ドコモからNFCにも対応するリストバンド型活動量計第2弾「ムーヴバンド2」が登場

SHARE:


ムーヴバンド2
ドコモ・ヘルスケアより、リストバンド型の活動量計「ムーヴバンド2」が発売される。

2014年1月より、販売されていた「ムーヴバンド」の第2弾である。

このムーヴバンド2は、手首に巻いておくと、歩数や消費カロリー、睡眠時間などの健康に関するデータを測定することができる。

スマートフォン用のアプリ「WM(わたしムーヴ)アプリ」と連携することで、クラウド上でデータを管理、自分の体の状態をわかりやすく表示して把握することができる。

今回、歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠時間といった基本的な活動量計の機能に加えて、前モデルにはなかった目覚まし機能「ばっちりアラーム」が搭載された。

ムーヴバンド2
「ばっちりアラーム」は睡眠状態を把握して、適切なタイミングに起床を促す機能だ。

また、Bluetooth(Bluetooth 4.0)による通信だけでなく、NFCをサポートしている。スマートフォンをバンドにかざすと、データの転送を行うことができるようになった。

防水機能は、IPX5/7の前モデルより若干のグレードダウンで、IPX5の生活防水対応。連続動作時間は、約7日間と前モデルの4日より大幅に向上し、重さは22gから17gと少し軽くなった。対応機種は、Android 4.1以上、iOS7以上。(ただし、iPad、iPod touchは非対応)

ムーヴバンド2
発売は6月中旬、7,500円での発売予定でターコイズ、ブラウン、ブラックの3色展開。ドコモオンラインショップまたは、ドコモショップの店頭にて購入可能で、ドコモオンラインショップではすでに予約を受け付けている。

バッテリー持ちの向上、軽量化などで身につけやすくなったとおもわれる本製品、実際のつけ心地も気になるところだ。