」は、GMIC の中でも一番の人気コンテンツである。 今年の G-Startup からは趣向を変え、テルアビブ・北京・…

gsww-winners

GMIC(Global Mobile Internet Conference)は、中国・北京を本拠とする、アジア最大規模のテック・カンファレンスだ。その全容については何度か取り上げているが、世界各国から集まったスタートアップがしのぎを削るピッチ・コンペティション「G-Startup」は、GMIC の中でも一番の人気コンテンツである。

今年の G-Startup からは趣向を変え、テルアビブ・北京・東京・サンパウロなどで開催された各地域予選選出のスタートアップをシリコンバレーに集め、10月上旬に世界本戦を開催。イスラエル・テルアビブを拠点とする「Feelter」が優勝した。Feelter は、3日間の Google 本社でのブートキャンプに参加できるほか、GMIC が持つファンドから、最大で25万ドルの投資を受けられる権利を与えられた。

Feelter は、Eコマース向けにソーシャルメディアを活用して商品のレビュー評価をウィジェット形式で提供するサービスだ。スポンサーの影響を受けない、真のユーザの意見をソーシャルメディア上の投稿から収集、レーティングを行ない評価を数値で表示する。Eコマースサイトを訪れたユーザは、商品横に表示されたウィジェットにマウスオーバーするだけで、商品購入者がどのような評価をしているか、簡単に流し読みすることができる。

2位の座に着いたのは、G-Startups サンパウロ予選から選出された「Easy Carros」で、アプリを使って修理やメンテナンス業者を探すことができる。Easy Carros には GMIC が持つファンドから最大で12万ドルの投資を受けられる権利が与えられた。また、あわせて開催された G-Startups シリコンバレー予選からは、1位にゲームの要素を取り入れた求人プラットフォーム「Scoutable」、2位に直販型のベビーウェアブランド「MORI」、3位に超音波と人工知能を使った乳がんモニタリングソリューション「iSono Health」が選ばれ、それぞれ5万ドル、3万ドル、2万ドルまでの投資を GMIC のファンドから受けられることになる。

8月末に実施された G-Startup 東京予選 からは、この東京予選で優勝したアメリカの「Pulzze Systems」が G-Startup 世界本戦に出場した。政府機関や企業などでも、IoT を作ったり、IoT のインフラを作る動きが加速しているが、IoT と作るにはコーディングの知識、あるいは、仮にフルスクラッチでコーディングしなくてもミドルウェアの知識が必要になる。

Pulzze Interactor は、インターネットにおけるルーターのように機能し、コーディングをしなくても設定をするだけで、デバイスのベンダーやプロトコルに依存せず、IoT を開発することができる。IoT の開発者は、Pulzze Interactor の導入により、IoT のラピッドプロトライピングが可能になる。Pulzze Systems は、G-Startup 東京予選での優勝により、最大5万ドルの投資を GMIC のファンドから受けられる権利を獲得している。

----------[AD]----------

北京で開催中の #GMIC 2016から、ピッチコンテスト「G-Startup」で選ばれたスタートアップ10社をご紹介

SHARE:

本稿は GMIC Beijing 2016 の取材の一部である。 4月28日〜30日、中国・北京の国家会議中心では、恒例の GMIC(全球互連網大会)が開催されている。2009年に北京ではじまった GMIC も今年で10回目を迎え、世界中で開催される地方大会も9都市に拡大。GMIC の規模は拡大しているのだが、例年に比べると、日本のスタートアップや企業の存在感は薄れているようだ。しかしながら、主催…

gmic-2016-g-startup_headimage
G-Startup の司会を務める、GWC 共同設立者の Barrett Parkman 氏

本稿は GMIC Beijing 2016 の取材の一部である。

4月28日〜30日、中国・北京の国家会議中心では、恒例の GMIC(全球互連網大会)が開催されている。2009年に北京ではじまった GMIC も今年で10回目を迎え、世界中で開催される地方大会も9都市に拡大。GMIC の規模は拡大しているのだが、例年に比べると、日本のスタートアップや企業の存在感は薄れているようだ。しかしながら、主催者である GWC(長城会)からの28日現在の発表では、招待VIPが1,000人、一般参加者は6,000人となっており、中国のみならず、アジア全域でもその規模の大きさには揺るぎがない。

<これまでの GMIC に関する記事はこちら

この GMIC の中で、スタートアップが最も脚光を浴びるのが、スタートアップ・コンペティションの G-Startup だ。今年は36カ国250チームから応募があり、その中から投資家10人が審査員となってトップ10を選び、最終的に優勝〜3位までのチームが発表された。ファイナリスト10チームの顔ぶれを紹介したい。

今年の G-Startup の審査員を務めたのは次の方々だ。

  • David Tang(鄧元鋆)氏, Managing Director, Nokia Growth Partners
  • Rui Ma(馬睿)氏, Partner, 500 Startups
  • 鈴木亮一氏, VP, Recruit Strategic Partners
  • James Shen(沈勁)氏, Managing Director, Qualcomm Ventures
  • Hans Tung(童士豪)氏, Managing Director, GGV Capital(紀源資本)
  • Xiong Zhen(熊振)氏, GM, Baidu(百度)
  • Richard Wang(王岳華)氏, Partner, DFJ Dragon Fund(徳豊杰龍脈中基金)
  • 田中章雄氏, Managing Partner, Infinity Venture Partners
  • Anna Fang(方愛之)氏, Partner and CEO, ZhenFund(真格基金)
  • Alex Yao 氏, SVP, Cheetah Mobile(猟豹移動)

司会は GWC の Ryan Baird が務めた。

【優勝】Anyoutian.com/俺有田(中国)

副賞:GWC Innovation Fund から5万ドルの出資、シリコンバレーで開催される G-Startup Worldwide Global Finals への招待など。

gmic-2016-g-startup-anyoutian

俺有田」は、農民と消費者を直接結ぶことで、農産物の直接販売を可能とするプラットフォーム。農家の経験不足や技量不足をオンライン指導で支援する一方、育った農産物をモバイルアプリで消費者に紹介し、流通網を通さず食品配送会社を通じて消費者宅に直送するほか、大手スーパーのKA売場(重要顧客対応売場)でピックアップすることができる。

