一言メッセージ「Yo」創業者の今

SHARE:

Yo_Watch

<ピックアップ>Remember ‘Yo’? A start-up the app’s founder helped build just raised £5 million

みなさん、覚えていますでしょうか?そうです、あの一言だけメッセージを伝えるサービス「Yo」のことです。

彗星の如く現れ、たった4日程度で100万ユーザーを獲得、IFTTTと連携してミサイルが飛んできたら「Yo!」と通知してくれるなど、あまりにもシンプルすぎて開発者よりも使う側があれこれ考えて夢が膨らみまくったあのサービスです。私も当時、この一発芸人に踊らされてこんなに記事を書いてました。ちなみに昨年時点で彼らの評価額は1000万ドル。これをバブル案件と呼ばずしてなんというのでしょうか(儲かってたらごめんなさい)。

参考記事:Yoはどのような流れで「4日間100万ユーザー獲得」を達成したのか

「あの人は今」よろしく現在の彼らがどうなっているか、もう全く気にも止めてませんでしたが、最近になってこんな情報が届いておりました。(ちなみにサービスはまだあって、Apple Watchのアプリとか出してます。それはそれで便利そうです)

Stox.comはロンドン拠点のスタートアップで、株式市場に関する情報を提供するプラットフォームなのですが、Yoの創業者、Or Arbel氏はここのCTOを昨年まで務めていたそうです。5月に同社が800万ドルの資金調達に成功した際、Or Arbel氏の名前があったことで久しぶりにBIに彼の名前が出ていました。インタビューに「Yoはあくまでサイドプロジェクト」と答えてるのが渋いです。

なお、Stox.comにはやはりこちらも「Yo」の共同創業者で、Arbelを最初に雇ったMoshe Hogeg氏も投資家として参加しているとのこと。Arbel氏がもうStox.comからは離れているということですから、また何かやるのでしょうか。それはそれで楽しみだったりします。

via Business Insider

----------[AD]----------