Kaado(卡都):モバイルに特化した中国のソーシャルギフトサービス

SHARE:

卡都

贈り物によって愛や大切に想う気持ち、感謝などを示すことができるが、忙しい毎日を送るうちに大切な人に贈りものをする機会を忘れてしまうこともある。

Kaado(卡都)はこの問題を解決するためにBeijing Joyful Technology(北京兆福信息技術)が開発したソーシャルモバイルアプリで、友達や家族に即座にギフトカードを選んで送ることができる。このアプリは、電話帳やQQ、Weibo(微博)、Renren(人人)等の他のチャネルで友達とつながったら、誕生日や記念日が近づいてくるとユーザにアラートを送ってくれる。

ソーシャル機能にフォーカスしているKaadoを使えば、ユーザはギフトカードを他のソーシャルコミュニティとシェアできる。この機能があれば、プラットフォームをソーシャルな足跡から、個人用に最適化されたレコメンドエンジンに変換することが可能となる。というのも、市場にあるトレンド製品は実際に人が選んでシェアされているものだからだ。

同アプリは様々なギフトカードを写真、価格、製品の詳細と組み合わせている。ユーザはUnionPay(銀聯)かAliPay(支付宝)で料金を支払い、友人に直接送ることができる。

iOSとAndroidで利用可能だ。類似アプリにはEliquan(e礼券)Wowgift(悦礼)がある。

【原文】