2014年8月に創業、2015年には GMIC Beijing 2015 でのピッチを機に Infinity Venture Partners から数百万人民元(数千万円相当)のエンジェル投資を受ける。2015年9月にプラットフォームをローンチ。現在、上海を中心とするカルフール30店舗、Century Mart(世紀連華)40店舗、Auchan 7店舗、Yonghui(永輝)7店舗などと提携しており、店頭で農家直送農産物を購入可能。

【2位】Yihu365/医護到家(中国)

副賞:GWC Innovation Fund から2.5万ドルの出資、シリコンバレーで開催される G-Startup Worldwide Global Finals への招待など。

gmic-2016-g-startup_yihu365_nurses

医護到家」は、中国の三甲医院(甲乙丙の三等級の中で、最上位に位置づけられる病院)に勤務する医者1,000人から、1日あたり10元(約170円程度)を支払うことで、慢性病の相談に回答を受けられるモバイルアプリ。アプリ上から、近隣の病院の医者に注射や点滴の予約をすることもできる。この分野は非常に競争が激しく、以前に紹介した康大預診なども競合となるが、やはり、中国の都市部とへき地での医療サービスのレベルの差が大きいことに、この種のサービスの需要が高まる背景がある。

ちなみに今年初め、半身不随の母親をなかなか医者に診てもらえなかった女性が、遠方の病院まで出向き4,500人民元(約7.4万円)を支払って診断してもらったという話が、中国の Weibo(微信)上で「中国の医療現場が歪んでいることの象徴」として論議を呼んだが、この女性は後に医護到家からモバイルアプリを使った診断サービスの終身利用権を授与されており、巷ではこれが医護到家のステマではないかとの憶測が飛び交っている。事実の程は定かではない。

【3位】Deepshare(中国)

副賞:G-Startup Worldwide Global Finals への招待など。

gmic-2016-g-startup_deepshare

Deepshare は、日本でも CircuitGrowth Link などのソリューションで実現されている、モバイルアプリ・デベロッパのためのディープリンク分析ソリューション。SDK をモバイルアプリに導入することで、ウェブサイトとモバイルアプリとの往来、どのページからどのページにランディングしたか、分析することが可能。

2014年12月に ZhenFund(真格基金)から100万ドルを調達し、昨年末、Deepshare ソリューションをローンチした。


このほか、ファイナリストに残った残り上位7チームは次の通り。

  • Bemalas(マレーシア)… マレーシア発のチャット・コマース/デジタルコンシェルジュ・サービス(関連記事
  • 十一維度(中国)…ガジェット・クリエイターがアイデアを投稿、他ユーザから賛同を募り、3Dプリンティングで製作できるプラットフォーム。
  • mOculus VR Production Toolkit…Oculus Rift を Autodesk Maya の 3D 環境に接続可能にするプラグイン。
  • Zoom Offices/房大弁公(中国)…スタートアップ向けに1日単位で、オフィスや会議室をレンタルサービス。
  • 買鄰信息(中国)…IoT デベロッパ向けに、容易にクラウドに接続できるモジュールやパーツを提供。IoT デベロッパがサービスのコア部分に集中するのを助ける。
  • Teenker/庁客(中国)…フリーランサーのためのマーケットプレイス。ウェディング、アート、フィットネス、写真撮影などを提供するフリーランサーと一般消費者をつなぐ。
  • 毎天派(中国)…80后(パーリンホウ)と呼ばれる、1980年代以降に生まれた30代の女性をターゲットにした、ファッションやショッピングの話題を扱うモバイルアプリ。

----------[AD]----------

北京・GMIC 2015で披露された、今年有望なスタートアップ10社を一挙ご紹介

SHARE:

5月〜6月の2ヶ月間は、アジア各国でスタートアップ・カンファレンスが立て続けに開催される。…という同じくだりを昨年の拙稿にも見つけたので、この状況はもはや常態化している。今年は Pioneers Festival や ICT Spring といったヨーロッパのカンファレンスまでも5月に前倒しになっているので、数々のスタートアップ・カンファレンスを巡る起業家や投資家にとっては、かなり過酷なスケジュー…

gmic-beijing-2015-g-startup_featuredimage

5月〜6月の2ヶ月間は、アジア各国でスタートアップ・カンファレンスが立て続けに開催される。…という同じくだりを昨年の拙稿にも見つけたので、この状況はもはや常態化している。今年は Pioneers FestivalICT Spring といったヨーロッパのカンファレンスまでも5月に前倒しになっているので、数々のスタートアップ・カンファレンスを巡る起業家や投資家にとっては、かなり過酷なスケジュールである。

先週、4月28日〜29日の2日間にわたって、北京の国家会議中心(National Convention Center)で、年に一度の、アジア最大級のテックカンファレンス「GMIC(全球移動互連網大会)」が北京で開催された。Xiaomi(小米)、Tencent(騰訊)、Huawei(華為)やSina(新浪)などのトップが経営方針や新製品に関する重要な発表をするほか、スタートアップが集まるピッチ・コンペティション「G-Startup」も見ものだ。

例年とは異なり、今年の G-Startup では出場10社のほとんどが中国勢が占めた。メンタルや心理学とインターネットを結びつけようとするアプリや SDK が目立ったように思える。審査の結果、深圳のスタートアップが開発した、持ち運びできるコンパクトなインテリジェント・マッサージ・デバイス「握握(Wowo)」が優勝した。

審査員を務めたのは、次の方々だ。

  • James Shen(沈勁氏), VP and Managing Director, Qualcomm Ventures
  • Anderson Thees 氏, MD & Co-Founder, Redpoint e.ventures
  • 鈴木亮一氏, VP, Recruit Strategic Partners
  • Kui Zhou(周逵)氏, Managing Partner, Sequoia Capital
  • Hans Tung(童士豪)氏, Managing Partner, GGV Capital

