THE BRIDGE

タグ Gungho Online Entertainment

パズドラとLINEが、バレンタインデーのプロモーションを展開中

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京は雪のバレンタインデーとなったが、多くの読者は、家の中で大切な誰かと過ごしたことを切に願う。でも、もし一人きりだったとしても落胆しないでほしい。なぜなら、あなたの大好きなモバイルゲームが、特別な何かをもたらしてくれるからだ。 ゲームやアプリのデベロッパが、バレンタインデーのキャンペーンを展開するのはよくあることで…

puzzle-dragons-valentines-620x296

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京は雪のバレンタインデーとなったが、多くの読者は、家の中で大切な誰かと過ごしたことを切に願う。でも、もし一人きりだったとしても落胆しないでほしい。なぜなら、あなたの大好きなモバイルゲームが、特別な何かをもたらしてくれるからだ。

ゲームやアプリのデベロッパが、バレンタインデーのキャンペーンを展開するのはよくあることではないが、最近になって一般化してきた。しかし、最も成功したキャンペーンとは、あなたに愛を取り戻させてくれるような何かだろう。愛という名のもとに、実のところ、私が言いたいのはお金の話しなわけだが。

日本で最も成功しているビデオゲームのパブリッシャ2社が面白いバレンタインのキャンペーンを展開中なので、今すぐ見てみることにしたい。まずはガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホーと略す)からだが、パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラと略す)の中で Hearts-a-Flutter イベント(上記プロモーションを参照)を2月12日から19日まで開催している。ガンホーはプレーヤーに次のような商品を提供している。

  • 2月12日〜13日、18日〜19日に魔法石を提供。
  • 2月14日〜17日、無料でたまドラを提供。(既に捕まえたモンスターに新しい能力を呼び起こさせるために使用)[1]

この種のキャンペーンがうまいのは、ユーザをよりゲームに夢中にさせる点だ。既に持っているモンスターをレベルアップすることができ、レアガチャ(石が5つ必要)に挑戦しやすくなる無料の石が手に入れられる。これらは通常は有料だ。ガンホーが魔法石を4つくれるのもおそらく偶然ではなく、レアガチャに挑戦するため、ユーザが5つ目の魔法石を購入するのに100円払ってくれるのを期待してのことだ。[2]

ガンホーはパズドラで、このようなホリデーキャンペーンを定期的に開催しているが、最近開催した新年のキャンペーンは、特に北米でよい結果をもたらした。

valentines-line-620x397

もう一つの人気あるゲームパブリッシャ、LINE は多くのカジュアル・ゲームで、バレンタインデーのプロモーションを展開している。同社の Love is Priceless イベントは、LINE POP、LINE ポコパン、LINE バブルの3つのゲームで2月13日から15日まで実施される。

62時間にわたって、プレーヤーは通常ならお金を支払う必要のあるアイテムに、無料でアクセスできるようになる。ガンホーの戦略と同様、LINE もユーザにアイテムを購入を促したいと考えており、このイベントの終了後にお金が払いたくなるように、ゲームを楽しんでもらおうとしている。LINE もガンホーもそれぞれの Facebook ページでホリデーキャンペーンを積極的に告知しており、世界中のファンとつながっているために、必要なことなのだということがわかる。

店舗のホリデーセールの同じく、この種のプロモーションは顧客とつながる上で人気のある方法で、ガンホーと LINE の両社にとってもうまく機能しているようだ。2013年の売上でトップのアプリパブリッシャであり、ガンホーは1位、LINE は6位である。

アプリの売上にはアプリ内課金がより重要になってきており、ゲームパブリッシャはこのようなホリデーキャンペーンなど、あらゆる機会を使ってマネタイズを図ろうとしている。

あなたの好きなバレンタインデーのゲームプロモーションはどれだろう。気軽に教えてほしい。


  1. 私は北米版のバズドラで遊んでいることをおことわりしておく。他地域のプロモーションとは異なる可能性がある。 
  2. 魔法石を入手する方法は他にもあるが、幾分時間を要する。
----------[AD]----------

