タブレット型AI教材「atama+」、合格しそうな生徒を人工知能で予測して教えてくれる機能を追加

SHARE:

タブレット型AI教材「atama+」を提供するatama plusは10月29日、生徒の学習進捗をもとに「合格しそうなタイミング」を人工知能(AI)でリアルタイムに予測判定する技術の特許権を取得したことを公表した。またこの技術を活用して塾講師向け「atama+ for coach」のアラート機能を拡張をしたことも伝えている。

img_0208

atama+ for coachはタブレット型AI教材atama+の塾講師向けアプリ。AIが生徒向けのタブレット型AI教材「atama+ for student」で、生徒の集中度や学習の進捗をリアルタイムで解析した上で、講師がいつ、どんな声かけをすると効果的かをレコメンドしてくれる。

講師向けアプリではこれまで「(特定の単元を)合格しました!」「解説をきちんと見ていない可能性があります」「問題に標準の2倍以上の時間がかかっています」といったアラートが通知されていた。今回の機能拡張ではこれらに加え、生徒の過去および現在の情報を元に、特定単元の合格間近な生徒についても講師に通知をしてくれるようになる。

via PR TIMES

----------[AD]----------