では今回、G-Startup で華々しいピッチを披露した10社の顔ぶれを見てみることにしよう。いずれも、ビッチのビデオ付きで紹介する。

Wowo(握握)

gmic-beijing-2015-g-startup-wowo

握握(Wowo)は、漢方マッサージのツボの考え方と現代科学を取り合わせたマッサージ・デバイス。重さは700グラムで、2時間の充電で1週間待機可能、4時間連続でマッサージができる。

BLE で接続し、スマートフォンにインストールした専用アプリから制御ができるほか、他の IoT デバイスや WeChat(微信)アカウントとも連携可能。ピッチのあったこの日から、Baidu(百度) の Eコマースサイト「未来商店」で999元(約19,300円)で発売された。

Super ID(一登)

gmic-beijing-2015-g-startup-superid-onstage

スマートフォンのカメラで顔を写真撮影することで、そのユーザの性別、年齢、精神状態などを判定できる無料の SDK「Super ID(一登)」を提供。この SDK を導入した同社の音楽聴取アプリ「emo(刷瞼听歌)」はローンチから2日間にわたりアプリストアの1位を独占、1週間で10万人がダウンロードした。

Super ID は O2O やエンターテイメント、リワード、会員カードアプリなどへの応用を期待しており、ローンチから本イベントまでの44日間で、113のアプリ、46万人のユーザ、36の国々で利用されている。

Meiqia(美洽)

gmic-beijing-2015-g-startup-meiqia-onstage

Eメール、WeChat(微信)などのメッセージアプリ、モバイルウェブ、デスクトップウェブなど、あらゆるインターフェイスに対応してユーザサポートができるプラットフォーム「Meiqia(美洽)」。Passbook や WeChat(微信支付)と連携して、ユーザに課金することも可能。

ユーザとのやりとりが、複数のユーザサポート担当者の間で共有管理できる。コンサルティング・サービス、医療、Eコマース、金融サービスへの導入を狙っている。

Anyoutian.com(俺有田)

gmic-beijing-2015-g-startup-anyoutianonstage

俺有田」は、農民と消費者を直接結ぶことで、農産物の直接販売を可能とするプラットフォーム。農家の経験不足や技量不足をオンライン指導で支援する一方、育った農産物をモバイルアプリで消費者に紹介し、流通網を通さず食品配送会社を通じて消費者宅に直送するほか、大手スーパーやコンビニエンスストアを通じてピックアップすることができる。

俺有田では、このプラットフォームを通じて農業を営む農民を「新農人」と呼んでいるが、これまでに1,100人に及ぶ新農人を生み出している。

Emokit

gmic-beijing-2015-g-startup-emokit-onstage

ハードウェアやアプリなどに人間の感情を読ませるための SDK「Emokit」。チームは中国科学院やカーネギーメロン大学出身の科学者で構成される。心理状態のデータを収集し、12のポジティブな感情、12のポジティブなネガティブな感情に分けて解析。

Eコマースのほか、飛行機のパイロットの健康状態判断、カスタマーサポートのパフォーマンス改善などへの応用を期待。昨年のフィンランドで開催された SLUSH では総合1位を獲得している。

Cein Biotechnology(識益生物)

gmic-beijing-2015-g-startup-cein-technology-onstage

Cein Biotechnology(識益生物)は静脈認証プラットフォームにより、さまざまな個人認証、カードレス決済、カードレス会員システムの運営が行えるプロダクトを開発。静脈を認証するデバイスは、指スキャナ型以外に、マウス型やリング型などさまざまなタイプをリリースしている。

創業者はQRコードやRFIDのアプリ開発で18年の実績があるほか、チームには、紙幣検査機、指紋認証や顔認証、iBeacon のアプリの研究やプロダクト開発に従事した人物が多数参加している。

Pear PSY(鴨梨心理)

gmic-beijing-2015-g-startup-pear-psy-onstage

Pear PSY(鴨梨心理)は、精神病患者向けのカウンセリングアプリ。新しいアプリバージョン 3.0 が4月下旬にリリースされる。メニューは普通問診、専門家問診、情報センター、精神状態センターなどから構成され、精神科医を予約することが可能。

なお、Pear Psy を通じた精神科医の紹介は無料だ。12月下旬までに、対応できる精神科医を700名、心理諮問士を600名まで増やし、月あたりの問い合わせを1万件にまで伸ばしたいとしている。

Weather Wardrobe(天気衣柜)

gmic-beijing-2015-g-startup-weather-wardrobe

気温や湿度の変化にあわせて、着るものを選ぶのは体調管理の上からも重要だが、これがなかなか面倒。Weather Wardrobe(天気衣柜)は、発表された天気予報データにあわせて、あらかじめ登録してある自分の持っている洋服の中から、最適なコーディネイトを提案してくれる。

ユーザは、アプリに予め身長や胸囲などの身体データを登録するため、アプリからその条件に合致した洋服の提案を受けることができ、オンライン購入することもできる。

Babystep

gmic-beijing-2015-g-startup-babystep-onstage

Babystep は、両親が良い子育てが行えるよう、1つのトピックについて、1分間のビデオクリップ1本でレクチャーをしてくれるサービス。Babystep はロシアのスタートアップだが、ビデオはカリフォルニアで13ヶ国語で製作されており、ユーザには1週間に3本のビデオが配信される。

講読料は 6ヶ月549ルーブル(約1,300円)、1年間899ルーブル(約2,000円)、あるいは、1,590ルーブル(約3,700円)支払うことで永年利用可能となる。

Kexuema(科学媽)

gmic-beijing-2015-g-startup-kexuema

Kexuema(科学媽)は、妊婦のためのモバイルアプリ。妊娠することは病気ではないものの、61%の女性が妊娠で何らかの複雑な問題を抱えており、毎年1%の妊婦は病気により亡くなっている。このモバイルアプリは、医療の観点から妊婦に対して情報を提供することにより、妊婦がより健康で安全な状態を維持できることを目的としている。

これまでに、スウェーデン政府から資金を調達、スウェーデンの Mälardalen 大学、Karolinska 研究所、北京大学、復旦大学、浙江大学とパートナーシップを結んでいる。