パズドラが電車通勤の日本で受け入れられる理由

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 人はよく、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホーと略す)のパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラと略す)を見て、その勢いの理由に首を傾げる。私はこれまで、個人的にパズドラが好きな理由について克明に記してきたが、日本でのパズドラの成功には、他にもいくつかの理由があると考えている。 Twitter 上で、あ…

tokyo-game-show-201303-620x388

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

人はよく、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホーと略す)のパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラと略す)を見て、その勢いの理由に首を傾げる。私はこれまで、個人的にパズドラが好きな理由について克明に記してきたが、日本でのパズドラの成功には、他にもいくつかの理由があると考えている。

Twitter 上で、ある人物がダンジョン・キーパーに対する不満を投稿しているのを見て、私は通信が途絶したときに、そのゲームがどう中断されるかということについて考え始めた。[1] 多くのゲームは常時接続を必要とする。東京のような大都市に住む人のように、地下鉄の迷路の中で過ごすことがなければ、それでも構わない。

しかし、改めて、私は過去一年間にわたって、どこでどのようにパズドラを遊んでいたかを考えてみた。このゲームで特筆すべきことは、ネットワークへの接続が常時必要ではなく、断続的に確保できればよい、ということだ。

東京での私の地下鉄通勤を考えてみると、たいていネットワーク接続が切断されるブラインド・スポットがいくつか存在する。そのルートで通勤することが多いので、私はどのタイミングで接続が切断され復活するかわかっている。[2] パズドラはいつも、その切断をうまく交わしている。つまり、実際には、ダンジョン(またはラウンド/レベル)攻略中は、まったく接続を必要としない。たとえ突然オフラインになっても、そのレベルを完了しデータが同期されるまで、ネットワークが切断していることに気づきさえしないだろう。すなわち、パズドラがネットワーク接続を必要とするのは、データを同期しようとする次のようなタイミングだ。

  • 初期画面
  • ダンジョンへ入退場する時
  • モンスターがパワーアップ、または進化する時

このようなタイミングで接続に不具合が生じれば、画面には「接続中」と表示され、「再接続」かエラーメッセージが表示される(以下キャプチャ参照)。

puzzle-dragons-connection-620x525

しばしば、私は電波が途切れる長い区間を抜ける前にダンジョンを始めようとしているのに気付き、やることがなくてそわそわしてしまう。誰しも同じようなことは、いくつかのシーンで経験したことがあるだろう。だから皆、飛行機に乗る前にポッドキャストを全てダウンロードしておいたり、RSS リーダーを同期しておいたりする。

結果的に、前述したダンジョンキーパーに対する評価とは雲泥の差で、パズドラはフラストレーションの無いゲーム体験を提供してくれた。もちろん、常時接続を必要としないゲームというだけでユニークだというつもりはないが、ここからわかることは、日本(もしくは、日本のような先進的な交通システムを持つ大都市)で主流となるゲームを作りたいなら、接続が切断されてもユーザにフラストレーションを与えないようにしないといけない、ということだ。

ゲームに使うのは親指だけ

ネットワーク接続が断続的で済むのに加えて、パズドラが片手でも遊べる簡単なゲームだということは指摘するまでもない。これは、ラッシュアワーに片手で吊り革を握り、立ったまま電車で通勤する日本人には極めて有効に働く。パズルの動きは画面下半分しか使わないので親指だけで遊ぶことができ、ゲーム中は画面上半部に触れる必要を感じることがない(左下キャプチャ参照)。人差し指から小指は使わなくていいわけだ。

Apple が iOS7 向けにコントロールセンターを公開したとき、パズドラ(そして、他の多くのゲームも)のプレーヤーには予期せぬ問題が生じた。ずっとパズドラで遊んでいると、一番下にあるオーブを上に持って来ようとしたとき、Command Center が立ち上がってしまうことがある。Command Center そのものは便利なのだが、この事象は非常に煩わしく、ガンホーの人たちも快く思っていないだろう。

