宅配ネットクリーニング「リネット」がテレビ番組を放送開始、好評だった潔癖刑事のミニドラマも

SHARE:

Lenet-Sakagami-Mesen-TV-show10月4日 初回放送のリネット提供のテレビ番組「坂上目線」

今年4月末に、TVCMの放送を行った宅配ネット クリーニングの「Lenet(リネット)」。TVCMには、実生活でもキレイ好きで知られる俳優の坂上忍さんを起用し、「潔癖刑事」というキャラクター設定のもと、癖になるストーリー展開で話題を呼びました。

公開わずか3日間で、視聴回数は 100 万回を記録したそう。2014年時点の会員数は8万人を超え、順調に右肩上がりで伸びています。

Lenet-membership-growth

クリーニング工場の空き時間を活用するのではなく、そもそも工場にリネット専用のラインを設ける、またはリネット専用工場を立ち上げてもらう形で運営されるリネット。クリーニングオペレーションの工程は人の手に頼るものが多いため、品質担保の鍵を握るのはクリーニング工場との強力なパートナーシップ。

ところが、4月末に公開した潔癖刑事のTVCM動画のあまりの反響に、提携工場会社のキャパシティがあっという間に埋まってしまい、当初は静岡から後に関東で放送するはずのCMが結局放送されずじまいに。その後、専用工場の立ち上げによって生産キャパシティが確保できたことを受けて、いよいよ本格的にテレビへの露出に乗り出したそう。

リネットの新たな取り組みは、テレビ東京で放送される番組「坂上目線」。番組のホストをつとめるのは、CMと同じく俳優の坂上忍さん。「目線」を通して人間の実態を探る「目線バラエティ」は、毎度ユニークな「目線」を持つ旬な女優などをゲストに招いて展開していくと言います。

また番組では、TVCMの主人公である潔癖刑事の家族を描いた「潔癖家族」のミニドラマも。ドラマでは、人気のミニフィギュア「コップのフチ子」とのスペシャルコラボレーションとして「潔癖フチ子」も登場するそう。潔癖家族の食卓に並ぶレシピを楽天レシピで公開するなど、クロスチャネルの企画となっています。

リネットを運営するホワイトプラスの取締役CMOである斎藤亮介さんはこう話します。

「自社でテレビ番組を提供することにより、番組内でのインフォマーシャルや番組とCMを連動させ、ただCMだけを流すよりも高い投資対効果を狙えると思っています。リネットのメインターゲットである女性に見てもらいやすい企画やゲストで展開していきます」

10月4日(土)24:50分からテレビ東京で放送される「坂上目線」初回のゲストは、モデルでタレントの神田うのさん。放送は毎週土曜の同じ時間。現在のリネットの主要ユーザーが主婦の女性であることを考えると、テレビ番組の放送は見込みユーザーに広くリーチする有効な策だと言えそう。

潔癖刑事のTVCMをまだ見ていないという方は、こちらをどうぞ。

----------[AD]----------