いかがだろうか。昨年の G-Startup では、ゲームや O2O に関連したアプリが多くを占めていたのに比べ、今年は、ビッグデータを始めとするテクノロジーにフォーカスしたスタートアップが増えていることがわかる。おそらく、この違いは、中国におけるスタートアップ・トレンドの変化を如実に反映しているのだろう。

G-Startup 以外の、GMIC の見どころについては、機会を改めて近日中に振り返りたい。

gmic-beijing-2015-g-startup-broaderview

----------[AD]----------

北京・GMIC 2014で披露された、今年有望なスタートアップ10社を一挙ご紹介

SHARE:

5月〜6月の2ヶ月間は、アジア各国でスタートアップ・カンファレンスが立て続けに開催される。スタートアップを追っかける身としては、息をつく間も無くイベントからイベントへと飛び回る日々だ。少し落ち着いたので、このあたりでひとまず、今年のアジアのスタートアップ・シーンを飾りそうな彼らをレビューしておきたい。 まずは5月5日〜6日に北京で開催された、中国最大のインターネット・カンファレンス GMIC(Gl…

gmic-featuredimage

5月〜6月の2ヶ月間は、アジア各国でスタートアップ・カンファレンスが立て続けに開催される。スタートアップを追っかける身としては、息をつく間も無くイベントからイベントへと飛び回る日々だ。少し落ち着いたので、このあたりでひとまず、今年のアジアのスタートアップ・シーンを飾りそうな彼らをレビューしておきたい。

まずは5月5日〜6日に北京で開催された、中国最大のインターネット・カンファレンス GMIC(Global Mobile Internet Conference/全球移動互連網大会)からだ。世界的な IoT(Internet of Things)のトレンドはここにも現れており、会場ではあの Leap Motion の CEO Michael Buckwald も THE BRIDGE のインタビューに答えてくれた。来月には、初となる東京での GMIC も開催されるので、これまで北京のメインイベントに参加できなかった人にとっても、より身近な存在になるだろう。

GMIC には、スタートアップによるピッチ・セッション「G-Startup」が併設されており、世界各国から来中したスタートアップ10チームが凌ぎを削った。彼らの健闘ぶりを見てみることにしよう。

【優勝】FoodLoop(ドイツ)

ウェブサイト

g-startup-winner-foodloop

FoodLoop は、いかにも環境意識が高いドイツを象徴するサービスだ。消費期限が近づいた食品の安売り情報を提供するアプリで、社会全体として食品のムダを無くすことを目的としている。街を歩いていると GPS と連動し、近くのスーパーの安売り情報がプッシュ通知で届けられる。牛乳など、定期的に購入している商品があれば、そのバーコードをスキャンすることで、安売り情報を検索することも可能だ。

Imzhitu/织图 (中国)

ウェブサイト ビデオ

imzhitu-onstage

2012年12月ローンチした、中国版写真共有アプリ。Instagram をさらに発展させたようなアプリで、写真の中に、さらにテーマ別の写真(例えば、ポートレイトの中に撮影場所の説明写真、アクセサリーの写真など)を関連づけて埋込むことができ、インタレスト別に横断でシェアすることができる。Samsung、中国のスマートフォンメーカー「Meizu(魅族)」、China Mobile(中国移動)のビジネスパートナー(おそらく、これらのメーカーやキャリアのスマートフォンにプリインストールされることを目論んでいる)で、50万元(約820万円)のエンジェル投資を受けている。

Viscovery (台湾)

ウェブサイト ビデオ

viscovery-onstage

2008年台湾で設立。画像検索エンジンで、Eコマース、小売等に応用可。画像や文字の認識が早いのが特徴。シンガポールにもオフィスを開設。ここ数回の複数のスタートアップ・カンファレンスで姿を見ているので、今年最も元気のよいスタートアップの一つと言ってよいだろう。日本にも市場参入を計画しており、大手オンライン・ショッピング・モールやEコマース・プラットフォームとの連携が期待されている。この分野では、用途は異なるが、同じく画像検索を使ってコマースを活性化させようとするサービスとして、日本の Brand Pit なども注目を集め始めている。

Monster Castle/怪物城堡(中国)

ウェブサイト ビデオ

monstercastle-onstage

中国・成都の拠点を置くゲーム・デベロッパ Good Team Studio(成都優衆軟件)が開発した、新しいゲームタイトル「Monster Castle」。これまでに iOS / Android 向けに30種近いゲームをリリースしているが、タワーディフェンス型/Sim City 型の両要素を取り込んだ Monster Castle(怪物城堡)というゲームアプリを開発中とのことだ。なお、未確認ではあるが、数年前に既に同名のゲームがデスクトップ向けに公開されており、これのモバイル向けの〝焼き直し〟である可能性もある。

Arrownock/箭扣 (中国)

ビデオ

arrownock-onstage

SMaaS(Social Messaging as a Service)を開発、さまざまなサードパーティーアプリが連携できる、バーティカルなソーシャル・メッセージング・プラットフォームを開発。これにより、アプリ・デベロッパが開発サイクルを効率化し、開発コストを削減することを可能にする。筆者の理解では、Tencent (騰訊)に代表されるインターネット巨人が、中国のソーシャルメディアのみならず、アプリ・デベロッパの市場も寡占しはじめている一方で、これに対抗する勢力として、アプリを開発するスタートアップが、独自にソーシャルメディアの力を最大限に活用して存在感を高めようとする動きの一つにも思える。

Fusawo (デンマーク)

ウェブサイト ビデオ

fusawo-onstage

デンマーク出身のスタートアップと言えば Zendesk が真っ先に頭に浮かぶが、Fusawo はそんなコペンハーゲンのコミュニティで生まれた、子供向けのゲーム・デベロッパだ。子供を外で遊ばせたい親と、アプリを使って遊びたい子供のニーズを引き合わせ、GPS 連動のゲームを開発した。Come Run With Me は Windows Phone 用しか開発されておらず、ユーザのリーチは十分ではない。まだブートストラップ中のフェーズという感じだ。

