カーボンファイバーでプリントできる3Dプリンター「mark one」

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



markforged

3Dプリンターで作成されるものは、その強度が課題のひとつとなっていた。その課題をクリアするために誕生したのが、MarkForgedが開発する「Mark One」だ。

Mark Oneは、世界で最初のカーボンファイバーをプリンティングすることが可能な3Dプリンター。Mark Oneは「SolidWorks 3D-printing expo」で発表された。価格は5000米ドル。

このプリンターを使えば、カーボンファイバーを素材にし、パーツやツール、備品などを6061-T6アルミニウムよりも高い強度重量比で作ることが可能になる。Mark Oneではカーボンファイバー以外にも、ガラス繊維、ナイロン、PLA(ポリラクチド)といった素材でもプリンティングが可能だ。

素材の強度グラフ
素材の強度グラフ

カーボンファイバーは、軽い重量と素材の強度ゆえに自動車や飛行機に使われてきた。一方で、製造コストの高さ、加工の難しさ、リサイクルの難しさといった課題を抱えていた素材でもある。素材を扱う難しさが、どの程度変わるのかが気になるところだ。

3Dプリンターは扱う素材の幅が広がれば、新たな可能性が開ける領域でもある。今後、どのような素材がプリント可能になるのか、楽しみだ。

Mark One Teaser from MARKFORGED on Vimeo.

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録