しかしながら、総じてパズドラは素晴らしいモバイルゲームだ。私がうつむいて自らこのゲームで遊んでいない限り、通勤中に多くの人がこのゲームで遊んでいるのを目の当たりにしている。

puzzle-dragons-thumb-620x544
時々、Command Center が出て来てしまうのだ。:(

  1. ダンジョンキーパーでゲームの中断が生じるのかどうか私自身は確認していないが、(私も以前寄稿したことのあるThe Unofficial Apple Weblog で見識の広い Richard Gaywood によれば、おそらくそうだと考える。 
  2. たいてい、私のネットワークのブラインド・スポットとなるのは、表参道〜二子玉川間である。ここ数年で電波状況は改善された。新幹線のトンネルでも不便を感じないことを考えれば、パズドラは極めて素晴らしいゲームと評価すべきだろう。
----------[AD]----------

サンリオがパズドラとコラボ、モバイルアプリ「ハローキティ ワールド」のユーザ獲得につなげることができるか

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は、ハローキティを展開するサンリオと提携し、また新たなクロスゲーム・コラボレーションをローンチした。このプロモーションを通じて、ガンホーのパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)の装飾テーマがサンリオのアプリ「ハローキティ ワールド」で使えるようになり、他方、ハロ…

puzzle-dragons-hello-kitty-620x429

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は、ハローキティを展開するサンリオと提携し、また新たなクロスゲーム・コラボレーションをローンチした。このプロモーションを通じて、ガンホーのパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)の装飾テーマがサンリオのアプリ「ハローキティ ワールド」で使えるようになり、他方、ハローキティのキャラクターが、パズドラにも出現するようになる。

パズドラのプレーヤーは、レアなハローキティーのモンスターを自分のチームに加えられる絶好の機会だ。この組み合わせを試すと、ユーザ誰しもが欲しくないカードをいくつか手に入れるだろう。しかし、特別に用意されたハローキティのガチャを試せば、めぼしいカードが見つけられる。[1] 入手できるレアかつパワフルなモンスターのいくつかを、以下に掲げておく。

概して今回のコラボレーションは、日本や世界のパズドラ・プレーヤーにサンリオのゲームを宣伝するという点では、サンリオにとって有効に働くだろう。

対して、ハローキティ ワールドでパズドラを宣伝するのは、ガンホーにとってはメリットは大きくないように思う。キティのファンでなければ、ハローキティ ワールドは特筆すべきゲームではないし、ガンホーに多くの新規ユーザをもたらすようにも思えない。しかし、ハローキティ自体がこのゲームにおいては知的財産であり、ここでは大きな目的を達しているのだと思う。

パズドラのデータベース上で、このコラボで入手できるハローキティのモンスターの情報がチェックできる。

Princess-Valkitty

Goddess-Hello-Kitty

Pompompurin

TAMADRApurin

hello-kitty-collab


  1. 私は Cinnamoroll を手に入れた。
----------[AD]----------

北米市場で、静かに、しかし、確実に勝ち始めたガンホー

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 2013年には多くのモバイルゲームを試した。しかし、中でも、何度も試すことになったのは、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホーと略す)のパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラと略す)だ。このゲームが最も人気あるのは日本市場で、これまでに2,300万件ダウンロードされている。しかし、多くの日本のオンライン…

tokyo-game-show-201306-620x413
東京ゲームショウ2013、パズドラの展示ブースにて。

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

2013年には多くのモバイルゲームを試した。しかし、中でも、何度も試すことになったのは、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホーと略す)のパズル&ドラゴンズ(以下、パズドラと略す)だ。このゲームが最も人気あるのは日本市場で、これまでに2,300万件ダウンロードされている。しかし、多くの日本のオンライン・サービスと同様、パズドラにとっても国内市場は飽和状態であるため、ガンホーは海外進出に努力してきた。北米版(私がプレイしているバージョン)は、11月現在で200万ダウンロードと、日本ほどの成功は見せていない。