Kadou/卡都 (中国)

ウェブサイト ビデオ

kaado-onstage

中国で最初のモバイル・ソーシャル・ギフトアプリ。中国版の Giftee と考えてよいだろう。詳細については、以前 THE BRIDGE でもこの記事で取り上げている。現在、iOSとAndroid で利用でき、中国には競合として、類似アプリの Eliquan(e礼券)Wowgift(悦礼)などがある。

Kairos (韓国)

ウェブサイト ビデオ

kairos-onstage

自動巻き腕時計のディスプレイにスマートフォンの着信やフィットネス情報を表示するハイブリッドなスマートウォッチ。スマートウォッチは概して単価の安いものが多い。一方、時計市場全体を見てみると、売上の多くはアナログでラグジュアリーなブランドものが占めている。そこでこれら両方の要素を兼ね備えた、ラグジュアリーなスマートウォッチを作ることで、これまでになかった市場需要を開拓しようとする試み。Kairos も前出の Viscovery 同様、アジア各地で開催されるカンファレンスの随所で目にしており、今年注目されるスタートアップの一つだ。

Puteko (日本)

ウェブサイト ビデオ

puteko-onstage

決して絶対数が多いわけではないが、最近ニュージーランドから日本へ拠点を移して活動を続けるスタートアップが増えているように思える。ニュージーランド人にとっては気候や国民性が似ている上に、世界市場へのアクセスがしやすいというメリットもあるのだろう。Puteko は塗り絵ARのアプリを開発するスタートアップで、昨年の秋に開催された B Dash Camp in Osaka 2013 にも登壇していた。日本に拠点を移したのは功を奏しており、筆者のまわりの小さな子供を持つ友人らに聞いてみても、子供達の間で Puteko のアプリが人気を博し始めているようだ。

Splitforce(中国)

ウェブサイト ビデオ

splitforce-onstage

iOS、Android、Unity アプリ向けの A/B テスティング環境である。中国・大連のインキュベータChinaccelerator(中国加速)出身で、最近複数の投資ファンドやエンジェル投資家から15万ドルを資金調達した。これを機に Splitforce は拠点を北京からニューヨークに移したようだ。この分野では、5Rocks、KAIZEN PlatformUniconシロクなど日韓を中心に多くのプレーヤーがしのぎを削っている。アジア市場は飽和状態にあるため、早々にアメリカ市場に活路を見出すのは賢明なアプローチかもしれない。シリコンバレーではなく、ニューヨークに進出した理由は定かではないが、機会を見つけて、そうした決断の背景について確かめてみたい。


読者におかれては、注目に値するスタートアップは見つけられただろうか。

今回取り上げた10チーム以外にも、Startup Asia Singapore 2014beLAUNCH 2014ECHELON 2014 など、アジア各地で開催されたスタートアップで、合計数十チームにおよび興味深いスタートアップが紹介された。THE BRIDGE では、近日中にそれら全チームを誌上で取り上げる予定だ。ご期待いただきたい。

gmic-everyone-onstage

gmic_bottomimage

----------[AD]----------

5月に北京で開催されるGMIC 2014に向け、G-Startup出場スタートアップを募集開始

SHARE:

「長城会」または「Great Wall Club(略してGWC)」は、中国のモバイル企業からなるテックコミュニティだ。阿里巴巴(Alibaba)、百度(Baidu)、新浪(Sina)、騰訊(Tencent)、小米(Xiaomi)など、中国の有名モバイル企業数十社がメンバーに名を連ね、中国のみならず、アジア全体でモバイルビジネスを活性化することや、新たなスタートアップ企業を見出し育てることを目的とし…

gmic_beijing_banner_mobilizing_600

「長城会」または「Great Wall Club(略してGWC)」は、中国のモバイル企業からなるテックコミュニティだ。阿里巴巴(Alibaba)、百度(Baidu)、新浪(Sina)、騰訊(Tencent)、小米(Xiaomi)など、中国の有名モバイル企業数十社がメンバーに名を連ね、中国のみならず、アジア全体でモバイルビジネスを活性化することや、新たなスタートアップ企業を見出し育てることを目的としている。

その長城会が、5月5日〜6日に GMIC(Global Mobile Internet Conference、全球互連網大会)本イベント内で開催される、スタートアップ・コンペティション「G-Startup」の募集要項を発表、出場スタートアップの申込受付が開始された。応募締切は4月6日、アジアや中国への進出を狙うスタートアップは、この機会をお見逃しなく。

なお、昨年までの G-Startup の模様は、THE BRIDGE でも、以下の記事でカバーしている。

【2011年】

【2012年】

【2013年】

g-startup-2013-winner-onstage

----------[AD]----------

GMIC Day2: 北京の熱い2日間が閉幕、各種受賞スタートアップを一挙紹介

SHARE:

年に一度の GMIC(全球移動互連網大会)が幕を閉じた。PM2.5、鳥インフルエンザ、尖閣諸島問題などの問題が水を差したのか、これまでの回に比べて、日本人や日本企業(スタートアップ、大規模企業を含む)の存在感は、やや薄らいだのかもしれない。他方、中国のネット企業の加勢は顕著であり、巨大な市場を狙って、中国参入を試みる欧米のスタートアップも増えているようだ。 GMIC では、メイン・ステージのパネル…

gmic_ending

年に一度の GMIC(全球移動互連網大会)が幕を閉じた。PM2.5、鳥インフルエンザ、尖閣諸島問題などの問題が水を差したのか、これまでの回に比べて、日本人や日本企業(スタートアップ、大規模企業を含む)の存在感は、やや薄らいだのかもしれない。他方、中国のネット企業の加勢は顕著であり、巨大な市場を狙って、中国参入を試みる欧米のスタートアップも増えているようだ。

GMIC では、メイン・ステージのパネル・ディスカッションと並行して、数本の分科会パネルやピッチセッションが会場内で繰り広げられるが、それぞれのセッションから優秀企業が表彰される。この表彰の機会は、GMICの中で熱気を帯びる部分で、受賞者の顔ぶれを見れば、その年の中国インターネット界のトレンドが読めると言ってもよい。

