WEB面接「HARUTAKA」運営がWiLなどから8億円を調達

SHARE:

WEB面接サービス「HARUTAKA」を提供するZENKIGENは3月18日、WiL, LLC.をリード投資家として、デライト・ベンチャーズ、PKSHA SPARXアルゴリズム1号ファンド、パーソルキャリア、エスプール、 ツナググループ・ホールディングス、グロービス・キャピタル・パートナーズほかを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。

調達した資金は8億円。調達した資金でエンジニア・研究者の採用強化を進めるほか、HARUTAKAのサービスアップデート及び、アフェクティブ・コンピューティング領域の研究開発も加速させる。また、候補者と面接官の面接体験を改善するサービス「ZIGAN」の早期事業化も目指す。

HARUTAKAは、採用面接のオンライン化を通じて、採用業務の効率化、採用プロセスの歩留まり解消、利用企業にフィットする人物の発見に貢献する採用ソリューション。面接する応募者への質問事項設定や、オンデマンド(録画)・ライブの両方に対応しているほか、候補者の状況を一元管理したり、採用状況を分析できる機能を提供する。

via PR TIMES

 

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録