しかし、売上面では少しずつ前進を見せているので、この機会に詳しく見ておきたいと思う。

パズドラは最近、ホリデーシーズンに売上を大きく伸ばした。主に、2つのプロモーションによる結果だ。

  1. 48 Hour Godfest – 今年新年冒頭に展開されたプロモーションで、この期間中は、レアガチャ(レアモンスターカードを獲得するための、ゲーム内のくじ引き機能)を使って、神タイプカードなど、レアかつパワフルなカードを通常の3倍の確率で獲得できた。レアガチャを使うには、魔法石(パズドラのゲーム内通貨)を5つ集めるか、現金を払って魔法石を購入する必要がある。AppAnnie のグラフを見てみると、この魅力的なプロモーションのおかげで、アメリカとカナダの両国では、パズドラの売上が新年冒頭に突出しているのがわかる。
  2. レアガチャのリニューアルこのリニューアルにより、星3カードの確率が下がり、星5カードの確率が上がった。このリニューアルは12月10日に実施され、その結果は、アメリカとカナダの両市場で以下のグラフの通り明らかだ。(見やすいように、それぞれのグラフはスケール幅を変えているので注意してほしい)
puzzle-dragons-grossing-us-holidays-620x302
パズドラのアメリカ市場における売上ランク推移。(12月29日〜1月13日)
puzzle-dragons-grossing-canada-620x300
パズドラのカナダ市場における売上ランク推移。(12月29日〜1月13日)

参考までに述べるが、パズドラのフォーラムディスカッションページだけでなく、Facebook ページでも英語圏のファン達がアクティブに投稿しているのには感心させられる。それは実質的なパズドラの成功を意味するものではないが、コンセプトにおいてもデザインにおいても、極めて日本的なこのゲームの楽しさが、英語版への翻訳を経ても何ら失われていないことを示している。

ホリデーシーズンに見られたアクティビティに加えて、昨年はブランドを跨いだ多くのコラボレーションが、パズドラの成長を助けた。中でも特筆すべきは、フィンランドのゲームメーカー Supercell と実施したクラッシュ・オブ・クランとのプロモーションだろう。

しかし、この一年のパズドラの成績について、売上だけを見ても(下図)、ガンホーにとって、どれだけ生産的な一年だったかは一目瞭然だろう。

同社の2014年の動向に注目してみよう。

puzzle-dragons-grossing-us-620x298
パズドラのアメリカ市場における、2013年通年の売上ランク推移。
----------[AD]----------

パズドラとのコラボで、日本ユーザへの浸透を深めるアングリーバード

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、Rovio のアングローバードとパズドラのコラボレーションを始める予定だと伝えた。このコラボが今日(原文掲載日:11月18日)、パズドラのアプリ上「ピギー島」を披露するゲームイベントの形で実現した。 上のビデオを見てもらえばわかるが、このスペシャル版には、我々がよく知…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、Rovio のアングローバードとパズドラのコラボレーションを始める予定だと伝えた。このコラボが今日(原文掲載日:11月18日)、パズドラのアプリ上「ピギー島」を披露するゲームイベントの形で実現した。

上のビデオを見てもらえばわかるが、このスペシャル版には、我々がよく知る同じ顔をしたアングリーバードが多く現れる。中でも私が面白いと感じたのは、アングリーバードのテーマソングがコラボの中で使われている点だ。これは驚くべきことだ。[1]

言うまでもなく、日本で最も人気のあるゲーム上でアングリーバードがフィーチャーされることは、同社が日本の儲かるモバイルゲーム市場でより露出できることを意味する。これまでのところ、このコラボはうまく行っているようで、私が本稿を書いている時点では、日本の iOS アプリストア全カテゴリでアングリーバードは69位につけている。昨日の同じ時間には432位(下図参照)だった。[2] この種のコラボレーションは一時的な結果に終わることが多いが、Rovio に関しては、日本のファンにつながる新たなチャンネルを見出せたことでハッピーだと思う。