Startup Award/明星企業・初創企業成長奨(明星企业・初创企业成长奖)

GMIC G-Startup のシード/アーリーステージ、グロースステージに出場した全スタートアップは、以下に掲載。

Mention(中国)

行動心理学に基づいたソリューションを提供するスタートアップ。ゲーム開発会社に取っては興味があるだろう。昨日、Traintracks というツールを発表、ゲーム開発会社に提供する。ユーザがなぜ、そのゲームを遊びたくるのか、ということを調べられる、ビッグデータ分析ツール。Hadoop よりも100倍早い。

mention_onstage
Mention

visualead_logoVisualead(イスラエル)

写真や絵にQRコードを付与し、特定のURLへ誘導する「画像」を創り出すソリューション。元の写真や絵の原型を留めつつ、認識率高いのQRコードを生成できることが特徴。6ヶ月前にリリース、毎月100%のスピードでユーザを伸ばしている。2012年2月に第1世代、2012年8月に第2世代、2013年のQ4には、より写真や原画を留めた表現を邪魔しない第3世代をリリース予定。

Application Award/創新応用奨(创新应用奖)

プレゼンター:Steven Goh/斯蒂芬(mig33)

diditaxi_logo

嘀嘀打車/Didi(中国)

北京に拠点を置く、Uber 型タクシーアプリ。昔ながらの流しのタクシーは、あなたが手を上げても、せいぜい気づいてくれるのは100メートル手前であり、あなたがタクシーに乗るまで、運転手はあなたがどこに行くかもわからない。嘀嘀打車は自分がタクシーを捕まえたいこと、そして、どこに行きたいかを半径3〜5キロメートル内のタクシードライバーに伝え、現在地に来てもらうことができる。

<関連記事はこちら

didi_onstage
嘀嘀打車/Didi(中央は、プレゼンターを務めた mig33 の Steven Goh)

Mobile Game Award/創新遊戲(创新游戏)

プレゼンター Jessie Yang/楊娟(InMobi)

cocoachina_logo

CocoaChina

Apple 向けゲーム開発環境プラットフォーム。

cocoachina_screenshot
Cocoa China

神庙逃亡/TempleRun

インディ・ジョーンズのような、熱帯雨林の神殿から抜け出すロールプレイング・ゲーム。

War Valley/戦谷(战谷)

iPhone / Android 用ロールプレイング対戦型ゲーム。

Mobile & Marketing Award/最佳移動消費互動奨(最佳移动消费互动奖)

飛度無限(飞度无限)

北京のゲーム開発会社。「泡面三国」などのゲームシリーズがヒットしている。

泡面三国
泡面三国

Mobile Advertising Innovation Award/最佳移動広告創意(最佳移动广告创意)

hdtmobile_logo

hdtMobile/掌握伝媒(掌握传媒)

1999年に創業した、モバイル企業グループ。デジタル広告プラットフォームhdtMEDIA、モバイル広告プラットフォームhdtMobile、デジタル広告取引プラットフォームhdtDXPを運営。

Mobile Advertising Technology Award/最佳移動広告技術(最佳移动广告技术)

letv_logo

LeTV/楽視網(乐视网)

2004年に開設された、中国発のインターネット動画配信サービス。

letv_screenshot

Mobile Internet Challenge Spirit Award/最具移動互連網開拓競争精神奨(最具移动互联网开拓竞争精神奖)

lakara_logo

拉卡拉

携帯電話で支払いができる、中国版の PayPal Here / Square。

Member Award/最突出公益事業奨(最突出公益事业奖)

adream_logoAdream/真愛夢想(真爱梦想)

金融企業家を中心に設立された、子供のためのチャリティ募金プラットフォーム。現在は香港に登記されており、香港政府からは非課税対象の認定を受けている。


GMIC が終わった後、北京の繁華街・三里屯(サンリートン)近くの、地ビールレストラン・大跃啤酒/Great Leap Brewery を借り切り、VIP向けのパーティーが開かれたので顔を出してみた。

gmic_afterparty

毎年 GMIC に来てみて思うのは、テック・コミュニティに集まって来る女性達が年々キレイになっていくことだ。おそらく、日本もかつては通って来た道で、急進国においてはよく見られる。もともとは一部のギークのためのものでしかなかったテックが、相応の市場規模を形成するようになり、平均よりも高い労働環境と賃金を供給する。トレンドに敏感な女性達からすれば、「テックは、時代の先端を走る、イケてる業界」ということになり、これが男性を含め新たな起業家を生み出す動力になっていることは事実だ。

東南アジアと違い、中国のスタートアップ・コミュニティが幸運なのは、中国国内にサクセス・ストーリーがあることだ。起業家は、Tencent(騰訊)の馬化騰氏や、Xiaomi(小米)の雷軍氏の雄姿に自らの姿を照らし合わせ、明日の成功を夢見ることができる。今回紹介したスタートアップの中から、明日のTencent(騰訊)や Sina(新浪)が生まれる日が楽しみだ。

----------[AD]----------

GMIC Day1: グロースステージで披露されたスタートアップ10社を紹介

SHARE:

本日から北京で開催されているGMIC(全球移動互連網大会)で、「シード/アーリーステージ・スタートアップ部門」に選出された10社に引き続き、「グローススタートアップ」に選出されたスタートアップ10社もご紹介しよう。 なお、両部門からそれぞれの優勝スタートアップは、明日2日目の GMIC のメインステージで選出される予定だ。乞うご期待。 雲知声(中国) 会社名:雲知声語音雲 ウェブサイト:http:…

g-startup_growth

本日から北京で開催されているGMIC(全球移動互連網大会)で、「シード/アーリーステージ・スタートアップ部門」に選出された10社に引き続き、「グローススタートアップ」に選出されたスタートアップ10社もご紹介しよう。

なお、両部門からそれぞれの優勝スタートアップは、明日2日目の GMIC のメインステージで選出される予定だ。乞うご期待。

雲知声(中国)

yunzhisheng_logo会社名:雲知声語音雲
ウェブサイト:http://www.yunzhisheng.cn
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=BoQMKke3Yp8

