VentureBeat選:Apple Watchを手に入れたらまずダウンロードしたい7つのアプリ

SHARE:

apple-watch-141

Apple Watchを先行予約した多くの人たちは今その到着を辛抱強く待っている(編集部注:原文掲載4月23日)。期待と不安の入り混じった気持ちでUPSの配達を心待ちにしていることだろう。コンピューティングの未来はUPSのトラックのどこかにあるのかもしれないのだ。

ついにApple Watchが到着し、箱を開け、電源を入れる。そして早速自分のiPhoneと同期させたら最初にインストールすべきアプリは何だろうか? Appleは今や3000以上のWatch用アプリがあるという。だが、その小さなホーム画面はアプリアイコンにとっては貴重なスペースだ。そこで、余計なものに時間をとられずにApp Storeをチェックできるよう、おすすめのアプリをご紹介したい。

以下のリストには簡単すぎるものも含まれているが、それは旅行に出かけた時やレストランに行く時だけでなく、毎日使いたくなるようなアプリを選んだからである。Apple Watchを毎日身につける価値のあるものにしてくれるアプリをちょっとずつダウンロードしたくなることだろう。

このことを念頭に置いて、以下のアプリを試してみてほしい。

Dark Sky

Dark SkyはApple Watchの身につけるデバイスという特長を活かし、よく考えて設計されたアプリの代表である。ほとんどの人が今日の天気がどうなるのか知りたいと思っており、Dark Skyはまさにそれを教えてくれるのだ。重要な天気事象が近づいていた場合、アプリがApple Watchに指示を出し、腕をそっとたたいて知らせてくれる。

メインスクリーンにはこれから1時間の天気、風向き、湿度や視界に関するデータが表示される。右方向にスワイプすると向こう5日間の予報画面に移動する。この画面には最高・最低気温と詳細のまとめ、そして1日を通した時間ごとの天気状況が含まれる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-4.02.43-PM

Twitter

Twitterを使ってみれば、このアプリの即時性と簡潔さがウエアラブル端末にぴったりであることに気づくだろう。世の中にはTwitterのスマホアプリは山ほどあるが、Apple Watchの公式アプリはよくデザインされていて使いやすそうだ。ニュースフィードをさっと見るのも簡単で、特定のツイートが入ってきたらApple Watchに軽いタップで知らせてくれるよう設定することもできる。Apple Watchのフェース画面から直接リツイートしたり、お気に入り設定したりもできる。何よりもいいのが、音声入力機能を使ってツイートできることである。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.43.23-PM-800x222

Citymapper

簡単に言えば、このアプリはGoogle Mapやあらゆる公共交通の時刻表を集めて、ユーザをバス、電車、自転車あるいは徒歩で市内の目的地へ誘導してくれるものだ。公共交通やタクシーの利用については料金まで教えてくれる。Apple Watchの触覚フィードバック機能で、重要な瞬間、例えばバスに乗っていて降りたい停留所が近づいている時などに、手首をタップして知らせてくれるアプリだ。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.45.55-PM-300x182

Evernote

このアプリを使うと、Apple Watchでノートの作成・検索および最近の内容を見ることができる。また、自分の近くで作成されたノートや今後のミーティングに関する内容を見ることも可能だ。さらに、iPhoneを取り出さなくてもリマインダーをセットしたり、リストにチェックを入れたりすることも可能。ノートを読み終わり、Apple Watchに入れておきたくなければ、スクリーンをスワイプするとノートをApple WatchからiPhoneに送信できる。

en-applewatch-300x300

NPR One

NPR Oneアプリは選り抜きのニュースを手元に届けてくれる。スマートフォンを使ってApple Watchで再生するニュース記事やテレビ・ラジオ放送の一コマ、またはニュースストリームのプレイリストを作成することができる。Apple Watchで特定の番組を音声認識機能で検索し、記事名や番組エピソードの閲覧や再生など基本的な機能の操作を行うことができる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.51.00-PM

Strava

Stravaはランニングやサイクリングで最も多く使われている評判のいいスマートフォンアプリだ。Apple WatchではGPS機能については同期させたiPhoneに頼るものの、走行中の高度、平均時速、距離および心拍数などのリアルタイムデータを表示してくれる。区間別データでトレーニングにおける異なる要素の詳細を確認することもできる。また、自己記録を更新するとトロフィーがもらえる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.53.17-PM

WaterMinder

Waterminderは非常にシンプルなアプリで、人間の健康と幸せにとって基本であり重要なもの、つまり「水を飲むこと」を手助けするアプリだ。このアプリは日中の水分補給を記録し、最新の身体の水分充足レベルを教えてくれる上に、最も重要なこと、つまり水分補給スケジュールを提示し、水を飲む時間が来たことを知らせてくれる。

Screen-Shot-2015-03-09-at-12.40.43-AM

どんなアプリを選ぶべきかは、当然ながらどのようなことを行い、何を必要とするかに大いに左右される。頻繁に旅行に行くなら、飛行機のチェックインアプリをダウンロードしたくなるかもしれない。だが、今回紹介した7つの汎用アプリは、まず最初に試してみるアプリとしておすすめだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】