ビッグデータをもとに、過熱報道の中から読むべき記事を選別してくれる、韓国のニュース・キュレーション・アプリ「NEWS JELLY」

SHARE:

newsjelly_featuredimage

データ・キュレーション技術で、Super App Korea など多くの起業コンテストで賞を獲得している NailBe(내일비)が、新しいニュース・キュレーション・アプリ「NEWS JELLY(뉴스젤리)」のベータ版のローンチを発表した。同社の代表を務めるイム・ジュンウォン(임준원)氏は次のように今後の抱負を語っている。

データ・キュレーションにおいて、独自の技術を持つソーシャル、パブリック・データの収集・分析ができる人材を集めることができた。コンテンツ企画から情報の可視化まで可能なサービスを構築し、ビッグデータを活用した新しい素材によるニュースや、インフォグラフィックスを使った簡単で楽しいニュースを、すべての人に提供したい。既存のメディアやプレスリリースをもとに、データ解析・可視化することで、あらゆるコンテンツを生成することができるので、これを機会に、多くの企業とコラボレーションの機会が生まれることを期待する。

マスコミ、ブログ、ソーシャルコミュニティ、SNS、産業特化型メディアなど複数のメディアを介して、一日に発行される記事の数は数十万件に達する。まさしく、メディア戦国時代である。モバイルの発達でメディアは読者層を形成しやすくなり、IT/ファッション/生活文化/政治/社会・文化などの、あらゆるバーティカルメディアが出現し、コンテンツ市場の競争は過熱している。

一日には発行される記事のうち、1,000件は刺激的なタイトルをつけて読者を誘導しており、これに対し、ポータルサイト上での政策、メディア、言論、政策、制度に対するニュースの結果は少なくなっている。News Jelly は、過熱気味のコンテンツ市場に嫌気が指す消費者のニーズを分析し、良質の記事を選び、コンテンツの読みやすさや伝達力を向上させるニュース・コンテンツ・サービスだ。

newsjelly_screenshot

NEWS JELLY は、現代の読者のニュースコンテンツのニーズを満たすべく、「速読みデータジャーナリズム(仮訳、바로 데이터 저널리즘)」を提案している。ビッグデータをもとに、見落としたか、知らなかったコンテンツを提示し、記事内容を深掘りして見せることができる。情報の洪水の中でも、価値ある情報を提供し、正確な情報に基づいて、新たな視点で情報が把握できる記事が「速読みデータジャーナリズム」である。

データジャーナリズムは、ジャーナリズムの未来の姿として期待され、最近、韓国国内のメディアは先を争って、データジャーナリズムに参入している。News Jelly はマスコミより一歩先に、データ収集・分析から情報の可視化まで、「記事の選別/編集をするワンストップ・サービス」を提供する。

現在、ウェブサイトではベータ版が公開されており、「問題」「依頼」の2つの情報セクションが提供されている。「問題」のセクションでは、以下のような記事が公開されている。(いずれも、韓国語)

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------