4月に開催されたStartup Weekend Taiwanが新しい入賞者を発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

金曜の夜から54時間をかけて行われる、イノベーティブなスタートアップがつくりあげたアイディアを発表するイベントStartup Weekendが、先週(原文掲載4月12日)台北101ビルの77階にあるGoogle Taiwanのオフィスで開催された。イベントでは新しい入賞者が発表された。

参加者は開発者やデザイナー、プロダクトマネージャー、学生、企業の役員など60人。スピーカーやパネリスト、メンターや審査員には、世界中のベンチャーキャピタリスト、エンジェル投資家、シリアル起業家などの様々なバックグラウンドを持つ人々が集まった。

台湾で3回目、台北では2回目のStartup Weekendの開催だ。たくさんの素晴らしいアイディアや、今まさに成長中の最高のチームを紹介し多くの人の注目を集めた。以下は前回のイベントの入賞者だ。

第1位: Advintage

Advintageは、ワインを適切な消費者の手に正しく届けるとを目指したサービス。スマートなアルゴリズムを使用し、ワインのサンプルボックスを送ることで、 あなたの好みを少しづつ特定していく。審査員はみな、このサービスが成功すれば大規模な市場になるし、世界第3位のワイン輸入国である台湾にふさわしいと評価した。

第2位: Drimmit

Drimmitを使うと、具体的なマイルストーンを設定によって目標達成がしやすくなる。クジラを救いたい?もちろん可能!友達や他人とつながって捕鯨船を沈め、叶えたい目標をお互いが実現できるよう助け合える。Drimmitは、大小の夢の実現をサポートするソリューションであることが審査員に評価された。

第3位: Unomy

共通の趣味を持つ人を見つけるのは難しく、イベントに行きたいと思っても同行してくれる人が見つからないこともある。Unomyはこういった人々を事前にマッチングし、共に計画を立てるように導くことだ。簡単かつ楽に人々は結びつくことができる。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------