フィンランドに本拠を置く Rovio は、他の手強いマスコット・キャラクターが多くいる日本は他市場よりも制覇するのが難しいと以前から分かっていたようだ。今年初めの Rovio の担当者とのインタビューで、市場展開はゆっくりと進めて行きたいと強調していた。日本の市場に食い込むのは難しいが、これはよい第一歩だろう。

angry-birds-puzzle-dragon-collab-620x330
出典:AppAnnie

angry-birds-puzzle-dragons-280x483 angry-birds-puzzle-dragons-collab-2-280x480


  1. これまでのパズドラのコラボでは(Batman: Arkham OriginsClash of Clans の記事を参照)、プレーヤーはパワーアップし進化するために、スペシャルテーマのモンスターを収集できた。以前ほどでもモンスターもいるが、私が集めたアングリーバード・キャラクタは、これまでのところ、つまらないものではない。 
  2. 日本時間の11月18日午後9時現在。 
----------[AD]----------

パズドラとApp Bank、日本の「Clash of Clans」プレイヤーのために北欧のSupercellが選んだコラボ先

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 私たちは以前、フィンランドのゲーム会社 Supercell が日本のゲームデベロッパー ガンホー・オンライン・エンターテイメントと、両者が持つ人気モバイルゲーム「Clash of Clans(クラッシュオブクランズ)」と「Puzzle & Dragons(パズルアンドドラゴン)」上で、クロスプロモーションの…

clash-of-clans-puzzle-dragons-2-620x558

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

私たちは以前、フィンランドのゲーム会社 Supercell が日本のゲームデベロッパー ガンホー・オンライン・エンターテイメントと、両者が持つ人気モバイルゲーム「Clash of Clans(クラッシュオブクランズ)」と「Puzzle & Dragons(パズルアンドドラゴン)」上で、クロスプロモーションの提携を紹介した。

このコラボレーションは特に、SupercellのClash of Clansにとって効果をもたらし、日本で最も人気のモバイルゲームPuzzle & DragonsはClash of Clansが日本の無料iOSアプリランキングのトップ25に入る手助けとなった[1]。ちょうど先週には、トップアプリチャートの3位に上昇した。これは小さな功績ではない。とりわけ日本の利益がえられる市場においては。

Supercellの代表は、巨大なゲーム会社とのコラボレーションについて述べ、チームがこの結果に喜んでいると説明し、「最上級の敬意をガンホーに抱いている」と言い添えた。Supercellは、日本のウェブメディア AppBank ともの協働しており、この彼らのゲームをプロモーションしている(下の映像を見てほしい)。パートナーシップについては以下のように述べている。

私たちは彼らとの成功両方に、似た感銘を受けています。彼らは価値のあるサービス、詳細なチュートリアルとサポートを日本における私たちのゲームのプレイヤーに提供してくれました。これらは全く驚くべきことです。私たちはまだまだ新参者で、学ばなくてはならないことも多くありますが、ガンホーとAppBankは日本のマーケットに対する理解の促進を手助けしてくれました。

両パートナーシップは、日本市場に参入したいと考えている西欧のゲームデベロッパーにとってやや慣習にとらわれないものだった。しかし、他の企業が追随し、似たアプローチをとれば、この状況は前に進んでいくだろう。ガンホーの立場からすると、パズドラのプレイヤーたちに西欧のゲームをプロモーションすることは、パズドラ自体を西欧の市場に売り込むための少し大きめな割引チップのようなものだ。

そして、たしかにパズドラはClash of ClansとHey Day上でのプロモーションにより利益を上げている。少しの間、6月の数日間、アメリカの全体のアプリランキングトップ20入りした。7月14日には、累計トップチャートの6番目に達した。


