アクションフィギュア用3Dデータを簡単に制作できる無料iPadアプリ「Modio」

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



20140521_modio02

アクションフィギュアをつくることができる3Dプリンター用の無料iPadアプリ「Modio」がリリースされた。

iPadのアプリインターフェースから、ボディや手足、顔、剣など、豊富なボディパーツから自由に選んで組み合わせ、オリジナルのフィギュアをカスタマイズすることができる。

20140521_modio03

生成される3DデータはMakerbotの3Dプリンターに最適化されているが、その他、RepRapやCubeシリーズなどでも利用可能。
フィギュアの出力サイズを指定することもできる。

制作された3Dデータはオンライン上にアップされ、ダウンロードURLが取得できるようになっている。

20140521_modio05

パーツを3Dプリンターでそれぞれ出力し、最後にプラモデルをつくるようにして組み合わせて完成する。完成したフィギュアは関節をまげて自由にポーズをとることもできる。

「Modio」は無料のiPadアプリで、アップルのApp Storeからダウンロード可能だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録