中国のバイクシェアリングのOfo(小黄車)に、預かり金返金を求めユーザ1,000万人以上が殺到

by TechNode TechNode on 2018.12.24

ofo(小黄車)設立者兼 CEO の Dai Wei(戴威)氏
Image credit: ofo(小黄車)

中国の自転車レンタル会社 ofo(小黄車)は1,000万人以上のユーザから預かり金の返金を求められており、おそらく総額で10億人民元(約161億円)以上を支払うことになりそうだ。

19日4時現在、1,100万人以上のユーザが返金を申し込んでいる。
Image credit: Weibo(微博)ユーザの森森是大森林的森

ある ofo のユーザは17日、返金待ちリストの1,000万1人目に入っていることを知らせる Weibo(微博)のスクリーンショットを投稿した。そしてこのスクリーンショットが、中国メディアの AllWeather TMT(全天候科技)に取り上げられた。19日午後4時現在(中国時間)、1,100万人以上の人々が返金を求めている。Ofo のスポークスマンは TechNode に対し、何件の返金要望が来ているかの確認を断った。

利用者の預かり金は99人民元(約1,600円)か199人民元(約3,200円)で、アーリーアダプターユーザは99人民元だった。しかし同社は今年、すべてのユーザの預かり金を199ドルに引き上げた。すべてのユーザが99人民元の返金を要求したとして、ofo の支払総額は10億人民元となる。

一括請求の呼びかけにより、多くのユーザが返金を求め ofo の本社に押しかけ、18日には100人以上がオフィス外に並んだ。彼らは銀行情報など個人情報を残すように求められ、3日以内に返金を受ける旨の約束をした。ofo は緊急声明を発表し、オンラインでもオフラインでも、すべての返金申込は順番に回収し処理すると述べた。

「本社前で待っても、オンラインで申し込んでも、(返金の順序に)違いはない。」

ユーザらはその後、オンライン返金待ちで自分の順番を更新し始め、そのスクリーンショットを Weibo に投稿するようになった。

預かり金の返金に要する日数が10日間から15日間に伸びたものの、同社は先月、預かり金返金システムが正常に運用されていると語った。同社はまた、預かり金無しでサービスを受けられるよう、オンライン貸金の PPMoney に預かり金99人民元を送金するよう促していた。のちに、ofo はこの提携関係から退いている。その後、ユーザ複数は ofo のアプリから預かり金を引き出せない問題を報告していた。同社はこの申告を否定している。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------