[1] 日本において6月24日から6月24日までトップを維持するのを手助けした。↩

----------[AD]----------

パズドラだと可愛さが物足りない?だったら「Emotipon(エモティポン)」を試してみよう

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Sd Japanではこれまで日本のスタートアップ Quan(クオン)のことについて伝えてきた。自分たちのチャットアプリ「Lounge」をプロデュースすることに加えて、タイの大手通信会社のためにキュートなステッカーアプリをプロデュースしている。 しかし、先日、キュートアプリのレパートリー、新しいモバイルゲーム「Emot…

emotipon

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Sd Japanではこれまで日本のスタートアップ Quan(クオン)のことについて伝えてきた。自分たちのチャットアプリ「Lounge」をプロデュースすることに加えて、タイの大手通信会社のためにキュートなステッカーアプリをプロデュースしている。

しかし、先日、キュートアプリのレパートリー、新しいモバイルゲーム「Emotipon(エモティポン)」をリリースした。簡潔に言うと、タイトルはガンホーのパズルアンドドラゴンのようなものだ。ただ、さらにシンプル、さらに可愛くなっている。

パズドラのようにオーブを合わせるゲームだが、指でオーブを揃え、ラインをなぞる必要がある。これは痛烈なほど簡単だ。多くのオーブを揃えると、強力な攻撃を敵に対して放つことができる。発展していくと、特殊能力をもったヘルパーキャラクターを集めることができ、パズドラのように戦闘に参加させることができる。

筆者は、Quan(クオン)はEmotipon(エモティポン)で、小さい子どもたちをターゲットにするべきだと思っている。大人たちは、パズドラのような他の似たアプリを選んでしまうからだ。しかし、驚くことにここのアプリは英語と日本語でローンチされており、日本以外のところでもファンを獲得できる可能性がある。特に、日本のキュートアプリが良い成果を出しているアジアのマーケットでだ。

もし、Emotipon(エモティポン)をチェックしたいなら、こちらのApp Storeから無料でゲットすることができる。

(via Gamebiz)

Emotipon ui

----------[AD]----------

ガンホーのもう一つのモバイルゲーム「ケリ姫スイーツ」が600万ダウンロードを達成

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 日本のゲームパブリッシャー、ガンホーエンタテイメントは、スマッシュヒットを飛ばすパズルアンドドラゴンの業績だけでヘッドラインを飾ってきた。私達は、同社が他にも「ケリ姫スイーツ」と呼ばれる人気のモバイルゲームタイトルを提供していることを忘れるべきではない。 2012年の遅くにリリースされ、同ゲームは600万ダウンロード…

princess-punt-sweets-620x302

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

日本のゲームパブリッシャー、ガンホーエンタテイメントは、スマッシュヒットを飛ばすパズルアンドドラゴンの業績だけでヘッドラインを飾ってきた。私達は、同社が他にも「ケリ姫スイーツ」と呼ばれる人気のモバイルゲームタイトルを提供していることを忘れるべきではない。

2012年の遅くにリリースされ、同ゲームは600万ダウンロードを6月9日に超えた。半年でターゲットの数字に到達し、パズルアンドドラゴン長い間ほぼ一ヶ月に100万ダウンロードを達成している。

もちろん、このゲームタイトルはパズルアンドドラゴンほどマネタイズがうまくいっているわけではないが、公平に見ると、この動きは凄まじく、フォローする価値がある。ケリ姫スイーツは、きちんとうまくいっており、iOSとAndroidの両方でトップ成長チャートに載っており、それぞれのストアで36位と、18位となっている。

大きな疑問もある。ガンホーのゲームプラットフォームは、日本外市場にも受け入れられるのかということだ。個人的には、どちらのゲームも好きで、どちらも海外へのアピールも可能だと考えている。パズルアンドドラゴンはすべてのレベルで、素晴らしいものとなっているし、ケリ姫スイーツは単純にカワイイし、ゲームの仕組みがAngry Birdsに似ているからだ。

