あらゆるモノに音声応答する力を与える「ReSpeaker」、クラウドファンディング開始から5日間で当初目標2.5倍の10万ドルを突破

SHARE:

DIY-Voice-Controlled-WiFi-Speaker-

人がモノに声を与える努力を、大手テック企業はドメインとしてきた。その典型は、Amazon Echo であり、Google Home であり、Apple の Siri だ。深圳を拠点とするハードウェア企業 Seeed Studio は、それを変えようとしている。

ReSpeaker のプロダクトマネージャー Xiaobo Ye 氏は、次のように語った。

植物を手にとって、その植物に話しかけられるようにします。今や、植物を育てることは、犬や猫を育てるようものになるでしょう。植物が「喉が渇いた」とか、「大丈夫、水は必要ない」と話してくれます。

火曜日(8月23日)、Seeed Studio は ReSpeaker のクラウドファンディングを Kickstarter 上で開始した。ReSpeaker は、アイスホッケーのパックほどの大きさで、モノに声によるコマンドや問い合わせに答える能力を与えるハードウェア・モジュールだ。エアコン、ステレオ、コーヒーマシンなど、ユーザがコントロールしたいものに応じて、ReSpeaker は USB かケーブル経由で直接接続することができる。接続後は、コーヒーを作ったり、会議室を予約したりなど、つながったモノによって異なるアクションを実行するようにプログラムできる。

WiFi に接続すれば、ユーザは ReSpeaker のウェブアプリに接続し、音楽ストリーミングアプリなど、予め用意されたさまざまなアプリを使うことができる。開発者は、カスタムされたプラグインをコーディングすることもできる。10メートルくらい離れても ReSpeaker がユーザの声を拾える音声取込マイクなど、さまざまな追加ハードウェアも利用可能だ。

Talking-Flowers-620x390

ReSpeaker の目標の一つは、スタートアップや愛好家が、あらゆるモノをインターネットにつないだりスマート化したりするだけでなく、インタラクティブなデバイスにできるよう、音声認識技術のハードルを下げることだ。サードパーティ企業との提携関係を通じて、Seeed Studio は、Microsoft Cognitive Service、Amazon Alexa Voice Service、Google Speech API、Wit.ai、Houndify など、さまざまな音声認識ソフトウェアを ReSpeaker に追加した。

Ye 氏は、多岐にわたるスマートホーム製品を出している Xiaomi(小米)を引き合いに出し、次のように語った。

もし、あなたが Xiaomi だったら、すべてをアプリにつなぐことができるでしょう。しかし、スタートアップなら、そうすることは非常に大変です。自前のアプリを作る必要があり、そのコストは、Xiaomi がやる場合と同じです。しかし、あなたの製品が提供するものは、Xiaomi ほどは素晴らしいものにならない。多くのユースケースに対応することがなく、その結果、多くのユーザを魅了することができないからです。

消費者が直接使う IoT は数年前から本格的に市場に紹介され始め、以来、JD(京東)や Xiaomi といった中国の大企業は、一つのプラットフォームですべてをコントロールできるような、自社製のスマートホム・ハブや IoT エコシステムの開発に勤しんできた。それは零細企業やスタートアップが参加できるような競争ではないが、2020年には1.7兆ドルに達すると見込まれる市場において、起業家が参入可能なニッチ製品や他サービスの領域は多く存在している。

ReSpeaker のマイクアレイモジュール

今後、特定のコンテキストに合った製品を作れる、もっと多くのロングテール企業が現れるでしょう。ReSpeaker のようなを零細企業に販売することを通じて、彼らが徐々に大企業へと育ってくれることを願っています。(Ye 氏)

Mic-Array-FRONT-620x390
ReSpeaker のマイクアレイモジュール

ReSpeaker は、オープンソールの音声制御能力を開発者に与えてくれる、初めての製品ではない。2年前、2人のプリンストン大学の学生が、Siri のようなオープンソース・プラットフォーム Jasper を開発した。Jasper は、カスタムされたハードウェア・モジュールが無くても、Raspberry Pi 上で動作することができる。

Ye 氏によれば、利益よりプロモーションを意図した Kickstarter 上でのクラウドファンディングで、ReSpeaker は、すでに当初目標額の4万ドルを超えている。ReSpeaker は現時点で英語でのみ利用可能で、海外展開を優先している。今後、Seeed Studio では、さらに多くのプラグインをウェブアプリに追加し、開発者が違いに自分の書いたコードをシェアしたり活用したりできるプラットフォームも構築したいとしている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------