メッセージングサービスの競争が激化する中、Facebook メッセンジャーが描くビジョンとは?

by Yuki Sato Yuki Sato on 2015.8.28

via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Maurizio Pesce“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>One Year After Facebook’s Messenger Split, It’s Time to Grow a Business

2014年2月にWhatsAppを190億ドルで買収し、約1年前にはPayPalからデビッド・マーカス氏をメッセンジャー部門にスカウトしたFacebook。メッセージングプラットフォームの強化に余念が無い様子が伺える。

世界的にもメッセージングサービスの競争が激化する中、Facebookメッセンジャーは今後どのような道を辿るのだろうか。Facebookのこれまでの戦略とビジョンについて、re/codeが記している

昨年以来これまでメッセンジャーはインパクトのある機能を追加してきた。ビデオコールの追加(日本でも今年5月に可能に)や個人間送金など(当面アメリカのみ)、積極的に新機能をローンチ。こうしてユーザーを引きつけていった結果、現在のアクティブユーザーは7億であり、世界ではWhatsApp(こちらもFacebookが所有している)に次ぐ数だ。

とはいえre/codeは、Facebook Messengerのユーザーベースは7億と巨大な数ではあるものの、Facebook全体の15億人のユーザー数のまだ半分であり、つまりその潜在的な力は残っていると指摘する。では、今後の戦略とはいかなるものか。

まず、Facebookのアカウントを持っていない人でもメッセンジャーに登録できるようにするだろうとre/codeは指摘する。メッセンジャーの新規ユーザーを増やす上ではもっともシンプルな方策だろう。また、メッセンジャーをFacebookのサイトから切り離してスタンドアローンのプロダクトにする上でも賢明な選択だ。

またコマースに関連した機能を追加していくだろうと同記事は述べる。ライドシェアリング、ショッピング、決済など、すでに個人間送金機能も米国では追加されているが、こうしたコマース関連の機能を増やすことで、よりお金のやりとりが増え、それはシンプルにメッセンジャーの収益にもつながっていくだろう。

メッセンジャー自身が一つの事業として確立されるまで、Facebookの攻めの勢いはまだまだ続きそうだ。

via. re/code

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------