ユーザ100万人を擁するインドネシアのフィンテックスタートアップKredivo、東南アジアに狙いを定める

by Tech in Asia Tech in Asia on 2019.1.23

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Akshay Garg 氏は自身が設立したアドテック企業で東南アジアの e コマース企業と仕事をしていたとき、「カート放置」という問題を発見した。これはオンラインショッピングの買い物客が商品をショッピングカートに入れるが、その後の手続きをしないというものである。

Garg 氏は次のように述べた。

インドネシアのような市場ではカート放置は80%に上ります。人々は携帯電話を使っており、すぐに支払いを行うのを面倒に思って後でやろうと思います。ですが、結局やらないのです。

この背景には2つの問題がある。1つはクレジットへのアクセスの欠如であり、KPMG の報告によれば96%ものインドネシア人がクレジットカードを持っていないとされている。そしてもう1つは、特に現金に慣れているユーザにとっては、クレジットカード払いの抵抗の大きさである。

FinAccel_founders_Umang_Rustagi_Akshay_Grag_Alie_Tan
左から:FinAccel 設立者 Umang Rustagi 氏、Akshay Garg 氏、Alie Tan 氏
Photo credit: FinAccel

Garg 氏および共同設立者はこの2つの問題の両方がシンプルでユニークな1つのソリューションで解決されると考えた。つまりクレジットの即時承認と2クリック決済プロセスのコンビネーションである。

こうして Kredivo は生まれた。親会社の FinAccel は2016年6月に Jungle Ventures や500 Startups からシード資金を調達した。直近では同社はオーストラリアの Square Peg Capital がリードしたシリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを手に入れている。

Kredivo の仕組み

根本的には、Kredivo はインドネシア人買い物客が今買って後で払うことができるようにする、デジタルクレジットカードである。ベーシックアカウントではユーザは350万インドネシアルピア(250米ドル)までをオンラインショッピングで使い、30日以内に無金利で返済することができる。

普通のクレジットカード申し込みとは違い、Kredivo への登録は政府発行の身分証明書の写真、取引履歴のある e コマースアカウント、そして(確認のための)Facebook アカウントを提出するだけでいい。

ユーザが iOS や Android を使って参加すると、Kredivo はモバイルアプリの許可、e コマース、ソーシャルメディアのアカウント、さらには訪れたウェブサイトといったようなさまざまなデジタルデータポイントを通じて、ユーザの信用力を査定する。

データを使って明らかになるのは3つのことだ。ユーザの本当の身元、クレジットスコア、そして推定収入である。その後、データは蓄えられ、クレンジングされ、そしてリアルタイムで処理される。

承認は即座になされ、ユーザはその後 Kredivo と提携している200以上のショップで買い物を始めることができる。その中には大手 e コマースの Shopee、Lazada、Tokopedia、Bukalapak も含まれている。

2018年には同社はオフラインの取引にも進出した。現時点ではベータ版だが、ユーザが自分の Kredivo アプリで支払えるポイントオブセール(POS)システムを使っている。また個人ローンにも手を広げた。

Garg 氏は次のように述べた。

過去1年間にお客様から頂いたご要望で最も多いものは個人ローンです。満たされるべき非常に大きなお客様のニーズがあったと考え、素晴らしいユーザエクスペリエンスと共にそれを行っています。

個人ローンを利用するにはユーザはプレミアムアカウントに登録する。そこではユーザは買い物をし、最大3,000万インドネシアルピア(2,138米ドル)までのローンを利用することができる。ベーシックの30日間の代わりに、競争力の高い金利で3か月から12か月の分割払いにすることもできる。またユーザは銀行口座を紐づける必要がある。

Kredivo の個人ローンの金利は月に2.95%であり、同社によればこれは市場で最も安価でクレジットカードに次ぐものであるという。ユーザからの反応は「素晴らしい」とGarg氏は明かし、同社のビジネスの2桁分のシェアを占めているとした。

FinAccel
Photo credit: FinAccel

他の商品である Lime はユーザの銀行口座と結びつく個人用ファイナンスアプリであり、ユーザの家計の内訳をリアルタイムに教えてくれるものである。また Kredivo は個人ローンを超えて拡大を目指している。

Garg 氏はこう指摘する。

教育や緊急用医療費のために特別にあつらえたローンを考えています。また弊社は保険やセラーファイナンスのような付随的な商品も考えています。

インドネシアのフィンテックの状況は、特に P2P レンディング分野において、ますます混雑の度合いを増している。Kredivo の主な競合の1つである Akulaku は似たような分割払いや無担保のローン商品を提供しているが、e コマースで一工夫したサービスを展開しており、携帯電話のような電子機器を顧客に直接販売もしている。

しかしGarg 氏は Akulaku や同様のプラットフォームを直接的な競合だとは考えていない。東南アジアの消費者金融企業の多くは Go-Jek や Grab のドライバーのような人を対象とし、無担保の個人ローンを高利で提供するようなペイデイレンダーであり、人口のセグメントが非常に異なると彼は指摘する。

