自転車シェアリングなどを展開するHello TransTech(哈囉出行)、同業ofo(小黄車)の買収に向け交渉を開始か【報道】

by TechNode TechNode on 2018.10.26

hello-bike2
Hello Bike(哈囉単車)
Image credit: Hello TransTech(哈囉出行)

<26日10時30分更新> 文中とタイトルの「自動車レンタル」となっていた表現を「自転車シェアリング」に修正。

自転車シェアリング/配車スタートアップの Hello TransTech(哈囉出行、旧社名は Hello Bike=哈囉単車)は、ofo(小黄車)を買収する交渉に入っているようだ。この件に近い人物の話として、中国の主要金融メディア Blue Whale TMT(藍鯨 TMT)が19日朝、報じた。

この人物は、現在進行中の交渉で、買収価格と株式交換比率が焦点になっていると述べた。提案されたプランでは交換比率が1:5から1:2.5、すなわち、Ofo の1株は Hello TransTech に0.2から0.4株と交換される形となる。

Blue Whale TMT によれば、両社が最終決定のために計算しているデータには、Hello TransTech のデューデリ分析と ofo の運用データが含まれるという。両社の売上、オンラインでの自転車オーダー、1日あたりの自転車利用頻度は、買収価格の確認と計画に向け比較の最中だ。

この人物は、社内文書によると ofo は「継続的運用を前提として評価することは困難」であり、これは、合計14億米ドルの累積資金調達に関して、もはやその価値を証明することができないことを示唆している。

一方、Hello TransTech は10月18日、同社株式を担保として Ant Financial(螞蟻金融)から新規の資金調達(調達額非開示)を模索していると報じられた。Ant Financial は、ofo が9月に完了した数百万ドル規模の E2-2 ラウンドでリードインベスターを務めた。

TechNode はこの取引を確認し、新規の調達計画が概ね買収に近い取引かどうかを確認すべく、Hello TransTech に問い合わせている。Hello TransTech は TechNode(動点科技)に対して次のようにコメントし、それ以上の詳細を答えなかった。

ofo の取締役会は、協業を念頭に Hello TransTech のグループを招きました。しかし、現時点で我々は自分たちの能力を向上させ、よりよいサービスを提供することを優先させるべきだと考えています。

Hello TransTech は地元メディアへの回答の中で、今回の取引を直接的に否定した。

この取引が成立すれば、Hello TransTech は大都市での ofo の事業を引き継ぐことになる。これまで、Hello Bike は、競争が激しく、洗練されたポリシー策定が求められる大都市への参入を敬遠してきた

Didi Chuxing(滴滴出行)が ofo と協議していることは広く疑われていた。Didi Chuxing と ofo の両者は明確にこれを否定し、共に独立した運営状況が重要であると語っていた。ofo が Hello TransTech と交渉に入ったことは、ofo にとって Hello TransTech 以外の潜在的資金提供者からの調達が失敗に終わったか、困難であることを示唆しているのかもしれない。

それにもかかわらず、Hello TransTech の資金提供要請は、自転車レンタル業界での、一般的なキャッシュバーンレートの高さを示唆していて、この分野のプレーヤーたちは、それ以上の損失リスクをヘッジするために、新しい業界への進出や提携を増やしつつある。Hello TransTech は先ごろ自転車レンタル専業だった Hello Bike から社名を改め、今月初めにタクシー配車事業をローンチした。8月には、食料品デリバリサービスのメンバーシップに関連し、Alibaba(阿里巴巴)傘下 Ele.me(餓了麼)と提携を発表している。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------