Apple Watchを購入するのが難しい方は、レンタルという手段もあります

SHARE:
image by Houang Stephane on Flickr
image by Houang Stephane on Flickr

<ピックアップ>NCSU Libraries News » Now Lending: The Apple Watch

日本でもついに発売したApple Watch。発売日を皮切りにアップルストアに並んだ人たちも多いことかもしれません。しかし、スマートウォッチ自体がまだまだ市場としてこれからですし、ハードウェアとしての性能もまだまだ開拓の余地があります。そんななか、数万円もするスマートウォッチをいきなり買うのは、さすがに財布の中身を気にしてしまいます。

そんな折、DMMが5月11日からApple Watchのレンタルを開始した、というニュースが飛び込んできました。同社が提供している「いろいろレンタルサービス」にて、Apple WatchでApple Watch Sport Editionの「38mm スペースグレイアルミニウムケース/ブラックスポーツバンド」をレンタルすることができます。レンタル期間は最低2日から最大30日間までで、1日単位でも利用可能とのこと。レンタル料金は2日で3,540円〜30日で10,180円(1日あたり339円)とさまざま。もちろん長期期間になるほど割安みたいです。色々な人のレビューにあるように、数日間使ってみてその良さが分かるスマートウォッチ。レンタルから始めてみるのはたしかにありかもしれません。

と思ったら、海外に目を向けたらアメリカのノースカロライナ州立大学図書館が、Apple Watchを貸し出たというニュースも入ってきました。同図書館では、学生の関心や研究ニーズに対応するために通常の図書館業務の一環として貸し出しているとのこと。また、そうした学生のニーズに応えることが図書館の役割だとも語っています。また、学生や教員にこうした最新のガジェットなどに触れてもらうことで、研究におけるイノベーションにつながるのでは、と考えられています。

同図書館では、他にもiPadなどのタブレットを貸し出していることで有名で、従来の図書館という枠を超えた取り組みを行っています。日本でも、DMMのようなレンタルだけでなく、こうした図書館などがApple Watchなどのガジェットなどを貸し出してくれる日が来ると期待したいものです。