Garg 氏はこう付け加えた。

弊社のターゲットは教育を受けてオフィスビルで働き、給料が銀行口座に振り込まれて税の控除を受けているような、ミレニアル世代です。弊社ほどこの特定のセグメントに深く注力して狙いを定めているところはありません。

同国の大手 e コマースの中には顧客に対して似たようなサービスを提供することに興味を示しているところもある。Kredivo と提携している Tokopedia は最近、TokoSwipe というバーチャルクレジットカードのベータ版をローンチした。同じく Kredivo と提携している Bukalapak は顧客に分割払いプランを提供するために Akulaku と手を結んでいる。

とはいえ、Kredivo や Akulaku のようなフィンテックのプレイヤーが e コマースプラットフォームよりも有利な点が1つある。それはインドネシアの金融サービス庁が発行する、取りづらいライセンスだ。さらに、市場は大きく、複数の商品が共存する余地が十分にある。

Garg 氏はこう観察する。

顧客ベースは巨大です。さまざまな種類のニーズを持ったさまざまな顧客セグメントが多数あります。

前を向いて

Kredivo の設立チームは Garg 氏と COO の Umang Rustagi 氏、そして CTO の Alie Tan 氏で構成されている。Garg 氏と Rustagi 氏の2人はインド人だが、Tan 氏はインドネシア人である。

3人の中でも特に Garg 氏は多彩な経歴を持っている。Kredivo を共同設立する以前、彼は中国南部の雲南省で英語を教えていたが、その後は昆明市でインド料理店を経営していた。また国際労働機関では経済調査を行い、そして Kauffman Fellows プログラムを通じたエンジェル投資家でもあった。

一方で Rustagi 氏はマネジメントコンサルティング企業 McKinsey & Company に長く勤め、Tan 氏はジャカルタとシンガポールでエンジニアとしてのキャリアを15年積んできた。

設立から3年が経ち、Kredivo は全体で従業員200名まで成長している。同社は自らをインドネシアで最大かつ最速の成長を遂げているクレジットベースの支払い方法だとしている。100万人近い承認済みユーザを持ち、月に数千万米ドルを支払っており、1日に80件から100件を取り扱っている。

Garg 氏はこう説明する。

クレジットへのアクセスという点では、ミレニアル世代が最もかけ離れています。また彼らはより新しくより良い支払方法に対して最も開放的でもあります。支払い方法の商品にとって、最大のニーズがあり新たな技術の実験や採用に対して高い志向性をもつデモグラフィックと連携したいと考えるのは当然です。

確かにミレニアル世代は巨大な市場だ。東南アジアでそれぞれ2番目と3番目に人口が多いフィリピンとベトナムでは、全体の30%をミレニアル世代が占める。この2つの国は銀行口座を持たない人口も多く抱えている。

Millennials_as_a_percentage_of_total_poplation
Sources: Accenture, AT Kearney
the_unbanked_as_a_percentage_of_total_population
Source: World Bank

当然ながら、同社は地理的な拡大のためにフィリピンとベトナムの両国ならびにタイを見極めている。ライバルである Akulaku はすでにフィリピンとベトナムおよびマレーシアに進出している。

Kredivo にとってはフィリピンから始めるのが最も現実的だと思われる。同国は英語を話しラテン文字を使う市場という言語的および文化的なアドバンテージがあるためだ。

Garg 氏はこのように述べた。

弊社にとって国際的な進出に関するいくつかの仮説を検証することは、非常に良いやり方です。その後で弊社はそこから学んだことを使い、微調整し、そして新しい市場を追求します。

それでも、インドネシアは Kredivo の中心的な市場としてあり続ける。マカッサルやジョグジャカルタのような第2級都市に店舗を設置する以外にも、同社は商品展開の幅を広げることを計画している。

より高額なクレジットの制限や従業員ローン、またはセラーファイナンスというようなものも、そこには含まれるかもしれない。

弊社はインドネシアにもっと深く入っていこうとしています。今は Kredivo でバイクを買うことはできませんが、弊社はそれを可能にしたいと強く考えています。インドネシアのニーズを活用するという点においては、やるべきことがたくさんあります。

そして、Garg 氏が強調したように、これは始まりに過ぎない。

100万人のユーザはスタートラインだと考えています。誰もがクレジットを欲しがっています。この国にはクレジットカードを持つ顧客が700万人いて、ミドルクラスの人々は7,000万人います。それ以外にも、Kredivo の潜在的な顧客はおそらく1,000万人ほどいます。

そして Garg 氏は「やるべき仕事はもっとたくさんある」ことを知った上で、やる気に満ちているようだ。

私を寝かせないのは、お客様に愛されるものを作っているだろうかという考えです。それを忘れることはありません。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------