整備工場マッチング+中古車個人間売買の「Ancar」が4億円を調達、サービス機能強化を進める

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.11.4

中古車個人間売買マーケットプレイス「Ancar」は10月29日、ベクトル、AGキャピタル、クロスベンチャーズおよび複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額4億円。出資比率などの詳細は開示されていない。

Ancarでは中古車販売を個人間取引にすることで従来かかっていた大きな中間コストや消費税などの負担をカットする。一方で個人間取引で不安が残る購入前点検や取引時の決済や輸送、名義変更やアフターケアといったフリマアプリでは対応できないサポートについてはAncar側が提供するもう一つの整備工場マッチングサービス「Repea」で対応する仕組み。

<参考記事>

調達資金で新機能開発や人材採用、マーケティングの強化に取り組む。特に、購入ユーザーに対してのローンやリース提案、クレジット決済などの支払い関連機能、Repeaに登録された整備工場とユーザーのマッチング機能などの強化を進める。また、車の保管場所の問題や、保有コストの問題も解決できるサービスの導入も予定している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------