Uberがライドシェアのネットワーク構築のために「目的地」機能を追加

SHARE:

Driver-Destination1

<ピックアップ>Uber is creating a ride-sharing mesh network with its new ‘Destinations’ feature

Uberは相乗りサービス「UberPool」を各都市で試験的に運用しています。同社はさらなるライドシェアのネットワークを構築していくために、新たに「目的地」機能を追加したそうです。

新機能が追加されたのは西海岸のベイエリア。ドライバーは1日の内、2回自らの目的地を登録します。そして、同じ方向を目指す乗客がいた場合、マッチングが行われるというもの。Uberは数週間ベイエリアでテストした後、さらに展開するエリアを拡大していく予定だそうです。

ドライバーのスケジュールと目的地を登録することがデフォルトになり、情報量が増えれば、乗り合いのマッチングはかなりしやすくなりそうですね。

関連記事

via The Next Web

----------[AD]----------