人工知能でニュース素材を収集するSpectee、AP通信と提携し世界の報道機関向けに動画提供を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.6.6

人工知能を活用したソーシャルメディア分析により、ニュースに関するテキストや写真をいち早く伝えるプラットフォームを提供する Spectee は6日、世界的な通信社である AP 通信(Associated Press)と UGC 動画配信で事業提携し、ニュース動画ポータル「AP Video Hub」とのコンテンツ連携を開始したことを明らかにした。この提携を受けて、Spectee は直接的な契約関係にある報道機関のみならず、AP 通信と契約関係にある世界の報道機関に向けニュース動画の配信提供が可能になる。

AP Video Hub は、ニュース動画に対するオンラインパブリッシャーの高まる需要に応える形で、2012年に開設された。世界ニュース、エンターテイメント、スポーツ、ライフスタイル、ニュース速報などを AP 通信が持つアーカイブ動画を交えて伝えるのが特徴。世界中のテレビ局を始め、報道機関各社がニュース素材を取得し再配信することができる。

Spectee は2014年2月に設立(設立時の社名は、ユークリッドラボ)。ソーシャルメディアから収集したコンテンツを権利クリアし、マスコミや企業などにニュース素材として提供する「Spectee」は、これまでに日本国内約100社の報道機関に採用されている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------