ByteDance(字節跳動)、香港か上海での上場を検討中【報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


人気の短編動画アプリ「TikTok」およびその中国語版「Douyin(抖音)」を運営する中国のテック大手 ByteDance(字節跳動)が、中国事業の香港か上海への上場を検討していると、関係者の話を引用してロイターが報じた

Image credit: ByteDance(字節跳動)

情報筋によると、同社は香港での上場を希望しており、香港証券取引所、クリアリング機構、中国の証券規制当局と協議しているという。

また、TikTok を含む中国以外の事業についても、ヨーロッパやアメリカでの上場を計画しているという。情報筋によると、話し合いはまだ初期段階にあるようだ。

Tech in Asia は ByteDance に IPO 計画の詳細を問い合わせたが、同社の広報担当者は「市場の噂」についてのコメントを拒否した。

この報道にあたり、アメリカ上場の中国企業は Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の騒動を受けて規制強化に直面している。米中の緊張が高まる中、中国のオンライン旅行大手 Ctrip(携程)と検索大手 Baidu(百度)は、NASDAQ からの上場廃止を検討中とされる。

ByteDance は昨年、30億米ドル以上の純利益を記録したと報じられたが、これはユーザのトラフィックが大幅に増加し、Tencent(騰訊)や Baidu から広告主誘致に成功したことによるものだ。また、第1四半期には56億米ドルの収益を上げ、今年は約286億米ドルの収益目標を設定している。

今年初め、ByteDance の時価総額が1,400億円に達したとロイターが報道した。この情報筋は、香港か上海に単独上場すれば、同社の中国事業の時価総額は1,000億米ドル以上に達するかもしれないと述べた。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】