ケリ姫スイーツはおもしろいゲームだ。もしチェックしてみたいという人は、App StoreとGoogle Playから手に入れることができる。ガンホーのプロモーション用映像はこちら。 (Via Gamebiz.jp)




【原文】

----------[AD]----------

LINEからパズドラまで、スマホアプリのマネタイズで世界を驚かせる日本

SHARE:

【原文】 普段から記事を読んでいる人は、日本のスマートフォンユーザが非常に多くの金額をアプリに費やしていることがわかるだろう。私たちはAppAnnieが今夜リリースしたデータを入手したが、そのデータはアプリのマネタイゼーションが日本や世界でいかに大きくなってきているかを示している。 また、日本のソーシャルアプリやゲームが大きな成功を続けるうちに、日本やアジアにおけるスマホ市場が驚くべき成長を遂げた…

【原文】

Line-app-for-Nokia-Asha

普段から記事を読んでいる人は、日本のスマートフォンユーザが非常に多くの金額をアプリに費やしていることがわかるだろう。私たちはAppAnnieが今夜リリースしたデータを入手したが、そのデータはアプリのマネタイゼーションが日本や世界でいかに大きくなってきているかを示している。

また、日本のソーシャルアプリやゲームが大きな成功を続けるうちに、日本やアジアにおけるスマホ市場が驚くべき成長を遂げたことを興味深く描き出している。実際のところ、アプリの中には記録的な業績を上げたものもある。

ソーシャルアプリで利益を上げる

まず、AppAnnieによると、全世界において収益という点ではソーシャルアプリカテゴリは3位だという。2013年1月のソーシャルアプリダウンロードの占める割合は前年比で30%増加している。現在、日本でアプリを購入する人のiPhone、iPadアプリ購入金額は、アメリカにおけるものとほぼ同じである。

AppAnnie-Japan-data-01

Lineと急増するメッセージ・アプリ

NHN Japanによって開発された人気メッセージアプリLineは、Whatsappを打ち負かし、2013年1月のiOS収入でトップソーシャルアプリの座を得た。登録ユーザは1億人以上を擁し(日本人は半数以下)、Lineは日本で最もダウンロード数の多いアプリである。それに加え、日本、台湾、タイで最も興行収益を上げているアプリでもある。

Lineはまた、iTunesとGooglePlayの両方で1月に上げた収益という点で、ゲーム以外では最も人気のあるアプリだ。アメリカ製アプリが支配的なiOSアプリのトップリストに入った、唯一のアジア製アプリでもある。AppleのPagesが2位、Panodra Radioが3位だ。

チャットアプリの競争でLineに戦いを挑んでいるのがKakaoTalkで、Android市場では第3位にランクインしており、その実力を証明している。

ゲーム業界にとってのGungHoの位置づけ

Puzzles-and-Dragons-monetization

ゲームデベロッパーに関して言えば、日本が再度トップに立った。GungHo Onlineは、同社の14のゲームによって、iOS関連での収益では世界でトップのパブリッシャーとなった。GungHoのタイトルPuzzle & Dragonsは大ヒットし、同社の時価総額を33億米ドルに押し上げるのに貢献した。

この額はZyngaや日本のライバル企業であるGREEを上回っている。GungHoの財務レポートによれば、同社は2013年1月だけでもゲーム分野の売上高は9200万米ドル。これは、同社の2012年売上総額の30%だ。GungHoはPCやゲーム機用のゲームも販売しているが、最近はiOS、Android関連からの売上の方が高くなっていると述べている。

確かに、データが示すようにPuzzle & Dragonsは世界中のiOSとAndroidでプレイされている稼ぎ頭のゲームである。

iOSのパブリッシャーリストの7位にはNHN(韓国と日本で展開)がランクイン。Lineアプリとソーシャルゲームプラットフォームによる大成功に後押しされたかたちだ。これでわかるのは、Line Birzzleといったゲームが、アジア全域のiOSとAndroidのストアでランキングの上位に急上昇したということだ。iTunesのApp Storeシーンを見てみよう。