クラウドによる音声認識サービス。パブリック向けには、オープンソースの高性能クラスタ・プラットフォームによりサービスを提供、API 経由で中国語の認識を依頼することができる。プライベート向けには、企業での利用を想定して、専門分野を含むより多くのボキャブラリに対応できるサービスを提供、API 以外にSDKでも利用が可能。

yunzhisheng
雲知声

TV客(中国)

tivic_logo会社名:北京閃連雲視信息技術有限公司
ウェブサイト:http://www.tivic.com/
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=9c4vwO0L4kc

ソーシャルメディアが隆盛を見せる中、テレビの存在感が失われつつある。TV客はテレビのソーシャルメディアで、どのようなテレビ番組が面白いかをコミュニティで会話することができる。自宅のスマートテレビやセットトップボックスなどと連携し、iPad をリモコンテレビとして使うこともできる。

TV客
TV客

Visualead(イスラエル)


visualead_logo会社名:Visual Lead
ウェブサイト:http://www.visualead.com
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=8jMzXfQdZhM

写真や絵にQRコードを付与し、特定のURLへ誘導する「画像」を創り出すソリューション。元の写真や絵の原型を留めつつ、認識率高いのQRコードを生成できることが特徴。

visualead
Visualead

英語口語達人/SpeakingMax(中国)

speakingmax_logo会社名:口語達人
ウェブサイト:http://www.speakingmax.cn
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=kgeOtjv_KEQ

ハーバード、コロンビア、プリンストン、スタンフォード、MITなどトップ大学の学生の協力を得て、英語の口語表現を収録し、オンラインで自身の発音とネイティヴの発音を比べながら、特に会話の上達を促す英語学習サービス。

speakingmax
英語口語達人/SpeakingMax

Tourism Media(シンガポール)

tourizz_logo会社名:Tourism Media Pte. Ltd.
ウェブサイト:http://tourizz.com
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=J5c1NI7adDQ

自由旅行者のための便利アプリ。世界各地の街について、ホテルの予約やレストランのバウチャーを提供するだけでなく、3Dのウォークスルー・バードビュー・イメージ、観光場所の音声案内サンプルなどを提供し、どのような場所を訪れると楽しめるのかを提案する。

Tourism Media
Tourism Media

中華万年歴(中国)

zhwnl_logo会社名:中華万年曆是隨身移動有限公司
ウェブサイト:http://www.zhwnl.cn
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=QXms4QOgyS0

中国人に最適化されたオンライン・カレンダー。スケジュールに加え、誕生日通知、カウントダウン、スケジュール通知、リアルタイム天気情報などのサービスを、クラウドと同期してモバイルアプリ上で提供する。

中華万年歴
中華万年歴

橄欖弁公/OlivePhone(中国)

olivephone_logo会社名:Olive Phone
ウェブサイト:http://www.olivephone.com
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=yxzLeMwkTL8

Android、iOS、BlackBerry などのスマートフォン向けに、あらゆるビジネス文書 (.xls/.doc/.ppt など)を編集・閲覧できる環境を提供する。

Olive Phone
橄欖弁公/Olive Phone

FamilyDay(中国)

familyday_logoウェブサイト:http://www.familyday.com.cn
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=W10XkSKOCPU

家族間のコミュニケーションが減っている現象を解決するための、家族のためのソーシャルメディア。「今日は外でご飯を食べるので、家で夕食の準備は必要ない」などの連絡を家族間で手軽にすることができる。

Family Day
Family Day

捷庫/Gikoo(中国)

gikoo_logo会社名:捷庫移動学習
ウェブサイト:http://gikoo.cn
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=TJTA_dPOL6E

教育サービスを提供する事業者向けの、オンライン・ラーニング・プラットフォーム。ソフトウェアを販売するのではなく、あらゆる授業や講座をクラウド経由で提供するため、消費者にとっては、試す前から多額の受講料を支払う必要がない。教育サービスを提供する事業者にとっては、受講者の受講状態や運用が管理できるダッシュボードが提供される。

gikoo
捷庫/Gikoo

一块去旅行(中国)

yikuaiqu_logoウェブサイト:http://www.yikuaiqu.com
ピッチのビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=qyrDmjSyUJI

中国各地の旅行会社や都市の旅行局などと提携し、観光の割引クーポンを提供する中国の観光ポータルサイト。モバイルでも利用が可能。

一块去旅行
一块去旅行
----------[AD]----------

GMIC Day1: シード/アーリーステージで披露されたスタートアップ10社を紹介

SHARE:

年に一度の、中国最大のテック・テックカンファレンス、GMIC(全球移動互連網大会)が北京でスタートした。Tencent(騰訊)やSina(新浪)などのトップが経営方針に関する重要な発表をするほか、スタートアップが集まるピッチイベント「G-Startup」も見ものだ。 以下に G-Startup の「シード/アーリーステージ部門」でピッチした10社を紹介する。このあと、シードから一皮むけたスタートア…

g-startup_seed

年に一度の、中国最大のテック・テックカンファレンス、GMIC(全球移動互連網大会)が北京でスタートした。Tencent(騰訊)やSina(新浪)などのトップが経営方針に関する重要な発表をするほか、スタートアップが集まるピッチイベント「G-Startup」も見ものだ。

以下に G-Startup の「シード/アーリーステージ部門」でピッチした10社を紹介する。このあと、シードから一皮むけたスタートアップ達による「グロースステージ部門」もピッチが繰り広げられる予定だ。乞うご期待。

Lifebit(フィリピン)

lifebit_logo会社名:Lifebit
ウェブサイト:http://lifebit.com

Lifebit は、スクラップブックのような今迄にないアプローチで、日記をつけられるモバイルアプリ。フィリピンのダバオでアルファテストを公開後、フィリピンの他の都市でも順次展開する予定。

Lifebit
Lifebit

Dapurcity Apps(インドネシア)

