Uberが香港とベトナムでの操業開始、しかしジャカルタでは上手くいかないであろうその理由

SHARE:

Uber_Blog_–_Secret_Ubers_Hit_The_Streets_Of_Hong_Kong_

<ピックアップ> Why Uber will fail in Jakarta, and why it won’t

Uberが香港とベトナムで操業を開始したそうです。記事にもありますが香港はタクシー天国でどうして進出が遅れたのかわかりませんが、これでアジアパシフィック地区でのUber利用可能地区は25カ国になりました。 特にベトナムやシンガポールでは現地でがんばっているGrabTaxi(東南アジア中心に6カ国)との戦いが気になるところでもあります。

これは北米で繰り広げられてるLyft同様、パワープレイになったらひとたまりもなさそう、と思いきや、シンガポールで話を聞くと「いや、両方使ってるよ」という話もあるので、とりあえずスコールの中でタクシーつかまればなんでもいいというのが本音かもしれません。

<参考記事> Uber、「ライバルLyftのドライバーを引き抜いてくれたら250ドルの無料券あげる」という直球を投げ込む

さて、ひとつ気になる記事がTech in Asiaにありました。ジャカルタではUberは苦戦するだろう、という話題です。ざっとかいつまむと理由は下記の通り。

  • 他の交通手段が揃ってる:特にBlue Birdタクシーが有名なブランドになってる
  • ジャカルタはまだ3G通信で遅い:モバイルインターネットが使えないと厳しい
  • クレジットカードの低い普及率:支払にアドバンテージがあるはずなのに、対人口比率で10%しかクレカを持っていない

一方で、ワークする可能性の方も言及しています。

  • Uberはブランドになりつつある
  • ジャカルタの技術的な課題は時間の問題
  • クレジットカードを持っている富裕層を対象にすればいい
  • Uberは潤沢な資金力がある

アジア圏は各国でその課題が少しずつ違いますので、こういった課題をひとつひとつ眺めながら、Uberの展開方法を追いかけるのも大変興味深いです。

via Tech in Asia 【G翻訳】

----------[AD]----------