AppAnnie-Japan-data-02

アジア製Androidアプリの優勢

さらに多くのアジアのデベロッパーたちが、Androidプラットフォームに揺さぶりをかけている。Google PlayでもGungHoは首位のパブリッシャーで、NHNは2位に浮上した。実際、Androidでの売上上位10社のパブリッシャーうち、1社以外はすべてアジア生まれだ― これは本当に驚くべきことだ。ゲームが一番、金を生む理由もここから見えてくる。

AppAnnie-Japan-data-03

リストには、ライバルのソーシャルゲームプラットフォームであるDeNAやGREEといった見慣れた名前も掲載されている。その他にも、韓国のSundayTozチームがたった一つのゲームで、同社をトップ10入りさせたというAnipangのすばらしい実績も見て取れる。このゲームは特に、KakaoTalk独自のソーシャルゲームプラットフォームで大ヒットした。

Android上のゲーム収入でAnipangは4位に躍り出た。3位はLine Popだった。

アジアのデベロッパーにとってのゲーム

最終的に、iOSとAndroid両方の日本や韓国のデベロッパーはすばらしい実績を示している― ソーシャル分野に参入し、同時にカジュアルモバイルゲームの大量のノウハウを蓄積している。

日本は最近、Google Playの収益ランキングにおいて、アメリカを抜いてトップになった。このためデベロッパーは日本のユーザから利益を上げることができる― そして世界中でブレークするわけだ。世界における市場リーチということではなく、マネタイゼーションという点においては。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

ソフトバンクモバイルが、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの株式を取得へ

SHARE:

【原文】 日本のモバイルキャリア、ソフトバンクモバイルは今日、ソーシャル・ゲーム会社のガンホー・オンライン・エンターテイメントを公開買付すると発表した。ソフトバンク(東証:9984)は孫正義氏によって設立され、ガンホーは同氏の弟にあたる孫泰蔵氏によって設立された。孫泰蔵氏はシリアルアントレプレナーで、現在、テック・スタートアップ・インキュベータ Movida Japan を運営している。 ガンホー…

【原文】

softbank-gungho

日本のモバイルキャリア、ソフトバンクモバイルは今日、ソーシャル・ゲーム会社のガンホー・オンライン・エンターテイメントを公開買付すると発表した。ソフトバンク(東証:9984)は孫正義氏によって設立され、ガンホーは同氏の弟にあたる孫泰蔵氏によって設立された。孫泰蔵氏はシリアルアントレプレナーで、現在、テック・スタートアップ・インキュベータ Movida Japan を運営している。

ガンホーは、パズル&ドラゴンズやラグナロクオンラインなどの人気あるタイトルで投資家の注目を集めており、同社の株価は年初の5倍に達している。ガンホーとの提携により、ソフトバンクモバイルは同社の世界ビジネスを通じて、オンラインやスマートフォンゲームの販売を拡大しようとしている。ソフトバンクの発表は、この同社のサイトから英語日本語で入手できる。

ガンホーのパズル&ドラゴンズは3月9日に1,000万ダウンロードを超えたが、その最大の成果は興行成績で長期にわたりトップに居ることで、時価総額は46億ドルに上ると伝えられている[1]

今のところ同社の成功は日本国内に限られたもので、同社はアメリカの子会社を持っているものの、グローバル・ユーザはまだパズル&ドラゴンズ現象の向こう側に居るようだ。

ガンホーは、関連商品を売るオンラインストアを最近立ち上げ、ぬいぐるみ、iPhone ケース、マグカップなどが購入できる。現在はまだ日本のファンを対象としたものだが、ゲームに人気が出れば、後に国際版も立ち上がることが予想できる。

パズル&ドラゴンズについての一般的な紹介は、以下のビデオデモを参照してほしい。


  1. Serkan Toto による。 ↩
----------[AD]----------