会社名:DapurCity
ウェブサイト:http://tokomall.com

最寄りで、おすすめのカフェを一覧表示するアプリ。

DapurCity Apps
DapurCity Apps

MNE Creations(中国)

mnecreations_logo会社名:MNE Creations
ウェブサイト:http://www.mnecreations.com

スマートフォン/タブレット向けの教育ゲームを制作。ソーシャル・サイエンスの実体験の基づく教育にフォーカス。映像体験により、子供はもとより、16歳〜35歳の年齢層に楽しさをもたらすことを目的としている。

MNE Creations
MNE Creations

Mention(中国)

mention_logo会社名:Mention LLC
ウェブサイト:http://mentionllc.com
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=ZrAU8LyuhYs

Mention は、エンゲージメント・デザインと行動エンジニアリングについて、幅広いレクチャーを提供する。ゲームセオリー、人間と機械の対話、行動心理学など、多くのテーマを網羅。チームのアウトプットやクオリティ向上に役立つサービスを提供する。組織改善に役立つアルゴリズムをクラウド経由で提供する。

mention
Mention

MultiPlay.io(イギリス)

multiplay.io_logo会社名:MultiPlay.io
ウェブサイト:http://multiplay.io
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=b4yHKFEceco

MultiPlay.io は、iOS、Android、Windows Phone 向けに対応した、3Dのマルチプレーヤー・モバイル・ゲーム対応のプラットフォーム環境。実際に起きているイベントやキャラクターを、ゲームの中に出現させることが可能。

Multiplay.io
Multiplay.io

manpowerKU(シンガポール)

mku_logo会社名:ManpowerKU
ウェブサイト:http://www.manpowerku.com
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=pazI3HZVITM

本名か資格などの情報をつけることで、LinkedIn などよりも、より役に立つことを目指したビジネスコンタクト・プラットフォーム。キャリア形成、就職活動などに有効。

ManpowerKU
ManpowerKU

鮮生活/Freshbox(中国)

freshbox_logoウェブサイト:http://itunes.apple.com/cn/app/id578884643
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=u1Zr5xU8pSo

食べ物、薬、化粧品など、あらゆるものが消費期限が切れる前に教えてくれる亜売り。商品名を入力、写真を撮影し、消費期限を入力しておくだけ。期限が近づくとアプリが教えてくれるので、商品をムダにしないで済む。

FreshBox
鮮生活/FreshBox

触訊/TapLinker(中国)

taplinker_logoウェブサイト:http://taplinker.com
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=LejcvZBigOM

SMS、電子メールなど、多くの通信手段があふれている。多くの通信手段を一つの画面に集約する。CRM、購入履歴、Twitter、ウェブアクセス解析、新浪微博など、あらゆる企業内アプリケーションとも連携できる。

taplinker
触訊/TapLinker

CeeVee(ルーマニア)

ceevee_logo会社名:CeeVee
ウェブサイト:http://ceevee.com
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=YBbX1hSMQrQ

CeeVee は、自分のレジメ(履歴書)をアップロードした上で、他のユーザのレジメを見たり、他のユーザと連絡が取り合うことで、より完璧なレジメが作成できるプラットフォーム。経営者はより洗練された人材を探すことができる。

ceevee

TripVi(韓国)

tripvi_logo会社名:Tripvi
ウェブサイト:http://tripvi.com
ピッチビデオ:http://www.youtube.com/watch?v=zwdda3fgaJU

Tripviは、モバイル・アプリを使ったソーシャル旅行サービス。ユーザの旅行写真を自動的に整理し、これらを一回のタッチで美しい動画に変換し、鮮やかな旅行の思い出を簡単に友人と共有できるようにする。

Tripvi
Tripvi
----------[AD]----------

北京のGMICで開催されるピッチ・イベント「G-Startup」、エントリ締切迫る

SHARE:

【原文】 北京のGWC(長城会)の人たちから、スタートアップのコンペティション「G-Startup」の締切が4月8日に迫っているとの知らせを受け取った。申込を希望するスタートアップは、ここからサインアップできる。 アジアのスタートアップ・イベントを見ていて興味深いのは、日本のスタートアップは過小評価されていながらも、大変よく頑張っていて、いわば、自分よりも一クラス上の重量級の人たちと戦っていること…

【原文】

g-startup

北京のGWC(長城会)の人たちから、スタートアップのコンペティション「G-Startup」の締切が4月8日に迫っているとの知らせを受け取った。申込を希望するスタートアップは、ここからサインアップできる

アジアのスタートアップ・イベントを見ていて興味深いのは、日本のスタートアップは過小評価されていながらも、大変よく頑張っていて、いわば、自分よりも一クラス上の重量級の人たちと戦っていることだ。国外で露出する機会を探している日本のスタートアップがいたら、G-Startup を試してみる価値があるだろう。(参考記事

詳細は以下を参照のこと。

シリアル・アントレプレナー、エンジェル投資家、VCのパネルにピッチしよう。国際メディアを通じて露出できるだけでなく、トップ・スタートアップやアプリ開発会社と競い、投資、ユーザ獲得、インキュベーション、露出の機会を勝ち取ることができる。2012は、30カ国から申込スタートアップを受け付けた。

参加スタートアップは、投資獲得等に向けて、大きな露出機会を得ることができる。昨年の勝者であるフィンランドの Beiz は、このイベントの後、1万ドルの投資と100万人のユーザを獲得することができた。

今年のイベントは、Startup CompetitionappAttack の2つのトラックからなる。Startup Competition は、スタートアップが投資の獲得を目指してをピッチで競い合い、appAtack は「最も革新的なアプリ」を見つけ、ユーザ獲得を支援する。申込は4月8日まで。

G-Startup は、グローバル・スタートアップに必要なものをワンストップで提供する。

  • インキュベーション
  • パートナーシップ
  • ネットワーキング
  • ユーザや顧客
  • マーケティングやPR
  • 投資

過去のイベント・パートナーは、Innovation Works(創新工場)、Chinaccelerator(中国加速)、Plug and Play、InnoSpring、RocketSpace など。

----------[AD]----------